(画像参照元;https://manga-toshi-tokyo.jp/
MANGA都市TOKYO 
ニッポンのマンガ・アニメ・ゲーム・特撮2020 - MANGA ⇔ TOKYO
※この展示は終了しています※

港区六本木7-22-2
国立新美術館 企画展示室1E
03-5777-8600

会期が延長されたのは知っていたのですが、
うっかり勝手に12月末まで開催されていると思い込んでいました。
慌てて10月末にチケットをGETし、行って来ました。
チケットは日時指定で取ります。



コロナ対策のため、日時指定があるだけでなく、
その時間になってもすぐに入場できるわけではありません。
列に並び、係員に従って数名ずつ入場します。

中に入って驚いたのは、「順路」がないこと!
通常、展示では順路に従って観て行きます。
この展示は、中に入れば自由に観ることが出来ます。



混雑したり、観れなかったりしないのかな?と不安を感じたのも束の間、
これは、この展示に限ってはとても良い方法だと気づきました。

色んな漫画の原画などが展示されていますが、
中には原稿もあります。
わたしはじっくり「読みたい」派です。
そうすると1か所に時間がかかってしまいます。



逆に原稿は原稿でも、コマや文字のない扉絵などは、
絵画のように「観る」派です。

「読みたい」派が多くてごったがえさない!?
全原稿に文字があるわけではなかった(セリフが削除されていた)こともあり、
少し待てばスペースが空きました。
後は、漫画好き特有の気質が大きいのかも(説明は割愛)。



真ん中に画像が流れ、画像の下には東京の模型。
画像の現場(?)となっている場所が、模型の中でどこか分かるように光ります。
この巨大模型の両側に各作品が展示されています。



出口を出ない限り、時間内であれば自由に、
何度でも行き来し観ることができました。

個人的にはコマとセリフの入った原稿をもっともっと観たかった
(わたしには少なかった・・・)
原稿はセリフがなくされていても、なんと美しい!
(本当は読みたかった・・・)
特に好きな漫画家さんの作品は、いつまでも観ていられるほどに。


途中、るろうに剣心の剣心のコスプレをした外国人の方がいました。
おお!漫画の展示だからなのか!
と思ったのですが、帰宅後よく考えたら、観に行ったのは10月31日やから、
ハロウィンやったんかも・・・



オマケ写真;秋の国立新美術館




↑をフォローで記事がUPされるとTLに!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


***************************************************
This article was written by https://www.fukumasu.net
スポンサーリンク


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9859218188140218"
data-ad-slot="5867480135"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">


***************************************************
WEB上でアロマの基本を学ぶ →★
無料アロマテラピーレッスン
●【練るだけアロマ石鹸】 →★
●【混ぜるだけアロマ香り袋】 →★
●【無水エタノール、精製水の代用品でアロマルームスプレー作成】 →★
●【イソジンの代用品に うがい用ハーブチンキ作成】 →★
アロマでホメオ(精油リーディング)について →★
***************************************************
クラッカー【メールでアロマ】
こちらの「アロマに関する質問や相談をしたい」をご覧ください
●精油を買う前に
●こんな時はどうするの?
●目的に合ったブレンドレシピは?
●資格について知りたい、等々
バースエッセンシャルオイル(その人の精油)を知りたい方も、こちらをご利用ください
***************************************************