ふくちゃんのアロマな生活

特技:精油リーディング、食べ歩きが好きなアロマテラピーインストラクターのゆる~い日常


アロマに関する内容(写真含)は、無断での転用、引用、転載を禁止してます           
アロマ以外の内容の引用や転載の際は、記事URLの記載をお願いします♪(転用NG)

記事は全て予約投稿(早くて体験から2~3か月後)です
※UP期日ありのイベント参加記事は、期日内にUPしています※

タグ:リニューアル後

【都内をお得に楽しむ】もう一回ゆっくり観に行くつもりだったのに・・・サントリー美術館「日本美術の裏の裏」




サントリー美術館


港区赤坂9-7-4
東京ミッドタウン ガレリア3階
03-3479-8600
休館日:火曜日、展示替期間、年末年始


「日本美術の裏の裏」


2020年9月30日(水)~11月29日(日)
※この展示は終了しています※

前回のレポートは、こちら →★(1)、→★(2)(2020年8月と9月利用)





サントリー美術館の年間パスを買っているので、
いつでも行ける~♪と次にゆっくり観ようね、
と言っていたら、いつの間にか終わっていました。



春夏花鳥図屛風、狩野永納、17世紀

この日、ちょっと混んでいたんですよ(涙)。
なので、さっとだけ観て帰りました。

【お得ポイント】

年間パス(費用¥6000)の良いところは、
(1)いつでも行けること
(2)同伴者1名OKなこと


大人1回¥1500なので、一人なら1年に4回行けば元が取れます。
同伴者1名無料なので、二人で行けば2回で元が取れます
→ @1500x2=1回3000x2=¥6000

でも、こうやって後でまた、と思ってしまうところは欠点かも?


武蔵野図屛風、17世紀

今回の展示は、ところどころに「襖」があって、
大きなお屋敷の中を観ている気分になるところが面白かったです。


洛中洛外図屛風、伝 土佐光高、17世紀

屏風が、現在のどこを描かれた物なのかの説明もあり、
もう少し空いていれば、ゆっくり見比べたかったなあと思います。



今回の展示も、写真撮影OKでした。
この日は混んでいたので、あまり写真も撮っていないし、
作品も、いつものようにゆっくり観ることが出来ませんでした。


切子霰文脚付杯、19世紀

とはいえ、サントリー美術館は、入館に並ぶことが ほぼないので嬉しいです。




東海道五十三(隷書版)のうち沼津、歌川広重、19世紀

こうやって何度も通っていると、
前にも観たことあるよね?という作品もいくつかあるような気が・・・
全ての作品を写真撮っているわけではないし、
そもそも撮影OKの展示ばかりではないので、思い違いかも?


東海道五十三(保永堂版)のうち箱根、歌川広重、19世紀




美術館や博物館は、作品はもちろんですが、
展示の方法も観ていて面白いし、楽しいです。

サントリー美術館の展示方法は、「おお!」とか
「こんなところに?」という物が他の美術館より多い気がします。



出展作品紹介は、こちら →★




↑をフォローで記事がUPされるとTLに!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


***************************************************
This article was written by https://www.fukumasu.net
スポンサーリンク

***************************************************
WEB上でアロマの基本を学ぶ →★
無料アロマテラピーレッスン
●【練るだけアロマ石鹸】 →★
●【混ぜるだけアロマ香り袋】 →★
●【無水エタノール、精製水の代用品でアロマルームスプレー作成】 →★
●【イソジンの代用品に うがい用ハーブチンキ作成】 →★
アロマでホメオ(精油リーディング)について →★
***************************************************
クラッカー【メールでアロマ】
こちらの「アロマに関する質問や相談をしたい」をご覧ください
●精油を買う前に
●こんな時はどうするの?
●目的に合ったブレンドレシピは?
●資格について知りたい、等々
バースエッセンシャルオイル(その人の精油)を知りたい方も、こちらをご利用ください
***************************************************

リニューアル後のサントリー美術館「ART in LIFE, LIFE and BEAUTY」(2)




サントリー美術館


港区赤坂9-7-4
東京ミッドタウン ガレリア3階
03-3479-8600
休館日:火曜日、展示替期間、年末年始

「ART in LIFE, LIFE and BEAUTY」


2020年7月22日(水)~9月13日(日)
※この展示は終了しています※


遙カノ景 〈空ヘ〉 深見陶治
一基 平成8年(1996)【全期間展示】


長い間休館となっていたサントリー美術館、
リニューアル後再開したと知り、行ってきました →(1)

(1)は、こちら →★(2020年8月利用)




国宝 浮線綾螺鈿蒔絵手箱
一合 鎌倉時代 13世紀 【全期間展示】



展示が変わる、というのと、

エデュケーターによる鑑賞ガイドの予約が取れた

ので、会期終了間際に再度行って来ました。
※イベント自体は無料ですが、別途入場チケットが必要です※

出展作品紹介は、こちら →★


舞踊図
六面のうち一面 江戸時代 17世紀 【全期間展示】



この日は会期最終の1日前ということもあり、とても混んでいて、
入場に制限がかかっていました。

入口で予約したことを伝えると、エレベータで6Fへと促され、
6Fで手続きをして会場に入りました

会場内は密を避けるため、椅子が間隔をあけておいてありました。


朱漆塗矢筈札紺糸素懸威具足
一具 桃山時代 16~17世紀 【全期間展示】



サントリー美術館内 6階ホールで、エデュケーターの方が
スライドを使って、展示の見どころを説明してくれる

「エデュケーターによる鑑賞ガイド」は初参加でしたが、参加して良かったです。


重要文化財 泰西王侯騎馬図屛風
四曲一双 桃山時代~江戸時代初期 17世紀初期 【全期間展示】



オーディオガイドを使って観るのが苦手なので、
いつも何も知らずに観ています。

ただ美しい物を観るだけでも充分楽しいのですが、
こうやって色々と教えてもらえると、また別の楽しみ方がありますね




朱漆塗螺鈿沈銀六角湯桶
一口 江戸時代 17世紀 【全期間展示】



イベント終了後は、4Fから展示を堪能!
前と違う展示もあって楽しかったです。


切子 三ツ組盃・盃台
一組 江戸時代後期~明治時代初期 19世紀 【全期間展示】



会場は、前回よりも混んでいましたが、
入場制限のおかげで蜜は避けられていたように思います。
以下、その他撮影した写真を貼っておきます。


鬘附束髪図會、深川洲崎遊廓懇親会【後半のみ展示】




犀の賽銭箱 青銅塗【全期間展示】




碁石頭切付縫延二枚胴具足【全期間展示】、
京都髪形ち之図【後半のみ展示】




花模様文化頃、花模様延宝頃【後半のみ展示】




花鳥螺鈿蒔絵聖龕【全期間展示】







↑をフォローで記事がUPされるとTLに!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


***************************************************
This article was written by https://www.fukumasu.net
スポンサーリンク

***************************************************
WEB上でアロマの基本を学ぶ →★
無料アロマテラピーレッスン
●【練るだけアロマ石鹸】 →★
●【混ぜるだけアロマ香り袋】 →★
●【無水エタノール、精製水の代用品でアロマルームスプレー作成】 →★
●【イソジンの代用品に うがい用ハーブチンキ作成】 →★
アロマでホメオ(精油リーディング)について →★
***************************************************
クラッカー【メールでアロマ】
こちらの「アロマに関する質問や相談をしたい」をご覧ください
●精油を買う前に
●こんな時はどうするの?
●目的に合ったブレンドレシピは?
●資格について知りたい、等々
バースエッセンシャルオイル(その人の精油)を知りたい方も、こちらをご利用ください
***************************************************

リニューアル後のサントリー美術館「ART in LIFE, LIFE and BEAUTY」(1)




サントリー美術館


港区赤坂9-7-4
東京ミッドタウン ガレリア3階
03-3479-8600
休館日:火曜日、展示替期間、年末年始

前回のレポートは、こちら →★(2019年8月利用)



長い間休館となっていたサントリー美術館、リニューアル後再開したと知り、行ってきました




チラシより1

「ART in LIFE, LIFE and BEAUTY」


2020年7月22日(水)~9月13日(日)
※この展示は終了しています※


チラシより2

リニューアル後の再開が延長になったせいもあると思いますが、
思ったより会場内は混んでいました。


チラシより3

とはいえ、

入場に並ぶことなく、会場内も密になることなく、各作品を観ることができました。




美しい櫛の数々

この櫛の一つ一つをもっとゆっくり観たい!


昔の化粧箱?裁縫箱?

いわゆる芸術品!という物を観るのも好きですが、

こういう実際に生活で使われていた物や、
昔の生活様式が分かる物を観るのは楽しいです。





どんな人が使っていたのだろう、
どうやって使うのだろう、など想像しながら観ています。



ファッション誌みたい。

こういう絵を何枚も まとめて観てみたい。




化粧の方法の移り変わり 1

これも観てて楽しいです。

流行に合った化粧に変わっていった、ってことでしょう?




ヘアカタログ

当時も、髪結いの人に絵を持って行って、
「こういう髪型にしてください」って言ったのかなあ。


化粧の方法の移り変わり 2

化粧の実物版の展示もあったら、もっと楽しめたのに。


今回の展示の面白い点は、昔の作品と現代の作品が展示されていることです




昔の作品の中に時々紛れている現代作品 1

屏風に現代の「物」が描かれてて「あれ?」となり、気づきました。




昔の作品の中に時々紛れている現代作品 2

小さい武士シリーズ、よく観てください。
かなりシュールです。キモ可愛い?





今回の展示の中で一番好きな作品

ちゃんと屏風を見上げているところがツボでした。




昔の作品と現代の作品のコラボ

しかも「MET」の紙袋ですよ~!!
この方の作品がMETで展示されたことがあるのかなあ。



覚え違いでなければ、

シュールな小さな武士たちは、銀座のポーラーアネックスで展示されていたような・・・

と思って検索したら、ヒットしました!

野口哲哉「~中世より愛をこめて~ From Medieval with Love」

→★
このポーラアネックスに掲載されている経歴を見る限りは、
METで展示されたことはないようです。
いつか展示されないかなあ(MET紙袋の武士)。



展示内容が変わるというのと、
エデュケーターによる鑑賞ガイドの予約が取れたので、
会期終了間際にもう一度行って来ました →(2)

(2)は、こちら →★







↑をフォローで記事がUPされるとTLに!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


***************************************************
This article was written by https://www.fukumasu.net
スポンサーリンク


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9859218188140218"
data-ad-slot="5867480135"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">


***************************************************
WEB上でアロマの基本を学ぶ →★
無料アロマテラピーレッスン
●【練るだけアロマ石鹸】 →★
●【混ぜるだけアロマ香り袋】 →★
●【無水エタノール、精製水の代用品でアロマルームスプレー作成】 →★
●【イソジンの代用品に うがい用ハーブチンキ作成】 →★
アロマでホメオ(精油リーディング)について →★
***************************************************
クラッカー【メールでアロマ】
こちらの「アロマに関する質問や相談をしたい」をご覧ください
●精油を買う前に
●こんな時はどうするの?
●目的に合ったブレンドレシピは?
●資格について知りたい、等々
バースエッセンシャルオイル(その人の精油)を知りたい方も、こちらをご利用ください
***************************************************

↑このページのトップヘ