ふくちゃんのアロマな生活

特技:精油リーディング、食べ歩きが好きなアロマテラピーインストラクターのゆる~い日常


アロマに関する内容(写真含)は、無断での転用、引用、転載を禁止してます           
アロマ以外の内容の引用や転載の際は、記事URLの記載をお願いします♪(転用NG)

記事は全て予約投稿(早くて体験から2~3か月後)です
※UP期日ありのイベント参加記事は、期日内にUPしています※

タグ:キャリアオイル

【アロマテラピー】<実録>アロマでオデコのシワは軽減するのか!?主人で実験してみた(3)手作りクリームの作り方



いつものお願いですが、
精油は薬でも医薬部外品でもありません。
また、化粧品でもありません。
効果は専用の市販品があれば、そちらの方が確実です。


アロマテラピーでシワは軽減するのか!?


2019年4月~8月までの実験記録と結果をレポートします。

結論から言うと「軽減する」んです。

ただし、土台をきちんと作ってから、という条件がついてしまいます。

よく知られている健康な肌細胞サイクルは28日

そもそも このサイクルが乱れていたら、サイクルを元に戻すことが先

他のことを期待するのは、それから、になります。

では、今まで全くお肌のお手入れをしたことがない人、
つまり肌細胞サイクルが28日でない人ではどうなるのか
めっちゃ気になったので、主人に実験台になってもらいました。

<実録>アロマでオデコのシワは軽減するのか!?主人で実験してみた
(1)→★、(2)→★、(3)→★



-----------------------------
<左;実験前2019年4月4日> <右;実験後2019年8月12日>
 
精油を使った手作りアロマテラピークリーム
風呂上りに塗布し続けて、4か月と8日。
肌のキメがそろい、オデコにツヤが出てきました。
もちろん、眉間のシワも目立たなくなりました。

※実験後の状態を保つためには、お手入れの継続が必要です※



-----------------------------

アロマテラピークリームの作り方


-----------------------------

【材料】


ミツロウ、キャリアオイル(化粧用植物油)、精油、
遮光クリーム容器、耐熱容器

【作り方】


(1)耐熱容器にキャリアオイル15ml、ミツロウ3gを入れる

(2)(1)の耐熱容器より大きい耐熱容器に沸かしたての湯を入れる
(3)(2)のお湯入り容器に(1)の材料入り容器を浸してかき混ぜる
(4)ミツロウが溶けてきたら、(1)を湯から取り出し、
   お好みの精油を3滴垂らしてかき混ぜる
(5)(4)を遮光クリーム容器に入れて冷ませれば完成!

※希釈率1%で計算※

希釈率の計算方法は、こちら →★



ミツロウの量がこれより多ければ、テクスチャーが固めのクリームが、
少なければ、柔らかめのクリームができます。
ミツロウが少なすぎると固まらないので注意が必要です。



クリームをもっと多く作る場合は上記の比率を使って計算してください。
<具体例>
クリーム60mlを作りたい→ キャリアオイル60ml、ミツロウ12g、精油12滴

-----------------------------

【使用期限】


1~2か月
作成日から各材料の使用期限が2か月以上であることが前提※
以下も参考になれば嬉しいです。

精油(エッセンシャルオイル)、キャリアオイル、アロマ手作り品使用期限 →★

※絶対にマネしないでください※ 手作りアロマクリームを使用期限以上放置したら →★



【ブレンドに使った精油】



以下のヒントから当ててね~♪
●昔は宗教儀式に使われることがあった、
 現在材料の乱獲により価格が上がってきている精油
●美白作用があり、香りに若干の苦味がある精油
●肌細胞を活性する作用があり、アロマテラピーの歴史で逸話がある精油
●心を落ち着かせる作用があり、アロマテラピーの歴史で逸話がある精油
●エストロゲン様作用がある成分を含む精油

答えは、こちら  →★

上記を30、30、20、10、10滴ずつ精油用の遮光瓶に入れ、
合計100滴のブレンド精油を作ってから、使っています。

ブレンドした精油の使用期限は、
使った精油の中で使用期限が一番短かった日にち
になります。
※瓶に記載されている使用期限ではなく、
開封後に決まる使用期限のことを指しています※


-----------------------------

以下、美容系アロマ記事も参考になれば嬉しいです。

シンプルのススメ★アロマ手作り化粧品でのお肌のお手入れ →★

アロマで美白、アンチエイジングはできるのか? →★、続編 →★

役立つアロマ検定テキスト/テーマ:美容(1) →★、(2) →★、(3) →★

<実際に行っているお手入れ、レシピなど> →★

<キャリアオイルで美白!?> →★






↑をフォローで記事がUPされるとTLに!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


   
「音楽と人」2021年3月号【 竜馬がゆく 】でバンドSHE'Sの井上竜馬氏が
「アロマでホメオ( 精油リーディング )」を体験
! →★
SHE'Sは「青のSP(スクールポリス)」の主題歌「追い風」のバンドです!
   
***************************************************
This article was written by https://www.fukumasu.net
スポンサーリンク

***************************************************
WEB上でアロマの基本を学ぶ →★
無料アロマテラピーレッスン
●【練るだけアロマ石鹸】 →★
●【混ぜるだけアロマ香り袋】 →★
●【無水エタノール、精製水の代用品でアロマルームスプレー作成】 →★
●【イソジンの代用品に うがい用ハーブチンキ作成】 →★
アロマでホメオ(精油リーディング)について →★
***************************************************
クラッカー【メールでアロマ】
こちらの「アロマに関する質問や相談をしたい」をご覧ください
●精油を買う前に
●こんな時はどうするの?
●目的に合ったブレンドレシピは?
●資格について知りたい、等々
バースエッセンシャルオイル(その人の精油)を知りたい方も、こちらをご利用ください
***************************************************

【アロマテラピー】実験2:寒いと固まろうとする精油



寒いと固まる性質を持っている物が、いくつかあります

有名なところで、

 ●精油ならローズ
 ●キャリアオイルならホホバオイル

がそうです。

1では、キャリアオイルの話をしました。
2では、精油の話を。

【アロマテラピー】実験1:寒いと固まろうとするキャリアオイル は、こちら→★




ローズabs

ローズ精油には大きくわけて2種類あります。
ローズオットーとローズアブソリュート(ローズabs)
です


ローズオットーは寒いと固まることで有名です。

本当に、すぐ「固まる」のです。

キャリアオイルのところで説明したように、両手でしばらく温めれば液状に戻ります。
<注意>
お湯で温めるのはオススメできませんが、
急いで元の状態に戻したい場合は「ぬるま湯」
で!


ローズabsも固まろうとします。

今まで冬に使ったことがありましたが、特に問題はありませんでした。
ところが去年(2017年)の冬はえらい寒かった!

で、どんなことが起きたかというと・・・

「ローズabsを使ったブレンド精油で化粧水を作った
→ 化粧水を使おうとしたら、コットンにabsの赤っぽい色がついた」

です。

よく混ぜたつもりだったんですが・・・
アルコールに溶け切らなかったようです。

化粧水を作る時点で固まってはいなかったので、
普段より「溶けにくい」状態だった、ということが考えられます。
精製水を加える前にアルコールによく溶かせばよかったのかどうかは不明ですが、
冬にはabsでもローズは使わない方がよい、と思います。
※ただし、化粧水などのように水ものを作る場合のみ※


ローズオットー

同じローズabsが入っているブレンド精油を使って、
キャリアオイルを作った場合はどうだったかというと・・・
きちんと混ざりました。
特別によく混ぜるということもせず、いつものように1%濃度の希釈率で入れ、
軽くふっただけで、です。

ただし、使ったのは寒くて固まる性質をもっていないキャリアオイルです。
寒くて固まる性質をもっているキャリアオイルの場合は、
実験していないので不明です。


精油はアルコールや植物油には溶ける、と習いますが、
以上のことから、

個人的にはアルコールより植物油の方がよく溶けるのか?と思いました。





【ローズ精油の基本情報】


ローズはオットーもabsもレアバリューオイルで、とても高価な物です。


 ●美容作用に優れている
 ●どの肌質にも合う
 ●女性ホルモンをUPしてくれる

素敵な精油です。

-------------------------

<価格の違い>


※メーカー、材料の産地、オーガニックか否かでも価格は変わってきます※

生活の木では、ローズオットー10ml ¥35,640
ローズabs 10ml ¥10,800

売り場には10mlは販売されていないはずです。
(こんな高い精油、プロしか買わないもの)

売り場には1mlなら売っているはず。

ローズオットー1ml ¥2,160
ローズabs 1ml ¥4,320


1ml=20滴相当です。

-------------------------


<オットーとabsの違いと注意点>


精油の抽出方法が異なります。


オットー=水蒸気蒸留法
abs=揮発性有機溶剤抽出法
(溶剤抽出法と記載しているところもあります)

absの方は抽出された精油にアルコールなどが混ざってしまうため、
肌が弱い人にはオススメできません


また、absは精油が赤っぽい色をしているので、
衣類などに色がつく可能性もあるので注意が必要
です。

ちなみに、ほかにabsで有名なのはジャスミンですよね!
つまり、ジャスミンも肌が弱い人が使うには注意が必要、ということになります。

詳しい抽出方法の説明については、https://www.fukumasu.net/mini_aroma_lesson.htmの#7をご覧ください。







↑をフォローで記事がUPされるとTLに!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


***************************************************
This article was written by https://www.fukumasu.net
スポンサーリンク


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9859218188140218"
data-ad-slot="5867480135"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">


***************************************************
WEB上でアロマの基本を学ぶ →★
無料アロマテラピーレッスン
●【練るだけアロマ石鹸】 →★
●【混ぜるだけアロマ香り袋】 →★
●【無水エタノール、精製水の代用品でアロマルームスプレー作成】 →★
●【イソジンの代用品に うがい用ハーブチンキ作成】 →★
アロマでホメオ(精油リーディング)について →★
***************************************************
クラッカー【メールでアロマ】
こちらの「アロマに関する質問や相談をしたい」をご覧ください
●精油を買う前に
●こんな時はどうするの?
●目的に合ったブレンドレシピは?
●資格について知りたい、等々
バースエッセンシャルオイル(その人の精油)を知りたい方も、こちらをご利用ください
***************************************************

【アロマテラピー】実験1:寒いと固まろうとするキャリアオイル



寒いと固まる性質を持っている物が、いくつかあります


有名なところで、

 ●精油ならローズ
 ●キャリアオイルならホホバオイル

がそうです。


いつもの状態

写真のキャリアオイルはマカデミアナッツオイルです。

今まで冬にも使ったことはありましたが、
白濁、というか、何か混じっているように見える状態
になったことはありませんでした。
去年の冬(2017年)は めっちゃ寒かったからでしょうか。


白い物が混じっているような状態

買った生活の木に問い合わせる前に

ホホバと同じかもしれないと、
試しに両手でしばらく温めてみたら透明なオイルに戻りました。

※ホホバオイルは寒いと固まる、
 もしくは白っぽく何か混じっているように見える状態になります※



比較写真

マカデミアナッツオイルも寒いと固まろうとするようです

ホホバほどではないものの、このように「白い物が混じっているような状態」になります。

こうなったら両手でしばらく温めてください。元に戻ります。



ということは、つまり・・

材料にマカデミアナッツオイルが使われている化粧品も同じような状態になることがある

というわけです(ホホバが使われている化粧品も同じです)。
材料にマカデミアナッツオイルが使われている化粧品で、
何か混入しているように見えたなら、
買ったところに問い合わせる前に、両手で温めてみて
くださいね~。



<注意>
お湯で温めるのはオススメできませんが、
急いで元の状態に戻したい場合は「ぬるま湯」
で!

【アロマテラピー】実験2:寒いと固まろうとする精油 は、こちら→★



マカデミアナッツオイルについては、下記の記事もどうぞ♪

【アロマテラピー】マカデミアナッツオイルでメタボ対策!?実験結果 →★


【アロマテラピー】実験再び!マカデミアナッツオイルでメタボ対策!? →★






↑をフォローで記事がUPされるとTLに!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


***************************************************
This article was written by https://www.fukumasu.net
スポンサーリンク


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9859218188140218"
data-ad-slot="5867480135"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">


***************************************************
WEB上でアロマの基本を学ぶ →★
無料アロマテラピーレッスン
●【練るだけアロマ石鹸】 →★
●【混ぜるだけアロマ香り袋】 →★
●【無水エタノール、精製水の代用品でアロマルームスプレー作成】 →★
●【イソジンの代用品に うがい用ハーブチンキ作成】 →★
アロマでホメオ(精油リーディング)について →★
***************************************************
クラッカー【メールでアロマ】
こちらの「アロマに関する質問や相談をしたい」をご覧ください
●精油を買う前に
●こんな時はどうするの?
●目的に合ったブレンドレシピは?
●資格について知りたい、等々
バースエッセンシャルオイル(その人の精油)を知りたい方も、こちらをご利用ください
***************************************************

【アロマテラピー/保管方法と使用期限】精油(エッセンシャルオイル)、キャリアオイル、アロマ手作り品


※アメブロのアロマ系記事を移動、再掲載にあたり古い情報を訂正してUPしていますが、
今後 ●リンク切れになっていた
    ●情報が古くなっていた   らすみません※



精油とキャリアオイルの保管方法と使用期限について


【保管方法】


精油、キャリアオイル、ブレンドしたトリートメントオイルともに同じで、
直射日光、高温多湿を避けて保管してください。
※「冷蔵庫で保管してください」と記載があるものに限り、冷蔵庫に保管※

【使用期限】



精油/開封後、柑橘系は6ヶ月、柑橘系以外は1年
※ただし、ビンや箱に記載の使用期限が上記より短い場合は、ビンや箱の期限を守ってください。
<具体例>
使用期限2017年2月と書いてあるオレンジの精油を
    ●2016年1月に開封した→2016年7月まで使用可能
                    /柑橘系は開封後6ヶ月
    ●2016年12月に開封した→2017年2月まで使用可能
                    /柑橘系は開封後6ヶ月までだが、
                       この精油自体が2017年2月までしか使えないので


キャリアオイル/キャリアオイルの種類により異なります。


主なキャリアオイルの期限は・・・・
ホホバ(クリア)/開封後4ヶ月
マカデミアナッツ/開封後2ヶ月
スイートアーモンド/開封後2ヶ月
オリーブ(化粧品用)/開封後4ヶ月
セサミ(化粧品用)/開封後4ヶ月
セントジョンズワート/開封後2ヶ月




精油を使用して作成したアロマクラフトの使用期限


トリートメントオイル/作成した日から1ヶ月以内
化粧水/作成した日から2週間以内(保管は冷蔵庫に)
ルームスプレー/作成した日から1ヶ月以内
バスソルト(100g)/作成した日から1ヶ月以内
ハンドクリーム、リップバーム、練り香/作成した日から2ヶ月以内


使用期限内の精油やキャリアオイルを使っていることが前提となっています。
精油やキャリアオイルの使用期限が上記記載より短い場合は、短い方の期限を守ってください。
<具体例(キャリアオイルの場合も考え方は同様です)>
使用期限2017年2月と書いてあるオレンジの精油を使って
    ●2016年1月にハンドクリームを作った→2016年3月まで使用可能
                    /ハンドクリームは作成した日から2ヶ月
    ●2017年1月にハンドクリームを作った→2017年2月まで使用可能
                    /ハンドクリームは作成した日から2か月までだが、
                       この精油自体が2017年2月までしか使えないので
使用期限2017年2月のオレンジの精油を2016年5月に開封し、これを使って
    ●2016年9月にハンドクリームを作った→2016年11月まで使用可能
                    /ハンドクリームは作成した日から2ヶ月
    ●2016年10月にハンドクリームを作った→2016年11月まで使用可能
                    /ハンドクリームは作成した日から2か月までだが、
                       柑橘系は開封後6ヶ月までしか使えないので


期限の切れた精油は芳香浴にのみ使用可能


粘度(粘り気)が出てきたらあきらめて捨ててください。


精油もキャリアオイルも購入したらすぐに使用するようにしてください。
期限を守って、正しく安全にアロマテラピーを楽しんでくださいね~!




↑をフォローで記事がUPされるとTLに!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


***************************************************
This article was written by https://www.fukumasu.net
スポンサーリンク


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9859218188140218"
data-ad-slot="5867480135"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">


***************************************************
WEB上でアロマの基本を学ぶ →★
無料アロマテラピーレッスン
●【練るだけアロマ石鹸】 →★
●【混ぜるだけアロマ香り袋】 →★
●【無水エタノール、精製水の代用品でアロマルームスプレー作成】 →★
●【イソジンの代用品に うがい用ハーブチンキ作成】 →★
アロマでホメオ(精油リーディング)について →★
***************************************************
クラッカー【メールでアロマ】
こちらの「アロマに関する質問や相談をしたい」をご覧ください
●精油を買う前に
●こんな時はどうするの?
●目的に合ったブレンドレシピは?
●資格について知りたい、等々
バースエッセンシャルオイル(その人の精油)を知りたい方も、こちらをご利用ください
***************************************************

↑このページのトップヘ