ふくちゃんのアロマな生活

特技:精油リーディング、食べ歩きが好きなアロマテラピーインストラクターのゆる~い日常


アロマに関する内容(写真含)は、無断での転用、引用、転載を禁止してます           
アロマ以外の内容の引用や転載の際は、記事URLの記載をお願いします♪(転用NG)

記事は全て予約投稿(早くて体験から2~3か月後)です
※UP期日ありのイベント参加記事は、期日内にUPしています※

タグ:シナモン

ルイボスティーのレッスン受講感想、飲み続けた感想など



えらい前ですが、ルイボスティーレッスンを受講してきました

遅くなりましたが、そのレポートを。

ちなみに、このレッスンは南アフリカ大使公邸で受講したのです(驚)!

生活の木は、年に1~2回、こういった場所でレッスンを行っているようです。

その時のレポートは、こちら →★


(南アフリカ大使公邸でアロマの講義を受けてきました!@六本木)

------------------------------
ルイボスティーのレッスン受講レポート

(1)→★

(2)→★

受講感想、ルイボスティーを飲み続けた感想など→★


================

毛細血管のゴースト化の予防によるアンチエイジングの実践
ルイボスティーによるTie2受容体の活性化


講師; 大阪大学 高倉 伸幸先生

================

(2)の中で精油はシナモンしかありません


(2)→★



精油ですので飲食には絶対に使わないでください。



セイロンシナモンの葉から抽出された精油、
シナモン・リーフのことを指すのが一般的です。
※シナモン・リーフ以外のシナモン精油は使わないように注意※

肌への刺激が強いため、希釈濃度は厳守してください。
作用は、消化促進、抗菌、発汗、健胃、血行改善、
殺菌作用、解熱作用、防虫作用
など。
香りのクセが強いため、
ブレンドする時には滴数を少なくすることをオススメします。


------------------------------

【受講した感想】


興味深い内容だったので、もっと時間をかけて詳しい話を伺いたかったです。

時間が押したこともあり、かなり早口で説明されていました。

ルイボスティーがテーマだったのですが、
先生は毛細血管を研究されている方なので、
少々強引にルイボスティーにつなげられている感じもしました。

寒い季節にオススメ、ルイボスチャイ(ほんのりチャイ味のルイボスティー)

ひと昔前には、ルイボスティーが花粉症に良いとうわさになり、
流行ったことがあります

体液の流れを良くする作用もあるようですし、
健康や美容に良いことには間違いないよう
です。

毛細血管に良いかというと。。。どうなんでしょう?
そう思いながら聴いていたからか、
主催者側からルイボスティーと毛細血管のことを聞かれたときに、
先生が困った顔をされていたように感じました。

------------------------------

【ルイボスティーを飲み続けた感想】


このレッスンを受講した、というのもあるのですが、
ちょうど体液の流れが滞りがちなことが原因でなった不調が2つあり、
それらを改善するのに良いかも、と思い飲み続けています。
1日500ml程度を毎日

かれこれ1年以上続けた感想は「流れを良くするのには大変良い!」です



卵巣に水が溜まっていると再検査を言われた翌年(飲み続けて1年後)は、
検査にひっかかりません
でした。
再検査になった時のレポートは、以下です。

ピンクリボン期間は終わったけれど★乳がん検診と子宮がん検診、エコーも忘れずに!→★




ルイボスティーのその他の種類

耳の状態も飲み続けて1年以上経過した頃から、
良い状態が多くなり、低い耳鳴りがしない日が増えてきました。


耳の事については、以下をどうぞ。

急性低音障害型感音難聴(急性低音難聴)になった(1)→★、 (2)→★



もちろん、同じ状態の人が同じことをして同じ結果になるとは限りません
たまたまだったのかも知れません。
でも、わたしには良い結果をもたらしてくれているので、

今後も1日500ml程度を毎日飲んでいくつもりです。美味しいしね。






↑をフォローで記事がUPされるとTLに!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


バースカラーシートがセルフ版なら半額!→★
本質を知ることができます(その人の色と精油、意味が記載)
自分の精油を予め与えて、ストレスに強くなるようにすることも!
HSPなどの他人の感情に敏感な方、引っ越し、転職、結婚、入学、入社など環境が変わる方にオススメ♪
***************************************************
This article was written by https://www.fukumasu.net
スポンサーリンク

***************************************************
WEB上でアロマの基本を学ぶ →★
無料アロマテラピーレッスン
●【練るだけアロマ石鹸】 →★
●【混ぜるだけアロマ香り袋】 →★
●【無水エタノール、精製水の代用品でアロマルームスプレー作成】 →★
●【イソジンの代用品に うがい用ハーブチンキ作成】 →★
アロマでホメオ(精油リーディング)について →★
***************************************************
クラッカー【メールでアロマ】
こちらの「アロマに関する質問や相談をしたい」をご覧ください
●精油を買う前に
●こんな時はどうするの?
●目的に合ったブレンドレシピは?
●資格について知りたい、等々
バースエッセンシャルオイル(その人の精油)を知りたい方も、こちらをご利用ください
***************************************************

ルイボスティーのレッスン受講レポート(2)



えらい前ですが、ルイボスティーレッスンを受講してきました

遅くなりましたが、そのレポートを。

ちなみに、このレッスンは南アフリカ大使公邸で受講したのです(驚)!

生活の木は、年に1~2回、こういった場所でレッスンを行っているようです。

その時のレポートは、こちら →★


(南アフリカ大使公邸でアロマの講義を受けてきました!@六本木)

------------------------------
ルイボスティーのレッスン受講レポート

(1)→★

(2)→★

受講感想、ルイボスティーを飲み続けた感想など→★


================

毛細血管のゴースト化の予防によるアンチエイジングの実践
ルイボスティーによるTie2受容体の活性化


講師; 大阪大学 高倉 伸幸先生

================

対策編/血管の構造的安定化におけるTie2(タイツー)の機能


既存の血管から新たな血管枝が分岐して、
血管網を構築する生理的現象を「血管新生」と言います。

ペリサイトが血管を修復する重要な働きをします。


→ ペリサイトは毛細血管や細静脈の内皮細胞を被覆し、
  血管の維持と形成、血流調節に関与すると考えられている

(画像参照元;https://www.jst.go.jp/pr/announce/20151120-2/index.html

毛細血管は1週間で700マイクロメートル伸びると言われています。

Tie2が活性化すれば、血管は安定したものとなります


Tie2についての記事は、こちら →★
※リンク先の記事がなくなっていることもあります※

血流がよくなると血管の接着が良くなるので、
血流を促すことは大変有効です。
また、年齢に関係なく血管は修復されます。


ふくらはぎは毛細血管が多く、刺激すると血流がUPするので、
ふくらはぎを揉んだり、スキップなどの運動が有効です。

------------------------------

以下、Tie2が活性化すると期待されるものを紹介します

エキスでの摂取が望ましいそうです。


血流をスムーズにすることで、ムクミや冷え性を改善することも期待できます。


【シナモン】



※スパイスとしてのシナモン※


消化促進、抗菌、発汗、健胃、血行改善が期待される。
血糖値や中性脂肪、コレステロール値を低下させるなど生活習慣病の予防にも効果的。
殺菌作用や解熱作用もあり。
ただし、刺激が強いため摂取しすぎに注意
→ 1日の目安は3g程度


【ヒハツ(コショウの種類)(ロングペッパー)】



※スパイスとしてのヒハツ※


血行促進、毛細血管修復、消化促進、むくみ改善が期待される。
ただし、刺激が強いため摂取しすぎに注意
→ 1日の目安は小さじ半分(約2g)程度


【ルイボス】


※ハーブティーとしてのルイボス※



季節を問わずオススメ、ルイボスレッド

南アフリカ共和国に生育する植物で、
現地では不老長寿のお茶として愛飲されてきました。
抗酸化作用のあるフラボノイド成分やミネラルを多く含有し、
ノンカフェインでタンニンが少ないのが特徴です。
抗アレルギー作用があるため、一時期花粉症に良いお茶として注目を浴びました。

抗酸化作用、収斂作用、抗アレルギー作用、代謝促進作用、消火促進作用
体液の流れを良くする
作用もあります。

グリーンのルイボスティーとレッドのルイボスティーの違いは、
発酵させているかどうかで、発酵させている方がレッドになります。







↑をフォローで記事がUPされるとTLに!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


バースカラーシートがセルフ版なら半額!→★
本質を知ることができます(その人の色と精油、意味が記載)
自分の精油を予め与えて、ストレスに強くなるようにすることも!
HSPなどの他人の感情に敏感な方、引っ越し、転職、結婚、入学、入社など環境が変わる方にオススメ♪
***************************************************
This article was written by https://www.fukumasu.net
スポンサーリンク

***************************************************
WEB上でアロマの基本を学ぶ →★
無料アロマテラピーレッスン
●【練るだけアロマ石鹸】 →★
●【混ぜるだけアロマ香り袋】 →★
●【無水エタノール、精製水の代用品でアロマルームスプレー作成】 →★
●【イソジンの代用品に うがい用ハーブチンキ作成】 →★
アロマでホメオ(精油リーディング)について →★
***************************************************
クラッカー【メールでアロマ】
こちらの「アロマに関する質問や相談をしたい」をご覧ください
●精油を買う前に
●こんな時はどうするの?
●目的に合ったブレンドレシピは?
●資格について知りたい、等々
バースエッセンシャルオイル(その人の精油)を知りたい方も、こちらをご利用ください
***************************************************

ルイボスティーのレッスン受講レポート(1)



えらい前ですが、ルイボスティーレッスンを受講してきました

遅くなりましたが、そのレポートを。

ちなみに、このレッスンは南アフリカ大使公邸で受講したのです(驚)!

生活の木は、年に1~2回、こういった場所でレッスンを行っているようです。

その時のレポートは、こちら →★


(南アフリカ大使公邸でアロマの講義を受けてきました!@六本木)

------------------------------
ルイボスティーのレッスン受講レポート

(1)→★

(2)→★

受講感想、ルイボスティーを飲み続けた感想など→★


================

毛細血管のゴースト化の予防によるアンチエイジングの実践
ルイボスティーによるTie2受容体の活性化


講師; 大阪大学 高倉 伸幸先生

================

【ルイボスティーを飲み続けることで血管の老化予防が期待できる】


→ 血管が老化していると抗がん剤が効かない
→ 毛細血管の状態が良くなることで病気の予防や美容にも良い




ルイボスティー
(画像参照元;https://onlineshop.treeoflife.co.jp/

1、加齢による毛細血管の変化(ゴースト血管とは)
ゴースト血管についての記事 →★、 →★
※リンク先の記事がなくなっていることもあります※

血管のほとんどが毛細血管で5~10マイクロメートルと細く、
目では見えません。
また、0.05mmしか酸素を運搬できません。

血管は加齢によって老化していきます。
血管が老化すると透過性の過剰亢進、炎症、浮腫、血管剥離を招きます。


さらに血管の老化が進むと毛細血管が消失します。

→ ゴースト血管



------------------------------

毛細血管の加齢性変化と疾患の関連


  →骨粗しょう症、認知症



【血管障害】


正常な血管は、内皮細胞の周囲を壁細胞が裏打ちし、
断面ではきれいな円形の内腔を持っています。

しかし加齢に伴い、壁細胞が内皮細胞から離脱したり、
細胞数が減少することで、きれいな円形の内腔ではなくなります。


→ 血管の構造は年齢とともに変わっていく

(画像参照元;https://olivechannel.jp/health/171114-01/

また、血管障害の原因は老化だけでなく、生活習慣も影響してきます。

慢性的な血管透過性亢進は、むくみ/浮腫の原因となり、
組織に酸素養分が運搬されないだけでなく、薬の成分も運搬されません


→ 流れが悪いと酸素や栄養分だけでなく、
  薬を使用したときの成分も運ばれにくくなる
→ 血管が老化してくると起きてくる現象の代表:
    靴下の後が残るようになったら注意が必要

【美容面】


加齢とともに毛細血管が減っていき、シワになっていきます。


UVが原因で起きる「光老化」は、
紫外線を多く浴びると、シミが増えるだけでなくシワも増えます。


【骨粗しょう症】


毛細血管が大きく関係していて、

健康な状態の骨には毛細血管がたくさんありますが、
骨粗しょう症になると毛細血管が見えません


骨と毛細血管

(画像参照元;https://nurseful.jp/nursefulshikkanbetsu/orthopedics/section_0_00/

【認知症】


毛細血管が大きく関係していると言われています。

毛細血管が少なくなると低酸素状態になり、
グルコースが運ばれなくなるので認知症になりやすく
なります。







↑をフォローで記事がUPされるとTLに!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


バースカラーシートがセルフ版なら半額!→★
本質を知ることができます(その人の色と精油、意味が記載)
自分の精油を予め与えて、ストレスに強くなるようにすることも!
HSPなどの他人の感情に敏感な方、引っ越し、転職、結婚、入学、入社など環境が変わる方にオススメ♪
***************************************************
This article was written by https://www.fukumasu.net
スポンサーリンク

***************************************************
WEB上でアロマの基本を学ぶ →★
無料アロマテラピーレッスン
●【練るだけアロマ石鹸】 →★
●【混ぜるだけアロマ香り袋】 →★
●【無水エタノール、精製水の代用品でアロマルームスプレー作成】 →★
●【イソジンの代用品に うがい用ハーブチンキ作成】 →★
アロマでホメオ(精油リーディング)について →★
***************************************************
クラッカー【メールでアロマ】
こちらの「アロマに関する質問や相談をしたい」をご覧ください
●精油を買う前に
●こんな時はどうするの?
●目的に合ったブレンドレシピは?
●資格について知りたい、等々
バースエッセンシャルオイル(その人の精油)を知りたい方も、こちらをご利用ください
***************************************************

↑このページのトップヘ