ふくちゃんのアロマな生活

特技:精油リーディング、食べ歩きが好きなアロマテラピーインストラクターのゆる~い日常


アロマに関する内容(写真含)は、無断での転用、引用、転載を禁止してます           
アロマ以外の内容の引用や転載の際は、記事URLの記載をお願いします♪(転用NG)

記事は全て予約投稿(早くて体験から2~3か月後)です
※UP期日ありのイベント参加記事は、期日内にUPしています※

タグ:フランキンセンス

【アロマテラピー】精油のブレンド;オススメブレンド/フランキンセンス、ペパーミント、ベルガモット



※アメブロのアロマ系記事を移動、再掲載にあたり古い情報を訂正してUPしていますが、
今後 ●リンク切れになっていた
    ●情報が古くなっていた   らすみません※


----------------------------
※精油は薬ではありませんので、精油で治そうとは考えないでください※
※まずは病院できちんと検査を受け、必要があれば治療を受けてください※



フランキンセンス

学名/Boswellia carterii
科名/カンラン科
部位/樹脂
抽出方法/水蒸気蒸留法
蒸散速度/ベース
作用/細胞成長促進、収斂作用、鎮静作用、抗菌作用、老化肌によい など
備考/乳香、オリバナム、宗教儀式


【オススメブレンド★化粧水50ml、又はトリートメントオイル50ml作成の場合】

フランキンセンスの一番の特徴はアンチエイジング!

某オーガニックコスメでもシリーズがあるほどです。
そして、ベースノートなのに柑橘系っぽいさっぱり系の香りなので、
他のベースノートに比べると扱いやすいのも特徴です。

フランキンセンス1滴、ローズマリー2滴、ティートゥリー3滴、オレンジ4滴

さっぱり系の香りです。まだ残暑の残るこの季節にもピッタリ!

フランキンセンス1滴、ローズマリー1滴、ラベンダー5滴、オレンジ3滴

王道の精油ラベンダーの香りを活かしたブレンドです。
夏の日差しで弱ったお肌に。

フランキンセンス2滴、イランイラン1滴、サンダルウッド2滴、オレンジ5滴

女性らしい甘めの香り。

気持ちを落ち着けてくれます。

イランイランがすごく好き!という方のみ、イランイランを2滴にして、
他のどれかを1滴減らしてもOKです!

お金に糸目はつけない&ローズ好きの方には

ネロリ1滴、ローズオットー2滴、フランキンセンス1滴、ゼラニウム4滴、マジョラム2滴

アンチエイジング作用もバッチリ!

ローズの香りを邪魔しないブレンドです。

黄色い花ブレンドに使用されている精油の作用は、こちら→★を参考にしてください。


---------------------------

ペパーミント

学名/Mentha piperita
科名/シソ科
部位/葉
抽出方法/水蒸気蒸留法
蒸散速度/トップ
作用/殺菌・抗菌、健胃作用、少量で鎮静作用し多量で興奮作用
  冷却作用、乗り物酔いによい など
禁忌/皮膚刺激、粘膜刺激性があるので粘膜部分への使用はしない


【オススメブレンド★化粧水50ml、又はトリートメントオイル50ml作成の場合】

花粉症の時期に活躍してくれるペパーミントは、

風邪で鼻の通りが悪い時にも活躍してくれます。


ペパーミント4滴、ローズマリー3滴、ユーカリ3滴

スーっとした香りです。
甘くなくキリっとした香りなので、男性も使用しやすい香りとなっています。

鼻通りがよくなるのはもちろん、頭が冴えて意識がクリアになります。


上記ブレンドのユーカリをティートゥリー3滴に変えて、
鼻スッキリで抵抗力UP目的にもなります。

ペパーミント1滴、ラベンダー4滴、ベルガモット3滴、クラリセージ1滴、マジョラム1滴

気分を落ち着かせたい時や眠る時用ブレンドです。

ラベンダー単体に比べて、柔らかい香りになっています。
落ち着いた香り。
クラリセージやマジョラムが苦手な方は、
これらの滴数をラベンダーかベルガモットに加えてください。

ペパーミントは使う量で鎮静にも興奮にも使えるので、とても便利!

※ベルガモットを使っているので光毒性に注意※

ペパーミントは甘さのあるスーっとした香りなので、甘い香りとのブレンドもGOOD!

フランキンセンス5滴、ゼラニウム3滴、ペパーミント2滴

甘さとスッキリさが絶妙なバランスの香り。
ノートを無視してる!?と思われるかもしれませんが、
これはある製品に似せて作った香りです。
わたしのお気に入りドキドキ


黄色い花ブレンドに使用されている精油の作用は、こちら→★を参考にしてください。



---------------------------

ベルガモット

学名/Citrus bergamia
科名/ミカン科
部位/果皮
抽出方法/圧搾法
蒸散速度/トップ(トップ)
作用/食欲増進作用、抗鬱作用、鎮静作用、不眠、抗菌
禁忌/強烈な光毒性


【オススメブレンド★化粧水50ml、又はトリートメントオイル50ml作成の場合】

ベルガモットの特徴は、気持ちをUPしてくれる作用です。

柑橘系全体に同じ作用がありますが、中でもベルガモットが一番!

ベルガモット4滴、レモン2滴、オレンジ2滴、グレープフルーツ2滴

柑橘系ばかりでブレンドしてみました。

甘ずっぱいさわやかな香りは、多くの人に好まれる香りです。

お子様にも人気のある香り。

明るくさわやかな気持ちにしてくれ、同時に食欲を調整してくれます。

(食欲がない時には食欲を出してくれます。
ストレスにより食欲過多になっている時は、食欲を抑えてくれます。)
※ベルガモット、レモン、グレープフルーツを使っているので光毒性に注意※

ベルガモット4滴、ゼラニウム3滴、フランキンセンス1滴、クラリセージ2滴

甘い香りの中に落ち着きとさわやかさのある香り。

沈んだ気持ちをUPさせつつ、女性ホルモンを整えてくれます。

※ベルガモットを使っているので光毒性に注意※

ベルガモット4滴、イランイラン1滴、サンダルウッド2滴、レモン3滴

甘くオリエンタルな香り。

気持を沈めつつ、UPさせてくれます。

イランイランが好きな方は、イランイランを2滴にして、
レモンかベルガモットのどちらかを1滴減らしてもOKです!
※ベルガモット、レモンを使っているので光毒性に注意※

※ベルガモットは光毒性を気にしなくてもよい、
 ベルガプテンフリーの精油が売っていますが、
 ベルガモット特有の作用は損なわれます※


黄色い花ブレンドに使用されている精油の作用は、こちら→★を参考にしてください。



---------------------------

【アロマテラピー】精油のブレンド;オススメブレンド

ゼラニウム、ティートゥリー →★

ネロリ、リツエアクベバ、ホーリーフ →★

フランキンセンス、ペパーミント、ベルガモット →★

ユーカリ、ラベンダー、レモン →★

レモングラス、ローズ、ローズマリー →★


---------------------------


↑をフォローで記事がUPされるとTLに!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


バースカラーシートがセルフ版なら半額!→★
本質を知ることができます(その人の色と精油、意味が記載)
自分の精油を予め与えて、ストレスに強くなるようにすることも!
HSPなどの他人の感情に敏感な方、引っ越し、転職、結婚、入学、入社など環境が変わる方にオススメ♪
***************************************************
This article was written by https://www.fukumasu.net
スポンサーリンク

***************************************************
WEB上でアロマの基本を学ぶ →★
無料アロマテラピーレッスン
●【練るだけアロマ石鹸】 →★
●【混ぜるだけアロマ香り袋】 →★
●【無水エタノール、精製水の代用品でアロマルームスプレー作成】 →★
●【イソジンの代用品に うがい用ハーブチンキ作成】 →★
アロマでホメオ(精油リーディング)について →★
***************************************************
クラッカー【メールでアロマ】
こちらの「アロマに関する質問や相談をしたい」をご覧ください
●精油を買う前に
●こんな時はどうするの?
●目的に合ったブレンドレシピは?
●資格について知りたい、等々
バースエッセンシャルオイル(その人の精油)を知りたい方も、こちらをご利用ください
***************************************************

【アロマテラピー】精油とハーブ【覚えておくと便利な別名】プルメリア、イモーテル、カレンデュラ、フランキンセンス、ミルラ、サンダルウッド、メリッサ、ベンゾイン



※アメブロのアロマ系記事を移動、再掲載にあたり古い情報を訂正してUPしていますが、
今後 ●リンク切れになっていた
    ●情報が古くなっていた   らすみません※


----------------------------
※精油は薬ではありませんので、精油で治そうとは考えないでください※
※まずは病院できちんと検査を受け、必要があれば治療を受けてください※


----------------------------
精油のブレンドレシピを考える時やきっかけになるのが、化粧品の成分表。

成分表は含有量が多い順に記載があります

香りのブレンドのヒントにもなるし、作用のヒントにもなって便利なのですが、

別名で記載されていることが多いです


各化粧品会社が化粧品に使用する際には、その成分から新たな成分を作り出したり、
さらに効果を引き出せるようにしていたりするので、
おなじ効果が得られるわけではありませんが、近い作用は得られます。

いくつか今思いつくものを書きだすので、参考にしてくださいねドキドキ

下記の精油はいずれも美容作用が優れています



【イモーテル】

ロクシタンアンチエイジング化粧品シリーズで有名。

<別名>ヘリクリサム




【カレンデュラ】

炎症を抑える作用で有名、某メーカーの美白化粧品の「ウリ」となっています。

<別名>トウセンカ(ハーブを買う時はマリーゴールド)

※カレンデュラの精油はなかなか売っていないと思うので、
 マリーゴールドを使ってチンキを作ったり、浸出油を作るといいです。
 既製品だとキャリアオイルにカレンデュラオイルというのがあります※


【カモマイル】

鎮静作用、炎症を抑える作用で有名、
某メーカーの美白化粧品でCMでも流れていましたよね。

<別名>カミツレ




【フランキンセンス】

ニールズヤードの化粧品フランキンセンスシリーズで有名。
アンチエイジングによい。

<別名>オリバナム、乳香(にゅうこう)



このほか、化粧品成分表への登場は少ないですが、別名のある精油を下記に記します



【ミルラ】

<別名>没薬(もつやく)、マー




【サンダルウッド】

<別名>白檀(びゃくだん)




【メリッサ】

<別名>レモンバーム




【ベンゾイン】

<別名>安息香




【フランジュパニ(フランジパニともいう)】

<別名>プルメリア


精油の名前はフランジュパニですが、この名前よりプルメリアの方がピンとくると思います。

NHKのドラマ「プラトニック」で使われていたということを知り、
それがキッカケでフランジュパニ=プルメリアと知りました。


揮発性有機溶剤抽出法で抽出されているので、お肌が弱い人は注意が必要

肌の乾燥を防ぎ、保湿力をUPする
その他の作用/血行促進、多幸感、鎮痛、抗菌、
       抗ウイルス、抗アレルギー、血圧降下など
禁忌/妊娠中や低血圧の人は使用を控える


レアバリューオイルで、価格が他の精油より高いです。

どのくらい高いかというと・・・
10ml ¥9180です。
比較としてラベンダーは10ml ¥2160です。

ノートはミドルベース

プルメリアの石鹸などの甘すぎないさわやかな甘さとは香りが全然違います。
精油の香りは、もっと草っぽい独特な香りがします。
プルメリアの香りの製品を想像して嗅ぐと「変なニオイ」と思ってしまうかも。




↑をフォローで記事がUPされるとTLに!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


***************************************************
This article was written by https://www.fukumasu.net
スポンサーリンク

***************************************************
WEB上でアロマの基本を学ぶ →★
無料アロマテラピーレッスン
●【練るだけアロマ石鹸】 →★
●【混ぜるだけアロマ香り袋】 →★
●【無水エタノール、精製水の代用品でアロマルームスプレー作成】 →★
●【イソジンの代用品に うがい用ハーブチンキ作成】 →★
アロマでホメオ(精油リーディング)について →★
***************************************************
クラッカー【メールでアロマ】
こちらの「アロマに関する質問や相談をしたい」をご覧ください
●精油を買う前に
●こんな時はどうするの?
●目的に合ったブレンドレシピは?
●資格について知りたい、等々
バースエッセンシャルオイル(その人の精油)を知りたい方も、こちらをご利用ください
***************************************************

↑このページのトップヘ