ふくちゃんのアロマな生活

特技:精油リーディング、食べ歩きが好きなアロマテラピーインストラクターのゆる~い日常


アロマに関する内容(写真含)は、無断での転用、引用、転載を禁止してます           
アロマ以外の内容の引用や転載の際は、記事URLの記載をお願いします♪(転用NG)

記事は全て予約投稿(早くて体験から2~3か月後)です
※UP期日ありのイベント参加記事は、期日内にUPしています※

タグ:笑福亭鶴瓶落語会

去年の感動が忘れられず、再び!「笑福亭鶴瓶落語会」@TBS赤坂ACTシアター




(画像参照元;https://atari.co.jp/turuberakugo2020/

笑福亭鶴瓶落語会


TBS赤坂ACTシアター
港区赤坂5丁目3−2 赤坂サカス内

何度か鶴瓶さんの落語は聴きに行っていますが、
落語会は去年が初参加でした。
というのも、今までチケットが取れなかった(涙)。
去年のレポートは、こちら →★(2019年)

去年から事前に案内が届くようにしていたので、
その案内に従ってチケットを予約。
それでもねえ・・・平日しか取れなかったの・・・



落語の演目は、
●かんしゃく
●らくだ

でした。

「かんしゃく」は去年と同じ演目でしたが、
内容が少し違っていたような気がします。
毎回アレンジをしているのかなあ。

鶴瓶噺ショートバージョンも
前回と同じ内容がいくつか入っていました。
落語中に倒れたおばあさんとか、「鶴瓶ちゃん、くずして」の人、
折り紙の人などなど。
何回聞いても面白いのが鶴瓶さんのすごいところです。



「らくだ」は若干の違和感を覚えながら聞いていたのですが、
帰宅後、他の人の感想を見ていて気付きました。

わたしにとっての初「らくだ」は談志さんやったんかあ!
今回の「らくだ」は最後に生き返るという話になっているとはいえ、
落語家さんでこんなにも変わるんやなあ、と思いました。

多分、この「らくだ」、これからもっと変わっていく気がします。
数年後に違いを体験するのが楽しみです♪


(画像参照元;https://atari.co.jp/turuberakugo2019/

最初に洋服で出てきて鶴瓶噺ショートバージョンはあるし、
落語を3つも聞けるし、
お土産までいただけるし、
で盛沢山
の舞台なので、落語会、めっちゃオススメです♪

一つだけ困ったというか改善して欲しい点は、
緊急連絡先の記入(チケット半券へ) →★
又は事前にフォームへ入力の件
 →★ は、
各チケット会社からチケット購入者に事前に連絡が欲しかったこと。
たまたま、サイトを見て知り、事前に準備していきましたが、
やはり当日現場で知る方が多く、入場がゴタゴタしていました。




↑をフォローで記事がUPされるとTLに!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


***************************************************
This article was written by https://www.fukumasu.net
スポンサーリンク


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9859218188140218"
data-ad-slot="5867480135"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">


***************************************************
WEB上でアロマの基本を学ぶ →★
無料アロマテラピーレッスン
●【練るだけアロマ石鹸】 →★
●【混ぜるだけアロマ香り袋】 →★
●【無水エタノール、精製水の代用品でアロマルームスプレー作成】 →★
●【イソジンの代用品に うがい用ハーブチンキ作成】 →★
アロマでホメオ(精油リーディング)について →★
***************************************************
クラッカー【メールでアロマ】
こちらの「アロマに関する質問や相談をしたい」をご覧ください
●精油を買う前に
●こんな時はどうするの?
●目的に合ったブレンドレシピは?
●資格について知りたい、等々
バースエッセンシャルオイル(その人の精油)を知りたい方も、こちらをご利用ください
***************************************************


(画像参照元;https://atari.co.jp/turuberakugo2019/
笑福亭鶴瓶落語会
TBS赤坂ACTシアター
港区赤坂5丁目3−2 赤坂サカス内

鶴瓶さんの落語初体験時のレポートは、こちら →★(2016年)
この時、鶴瓶さんいわく「江戸弁」の落語(演目;山名屋浦里)だったため、
違和感の方が強くて楽しめなかったんです・・・
鶴瓶さん関連の前回のレポート「鶴瓶噺」は、こちら →★(2019年)

今回の演目は、
明烏(あけがらす)、かんしゃく、山名屋浦里

でした。
そう!山名屋浦里は2回目です。
ちなみに、山名屋浦里が歌舞伎になった舞台も観に行ったことがあります。
→★(2016年)

明烏(あけがらす)も山名屋浦里も色街の話ですが、
明烏は面白い話、山名屋浦里はじんと来る話です。

かんしゃくは、お師匠さんの古典落語「癇癪(かんしゃく)」をベースに
アレンジ
してあるそうです。
鶴瓶噺やその他番組で聞いたことがある内容も出てきます。
→ お師匠さんが何を言っているのかわからないまま、弟弟子に伝えるくだり。

やっぱり鶴瓶さんは関西弁がいいですね~。
始めて山名屋浦里を聞いた時は、違和感の方が勝ってしまって、
????という感じでした。
明烏も かんしゃくも関西弁の落語だったので、すんなり入ってきました。
※わたしが関西人だから関西弁がすっと入ってくる、という意味ではなく、
 鶴瓶さんが関東弁を話しているのに違和感がある、という意味です※


(画像参照元;https://atari.co.jp/turuberakugo2019/

山名屋浦里は基本関東弁なのですが、
1回目に聞いた時とは全然違う噺に思えるほど、違って感じました。
違和感は一切なく、噺にぐいぐい引き込まれます。
どの立場から物言うてるん?となるのですが、
鶴瓶さんが この噺を自分の物にしたんだな、というのがよくわかりました。

ところどころ噛むのは、関東弁が言いにくいんかなあ・・・
それとも疲れからかなあ・・・


最初に洋服で出てきて鶴瓶噺ショートバージョンはあるし、
落語を3つも聞けるし、
お土産までいただけるし、
で盛沢山
の舞台でした。



舞台が始まるまでの間の緞帳のイラスト、
夕焼けに変わったり、人が動いたり
してたんですよ~。
しかも!
バックに流れている曲が生演奏と生歌だったなんて!

本当に贅沢な舞台でした。

また、ぜひ落語会に行きたい!!
他の日には死神をやったそうです。
鶴瓶さんの死神、めっちゃ聞いてみたいと思いました。





↑をフォローで記事がUPされるとTLに!



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


***************************************************
This article was written by http://www.fukumasu.net
***************************************************
下記すべてのレッスンの詳細はこちら
ドキドキfacebookにて、アロマに関する話を掲載中~!ドキドキ

2月はレッスンをお休みいたします
年間スケジュール予定は、こちら→★
WEB上でアロマを学ぶ→★

~~~ 資格系:場所は銀座(歌舞伎座近く) ~~~
次回募集(4月頃)までお待ちください
今年で最後になります
今までのレッスンのレポートや、講座説明などはこちら(アレンジレッスンの説明もあり)
検定受験で学校は必要?は、こちら→★

~~ <アロマでホメオ(精油リーディング)>:場所は銀座(歌舞伎座近く) ~~~
次回募集(11月頃)までお待ちください
「アロマでホメオ」、バースカラー、バースEOについて →★
バースカラーシートだけ欲しい方は、
<メールでアロマ>※割引対象外※をご利用ください →★

~~ 実技系:場所は銀座(歌舞伎座近く) ~~~
ひらめき電球最後のレッスンになります!
両者が癒されるオイリング!?トリートメントとオイリング、当方のレッスンで得する方法→★
アロマテラピーを広く浅く体験したい方にオススメ!
※4月開催予定(受付は3月~予定)※


~~ 手作り系:場所は銀座(歌舞伎座近く) ~~~
次回募集(6月頃)までお待ちください
今年で最後になります


***************************************************
クラッカー【メールでアロマ】
こちらの「アロマに関する質問や相談をしたい」をご覧ください
●精油を買う前に
●こんな時はどうするの?
●目的に合ったブレンドレシピは?
●資格について知りたい、等々
バースエッセンシャルオイル(その人の精油)を知りたい方も、こちらをご利用ください
***************************************************

↑このページのトップヘ