ふくちゃんのアロマな生活

特技:精油リーディング、食べ歩きが好きなアロマテラピーインストラクターのゆる~い日常


アロマに関する内容(写真含)は、無断での転用、引用、転載を禁止してます           
アロマ以外の内容の引用や転載の際は、記事URLの記載をお願いします♪(転用NG)

記事は全て予約投稿(早くて体験から2~3か月後)です
※UP期日ありのイベント参加記事は、期日内にUPしています※

タグ:狂言

ブログネタ
舞台(演劇・ミュージカルなど全般)情報 に参加中!

実に4年ぶりの狂言!【狂言劇場 その九「武悪」「法螺侍」/「舟渡聟」「鮎」】@世田谷パブリックシアター


世田谷パブリックシアター
世田谷区太子堂4丁目1番地1号
03-5432-1526

前回の狂言のレポートは、こちら →★(2017年体験)

前回のパブリックシアターのレポートは、こちら →★(2019年体験)





舟渡聟(ふなわたしむこ)

「舟渡聟(ふなわたしむこ)」の話は、こちらを →★

何がすごいって野村万作氏、野村萬斎氏、野村裕基氏の親子三代の舞台です!


裕基さんの声が萬斎さんの声にそっくりで驚きました。
祖父と孫での舞台って、父と子とはまた違った感覚なのでしょうか。
演じるサイドが気になります。

万作さんの年齢90歳というのに、驚き!あの動き、活舌の良さ!


このお話もとても愉快です。
船の上でのやりとり、お屋敷でのやりとりが楽しいです。



鮎は新作狂言です。現代劇と一緒になったような作品。

池澤夏樹(作家)氏の作品を萬斎さんが演出した狂言になります。

鮎の動きがユニークで、話全体もとても面白いです。
最後のシーンでいっきに現代へと飛びます。


要所要所の小吉のキメ顔も面白いです。


2F席前から2列目からの眺め

狂言は本当に楽しい舞台です

狂言を観に行ったというと、よく言われるのが「分かるの?」なのですが、
この「分かる」は何を指しているんやろう。
セリフが理解できるか、なのか、狂言を狂言として理解しているのか、なのか。



セリフの言い回しは独特ですが、日本語なわけやし、だいたいは理解できます。
もとより、動きがユーモラスな話が多く、観てるだけで話はわかります。

狂言とは知らずに知っている物語も多いです

単純に楽しい舞台として楽しめばいいのになあ。




↑をフォローで記事がUPされるとTLに!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


***************************************************
This article was written by https://www.fukumasu.net
スポンサーリンク

***************************************************
WEB上でアロマの基本を学ぶ →★
無料アロマテラピーレッスン
●【練るだけアロマ石鹸】 →★
●【混ぜるだけアロマ香り袋】 →★
●【無水エタノール、精製水の代用品でアロマルームスプレー作成】 →★
●【イソジンの代用品に うがい用ハーブチンキ作成】 →★
アロマでホメオ(精油リーディング)について →★
***************************************************
クラッカー【メールでアロマ】
こちらの「アロマに関する質問や相談をしたい」をご覧ください
●精油を買う前に
●こんな時はどうするの?
●目的に合ったブレンドレシピは?
●資格について知りたい、等々
バースエッセンシャルオイル(その人の精油)を知りたい方も、こちらをご利用ください
***************************************************

スーパーバイザー野村萬斎 新宿狂言2016 Starting Over in 申@スペースゼロ




(画像参照元:http://www.spacezero.co.jp/information/123156

スーパーバイザー野村萬斎
新宿狂言2016 ~Starting Over in 申~


会場:全労済ホール/スペース・ゼロ

野村萬斎さんのチケットをGET~!

座席指定ができなくて一瞬迷ったけれど、決済をぽちっとなとしてみたら!
2列目!すごーい!
座席図見たら、左端かあ(不安)。

会場のスペースゼロは何度か舞台を観に行ったことがあり、よく知っている場所。

今回前の席だったからよかったけど、狂言を観るなら能楽堂の方がいいかも。



過去の野村萬斎さん能楽堂でのレポートはこちら劇場でのレポートはこちら




(画像参照元:http://www.mansaku.co.jp/
解説/野村萬斎


(画像参照元:http://www.mansaku.co.jp/

●「附子(ぶす)」


太郎冠者; 高野和憲
主; 岡 聡史
次郎冠者; 破石晋照

●素囃子「神楽(かぐら)」


笛;藤田貴寛、小鼓;森 貴史、大鼓;柿原光博、太鼓;梶谷英樹


(画像参照元:http://www.mansaku.co.jp/

●「猿聟(さるむこ)」 ~2001version~


聟猿; 野村萬斎
舅猿; 石田幸雄
太郎冠者猿; 月崎晴夫
姫猿; 高野和憲
供猿; 中村修一、内藤 連、飯田 豪
地謡; 竹山悠樹、破石晋照、岡  聡史


(画像参照元:http://www.mansaku.co.jp/


本当にものすごく前なのでよく観えたのですが、
椅子に素直に座ったままだと目の前は他のお客さん・・・
というわけで、体を右斜めにしたままという辛い姿勢で観ていました。

「附子(ぶす)」は有名な話

でもありますが、覚え違いでなければ狂言初体験(中学校のときに学校から観にいった)の時に観たはず。

「猿聟(さるむこ)」は2001年宇宙の旅っぽい演出がとても楽しいです

能楽堂でない劇場ならではの演出なのだそう。
確かに!


会場:劇場の中に専用舞台が!

最初の解説で萬斎さんがおっしゃってましたが、

海外で猫だけの演劇が始まるより遥か昔に、日本では猿だけの演劇があった

、と。狂言、すごいです!!


歌舞伎だけでなく、狂言も新しい試みをたくさんしているようで、
萬斎さんの解説で知りました。

この「猿聟(さるむこ)」は、お面も能楽堂とは違う物を使っているそうです

いつか観比べてみたいです。


この後でドライカレーの美味しいお店「ハイチ」に行きました。

わたしたちが行った2号店は閉店してしまいましたが、
同じドライカレーを他の店舗でも食べることができます。
レポートには、他の店舗も記載しています。

レポートは、こちら。






↑をフォローで記事がUPされるとTLに!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


***************************************************
This article was written by https://www.fukumasu.net
スポンサーリンク


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9859218188140218"
data-ad-slot="5867480135"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">


***************************************************
WEB上でアロマの基本を学ぶ →★
無料アロマテラピーレッスン
●【練るだけアロマ石鹸】 →★
●【混ぜるだけアロマ香り袋】 →★
●【無水エタノール、精製水の代用品でアロマルームスプレー作成】 →★
●【イソジンの代用品に うがい用ハーブチンキ作成】 →★
アロマでホメオ(精油リーディング)について →★
***************************************************
クラッカー【メールでアロマ】
こちらの「アロマに関する質問や相談をしたい」をご覧ください
●精油を買う前に
●こんな時はどうするの?
●目的に合ったブレンドレシピは?
●資格について知りたい、等々
バースエッセンシャルオイル(その人の精油)を知りたい方も、こちらをご利用ください
***************************************************

↑このページのトップヘ