英国旅行<宿泊編>これぞイギリス的なホテル、The Montague on the Gardens(ザ・モンテギュー・オン・ザ・ガーデンズ)



これからのんびりと2017年GWに行ったロンドン旅行の記事をあげていきます


少しでも参考になれば、嬉しいです♪

その他の記事をご覧になりたい方は、目次をどうぞ→★


-------------------------------------------
せっかくイギリスに行くのだから

近代的なホテルより、イギリス的なホテルがいい!

と選んだのが、ここ。



The Montague on the Gardens
15 Montague St, Bloomsbury, Camden, WC1B 5BJ London, United Kingdom
+44 (0)207 637 1001
bookmt@rchmail.com

最寄駅:地下鉄ラッセルスクエア(Russell Square)駅から徒歩7分ほど。
この駅の目の前にはTESCOがあります。

●コンサバトリー/conservatory (温室)でのアフタヌーンティーがオススメ
●ヒースローからピカデリーで1本で行ける事(約1時間)
●ラッセルスクエア(Russell Square)にはリフトがある
●ホルボルーン(Holborn)駅も徒歩圏内
●大英博物館のすぐそば!



The Montague on the Gardens | Luxury Hotel in Bloomsbury from Red Carnation Hotels on Vimeo
ホテルの紹介ビデオ(公式サイトより)

室内の設備は、

ボトルミネラルウォーター(ガスありとガスなし各1本を毎日セット)
電気ポット、シャワー、バスタブ、セーフティボックス、テレビ、電話、エアコン、
ヘアドライヤー、アイロン、バスローブ、バスルームアメニティ各種、トイレ、スリッパ

です。

お茶セット(紅茶、珈琲、ホットチョコレート、ハーブティーとクッキー)

もありました。
ただ、

冷蔵庫が部屋になかった

のは、かなりショックでした・・・・


水色で統一された可愛らしい部屋、結構広かったです

廊下も部屋も可愛い!

当初クラシックDを予約する予定でしたが、希望の部屋の写真で問い合わせたら、
クラッシックキングルームというので、キングに変更。

部屋から庭が見え、毎日鳥の声で起きるという優雅さを味わえました。


部屋に置いてあったお祝いのカードとプレート、お菓子

ターンダウンがある(終わった後に小プレゼントがあるの♪)ので、
部屋に貴重品や下着など出したままで出かけない方がいいです


入って欲しくない場合は、ドアに札を下げて出かければOK。

また、ターンダウン後のチェックがあって、1部屋ずつ訪ねて
「何か足りない物はない?」と聞いて回っています。


ホテルの廊下も可愛らしい
写真右はホテル地下への階段
階段下りきったところに宿泊者が使えるPCが置いてあります

サービス面は人によってかなり違いました

フレンドリーな人、そっけない人、親切な人、大丈夫?っていう人。


ホテルのラウンジ?ロビー?
帰国後知りましたが、ここでは毎日お茶とお菓子のサービスがあったようです

全体的には良かったのですが、毎日何かしら部屋に足りない物が・・・

使ったものは補充されている、と思うでしょう?
されていないんですよ。何かしら足りない。
バスローブが1名分しかなかったり、アメニティーが人数分なかったり、などなど。

後でチェックの人が来るので、その人に言うか、
受付に言って持ってきてもらっていました。



シーツを交換して欲しい時にベッドに置く、グリーンのカード
タオル、バスローブなどはバスタブに入れておけば、交換してくれます


途中で部屋に戻る場合は、14:30だと部屋の掃除が終わっていませんでした。
15:30以降でないと終わっていないそうです。
1日だけ、14:30頃戻ったのですが、この日が一番物が足りなかった(泣)。
掃除の途中で帰ってきたからかしらん。。。。


ホテルの近くの公園

ホテルの近くにはいくつか公園があり、ここが中を通れば駅に行ける公園です。
公園内にカフェがあったので、次回はぜひとも利用したい!


ホテルの近くの公園(駅側ではない方)

ホテルの近く(徒歩圏内)にスーパーがあります


コンビニサイズのスーパー:TESCO x 1、
コンビニサイズのスーパー:Sainsubury's x 1、
少し大き目のスーパー:Sainsubury's x 1、Waitrose x1(両方ともHolborn駅近く)
があります。


TESCOは最寄駅Russell Square出てすぐ目の前、
写真右はHolland & Barrettで精油などが売っている薬局よりの店


【ラッセルスクエア(Russell Square)駅での注意】


電車を降りてリフトまで階段が数段あり、それを上ってリフトへ

行きます。
駅からホームへ行くのに、一度階段を使ってみましたが、
とても急で曲がっていて非常に使いにくい階段なので、
キャリーがなくてもリフトを使うことをオススメします。


ホテルの近く
写真中央と右の建物はなんだったんだろう・・・・


ホテル内での食事はアフタヌーンティーしか利用しなかったのですが、
毎日そこそこにぎわっていたようです。

アフタヌーンティーのレポートは、また後日。


ここの特徴と言われる、コンサバトリー/conservatory (温室)でお茶してきましたよ♪


クラシック・キングルーム(キャンセル可能プラン)大人二人で£1512



↑をフォローで記事がUPされるとTLに!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


***************************************************
This article was written by https://www.fukumasu.net
スポンサーリンク


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9859218188140218"
data-ad-slot="5867480135"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">


***************************************************
WEB上でアロマの基本を学ぶ →★
無料アロマテラピーレッスン
●【練るだけアロマ石鹸】 →★
●【混ぜるだけアロマ香り袋】 →★
●【無水エタノール、精製水の代用品でアロマルームスプレー作成】 →★
●【イソジンの代用品に うがい用ハーブチンキ作成】 →★
アロマでホメオ(精油リーディング)について →★
***************************************************
クラッカー【メールでアロマ】
こちらの「アロマに関する質問や相談をしたい」をご覧ください
●精油を買う前に
●こんな時はどうするの?
●目的に合ったブレンドレシピは?
●資格について知りたい、等々
バースエッセンシャルオイル(その人の精油)を知りたい方も、こちらをご利用ください
***************************************************