ふくちゃんのアロマな生活

特技:精油リーディング、食べ歩きが好きなアロマテラピーインストラクターのゆる~い日常


アロマに関する内容(写真含)は、無断での転用、引用、転載を禁止してます           
アロマ以外の内容の引用や転載の際は、記事URLの記載をお願いします♪(転用NG)

記事は全て予約投稿(早くて体験から2~3か月後)です
※UP期日ありのイベント参加記事は、期日内にUPしています※

タグ:注意事項

【アロマテラピー】手作り★緑茶化粧水&アロマ化粧水の作り方と注意事項


※アメブロのアロマ系記事を移動、再掲載にあたり古い情報を訂正してUPしていますが、
今後 ●リンク切れになっていた
    ●情報が古くなっていた   らすみません※


<昔流行った緑茶化粧水>


昔流行りましたよね~、緑茶化粧水。

わたしも作って1ヶ月ほど使用していました。


それ以上続けなかったのは、家で日本茶を飲まないため、
そのためにティーバッグを買わなければならなかったからです。

たまたま1ヶ月くらいしか使用しなかったのですが、
実はこれが大正解だったことが判明。


それでは、作り方、注意事項などを。


【作り方】


●緑茶のティーバッグでお茶を2~3杯飲んだ後の
 出がらしティーバッグにお湯をそそぐ
●うっすら色のついた液体を冷ます
●アトマイザーに入れる
完成!

【保存方法と使用期間】


冷蔵庫へ保管、2週間以内に使用

【注意事項】


●緑茶化粧水を使い続ける期間は2ヶ月以内目安にしてください。

それ以上使い続けると角質が厚くなるそうです。
●飲んだ後のお茶でないと肌に強すぎるので、
かならず出がらしを使用してください。

【こんな人にオススメ】


●アトピーなどで 角質層の弱った肌
●皮膚感染で弱った肌
●あせもで角質層の弱った肌
●極度の吹き出物やにきびでお困りの肌

緑茶化粧水は強い殺菌作用と角質を強くする作用、収斂作用があります。
美白作用もかかれていますが、個人的には少し?かなあと思っています。

------------------------

<簡単手作りアロマ化粧水>


わたしは精油を使って作った化粧水を愛用しています。
作り方はとても簡単!


【作り方】


●50mlアトマイザーに10ml無水エタノール、40ml精製水を入れる
●お好きな精油を10滴以下入れる
完成!

【保存方法と使用期間】


冷蔵庫へ保管、2週間以内に使用

【注意事項】


●使用前に必ずふってください。
肌が弱い方は完成品50mlに対して精油5滴以下から始めてください。
使用中に異常を感じたら、すぐに使用を中止してください。

柑橘系の精油でレモン、ベルガモット、グレープフルーツは光毒性があります。


 使用直後に直射日光に当たることは避けてください。
●その他刺激が強いと言われる精油の使用の際は、完成品50mlに対して
 精油5滴以下から始めて様子を見てください。
●アルコールにアレルギーがある方は、精製水50mlで作っても構いません。

【こんな人にオススメ】


●市販の化粧水が合わない人
●市販の化粧水の香りが好みでない人
●お肌が弱い人(手作りだと自分で肌の調子に合わせて調節可能)
●アルコールにアレルギーがある人(精製水と精油のみで作ればOK)
●防腐剤を使用していない化粧水を探している人
●化粧品にかかる費用を抑えたい人



【わたしの場合】
アトマイザー100mlで作っています。
日本酒(純米酒)10ml、ミネラルウォーター軟水90ml、精油4滴
精製水の代用としてミネラルウォーターが使えますが、
軟水を使ってくださいね~。

昔は日本酒(純米酒)でチンキを作り、それを使っていたのですが、
ここ45過ぎてからは日本酒(純米酒)で作っています。




↑をフォローで記事がUPされるとTLに!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


***************************************************
This article was written by https://www.fukumasu.net
スポンサーリンク


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9859218188140218"
data-ad-slot="5867480135"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">


***************************************************
WEB上でアロマの基本を学ぶ →★
無料アロマテラピーレッスン
●【練るだけアロマ石鹸】 →★
●【混ぜるだけアロマ香り袋】 →★
●【無水エタノール、精製水の代用品でアロマルームスプレー作成】 →★
●【イソジンの代用品に うがい用ハーブチンキ作成】 →★
アロマでホメオ(精油リーディング)について →★
***************************************************
クラッカー【メールでアロマ】
こちらの「アロマに関する質問や相談をしたい」をご覧ください
●精油を買う前に
●こんな時はどうするの?
●目的に合ったブレンドレシピは?
●資格について知りたい、等々
バースエッセンシャルオイル(その人の精油)を知りたい方も、こちらをご利用ください
***************************************************

【アロマテラピー】アロマを勉強に活かす?(2)オススメの精油と使用時の注意点



(1)を必ずお読みください。

(1)は、こちら→★


(1)では、アロマと勉強に関する記事のこと、注意事項とその理由をお話しました


(2)ではオススメの精油と使う際の注意点のお話を。





【集中力を高めるのにオススメな精油】


●ジュニパー→利尿作用もある
●ペパーミント(多量)→冷却作用もある
●ローズマリー→利尿作用もある

※上記の精油の香りが好きでも、
トイレが近くなる可能性もあるので試験前に嗅ぐのはオススメしません


●ユーカリ


受験などの緊張対策にはアロマはピッタリだと思います


気持ちが落ち着く作用(鎮静作用など)がある精油の中で、
自分が好きな香りの精油を会場入場前に嗅いでおく。

試験開始前にも嗅ぎたいところですが、

試験会場内で嗅ぐのは、多くの人がいるので やめておいた方がいいと思います



【試験などの緊張をほぐすのにオススメの精油】


●オレンジスイート
●サンダルウッド
●フランキンセンス
●ベルガモット
●ラベンダー



【試験など集中が必要でない場合で、かつ緊張をほぐすのにオススメの精油】


は、上記に加えて
●クラリセージ
●スイートマジョラム
●ペパーミント(少量)

※集中が必要な場合は、これら3つの精油はオススメしません※



上記以外の作用や、その他の精油の作用が知りたい方は、こちらをどうぞ→★





この件に限らず、

XXXの精油でXXXが!というときに、扁桃体の存在を忘れられがち

な気がします。

つまり、

精油が何かによいという記事を見たとき、
その精油が自分の苦手な香りの場合は、同じ結果を得られないかもしれない

ということになります。
覚えておくと便利ですよ。


その他、勉強に役立つかもしれない研究結果を下記にまとめておきます。
(参照元:AEAJ公式サイト)
●ペパーミント/オレンジ・スイート精油の香りが
 小学生の計算ミスとストレス軽減に寄与→★
●5種類の精油による芳香浴がコンピュータ作業に及ぼす効果→★
●α-ピネン,リモネンによる嗅覚刺激が
 コンピュータ作業時の生理応答に与える影響→★
補足/α-ピネンの含有量が多い精油;サイプレス(約52%)、フランキンセンス(約43%)、ヒノキ(約38%)
リモネンの含有量が多い精油;グレープフルーツ(約97%)、オレンジ(約95%)、レモン(約67%)






↑をフォローで記事がUPされるとTLに!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


***************************************************
This article was written by https://www.fukumasu.net
スポンサーリンク


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9859218188140218"
data-ad-slot="5867480135"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">


***************************************************
WEB上でアロマの基本を学ぶ →★
無料アロマテラピーレッスン
●【練るだけアロマ石鹸】 →★
●【混ぜるだけアロマ香り袋】 →★
●【無水エタノール、精製水の代用品でアロマルームスプレー作成】 →★
●【イソジンの代用品に うがい用ハーブチンキ作成】 →★
アロマでホメオ(精油リーディング)について →★
***************************************************
クラッカー【メールでアロマ】
こちらの「アロマに関する質問や相談をしたい」をご覧ください
●精油を買う前に
●こんな時はどうするの?
●目的に合ったブレンドレシピは?
●資格について知りたい、等々
バースエッセンシャルオイル(その人の精油)を知りたい方も、こちらをご利用ください
***************************************************

↑このページのトップヘ