ふくちゃんのアロマな生活

特技:精油リーディング、食べ歩きが好きなアロマテラピーインストラクターのゆる~い日常


アロマに関する内容(写真含)は、無断での転用、引用、転載を禁止してます           
アロマ以外の内容の引用や転載の際は、記事URLの記載をお願いします♪(転用NG)

記事は全て予約投稿(早くて体験から2~3か月後)です
※UP期日ありのイベント参加記事は、期日内にUPしています※

カテゴリ:travel > 海外((旅行先での飲食、イベント参加など含む)

英国旅行<見学編>10年越しで観ることが出来たミュージカル「WICKED」



これからのんびりと2017年GWに行ったロンドン旅行の記事をあげていきます


少しでも参考になれば、嬉しいです♪

その他の記事をご覧になりたい方は、目次をどうぞ→★


-------------------------------------------

Apollo Victoria Theatre
17 Wilton Road, London SW1V 1LG

前回チケットが取れず諦めたWicked、やっと観れました!

あれから10年前、ロングラン万歳! 
チケットは2Fドレスサークル1番前の列、舞台向かって右側です。
上映時間約2時間45分。


最寄駅;Victoria Station
出口さえ間違わなければ出て目の前なのですが・・・
劇場下見に行ったときはすぐ行けたのに、
肝心の当日に出口を間違えて、ここはどこ?!状態に(大汗)。

主人が近くのお店に入って店員さんに聞いてくれたら、
親切な店員さんが店から出てきて説明、
しかも劇場が見えるところまで一緒に来てくれました。ありがとう!!


テーマカラー(というの?)のグリーン一色です

パンフを探さなきゃ!


席から観た劇場は、こんな感じで良く観えました!

本当は1F席前列が良かったのですが高くて断念(涙)。
1F席は年齢層が高く、2F席は若者が多かったです。 


ビックリしたのはドレスサークルの壁(というの?1番前にある低い仕切り)の上に、
飲み物を置く人が大勢いたこと!

下に落ちるかもしれないし、そしたら真下の人はびしょ濡れになる!?

今後、1F席を取る時はドレスサークルよりはるか前の席にしよう、高くても、
と強く思った瞬間でした。




GETしたパンフ(右の本は大英博物館で買ったルイス・キャロルについての本)。
ストーリーは有名なので割愛します。Wikipediaをどうぞ→★
お子様から大人まで楽しめる内容です。


(画像参照元;http://www.atgtickets.com/shows/wicked/apollo-victoria-theatre/
グリンダ(Glinda); Sophie Evans

グリンダの特徴のある笑い方、おじぎの仕方、話し方。
エルファバも特徴があったのですが、グリンダにばかり目がいきました。


(画像参照元;http://www.atgtickets.com/shows/wicked/apollo-victoria-theatre/
エルファバ(Elphaba); Alice Fearn

超個人的感想


エルファバが聡明で、グリンダは浮ついている、
ように描かれているけれど、本当にそうかなあ。

グリンダは周りが良く見えるから、どうすればいいかを客観的に考えられるけど、

エルファバはぐーっと集中してしまうので周りが見えず、その結果良かれとしたことが裏目に出てる

気がしました。

もちろん、

グリンダは気まぐれでわがままでもあるのだけれど、
自分が「普通」だと思っていないことを受け入れられる柔軟さを持って

います。

愛する男性から愛されることより大勢からの支持を選んだ、のではなく、
そうするしかなかった、ような気がします。


緑色の肌のせいで親からも、他の人からも「愛されない」と思い込んでいるエルファバ。
みんなに愛されるグリンダも、「愛される努力をして愛される存在となった」ような気がします。
もしかしたら、

心の奥では「努力しないと愛されない」と思い込んでいるのかもしれません。
二人は似ていると思います。




(画像参照元;http://www.atgtickets.com/shows/wicked/apollo-victoria-theatre/

うんと昔はネットでチケットの予約しかできず、
印字した用紙を窓口でチケットに交換しなきゃいけなかったけど、
今は印字した用紙=チケットで超便利!



事前に予約したチケットDress Circle  A6, A7  £117.50
パンフレット £8






↑をフォローで記事がUPされるとTLに!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


***************************************************
This article was written by https://www.fukumasu.net
スポンサーリンク


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9859218188140218"
data-ad-slot="5867480135"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">


***************************************************
WEB上でアロマの基本を学ぶ →★
無料アロマテラピーレッスン
●【練るだけアロマ石鹸】 →★
●【混ぜるだけアロマ香り袋】 →★
●【無水エタノール、精製水の代用品でアロマルームスプレー作成】 →★
●【イソジンの代用品に うがい用ハーブチンキ作成】 →★
アロマでホメオ(精油リーディング)について →★
***************************************************
クラッカー【メールでアロマ】
こちらの「アロマに関する質問や相談をしたい」をご覧ください
●精油を買う前に
●こんな時はどうするの?
●目的に合ったブレンドレシピは?
●資格について知りたい、等々
バースエッセンシャルオイル(その人の精油)を知りたい方も、こちらをご利用ください
***************************************************

英国旅行<食事編>サファリがテーマのアフタヌーンティー@The Montague on the Gardens



これからのんびりと2017年GWに行ったロンドン旅行の記事をあげていきます


少しでも参考になれば、嬉しいです♪

その他の記事をご覧になりたい方は、目次をどうぞ→★


-------------------------------------------


The Montague on the Gardens
15 Montague St, Bloomsbury, Camden, WC1B 5BJ London, United Kingdom
+44 (0)207 637 1001
bookmt@rchmail.com

宿泊したThe Montague on the Gardensは、

コンサバトリー/conservatory (温室)でのアフタヌーンティーがオススメ

と有名らしいので、滞在期間中に絶対アフタヌーンティーをしようと思っていました。

そして、なんとも珍しい

サファリがテーマのアフタヌーンティー「Safari Afternoon Tea」!

これは予約するでしょう。


コンサバトリー/conservatory (温室)

指定しなくても、Conservatoryに通してくれました。


コンパクトなので、静かに楽しみたいならお茶の時間を避けたほうが無難です。


メニュー1

アフタヌーンティーだけとカクテル付があるのですが、

動物の足跡柄のカクテルに興味津々でカクテル付をオーダー。




茶葉のケースを渡され、香りを嗅いで好きなのを選んでね!と

せっかくだからと飲んだことがない珍しい香りのもの、Emerald Dragonを選びました。
中国茶よりだなあ、とは思ったものの、烏龍茶の種類だったんですね(汗)。
どうりでスッキリした味わいなわけだ。
普通の烏龍茶よりは軽い味でスッキリ爽やか、そして華やかな香りでした。


Leopard Cocktail ;
African inspired cocktail with Amarula cream liquor decorated with leopard spots and paw print
と三段トレイ

写真だと分かりにくいかもしれませんが、カクテルが大きい!

そして甘い!でも、お酒が強いです。


Egg mayonnaise and mustard cress、 Smoked Scottish salmon、
African spiced chicken and apricot、 Cucumber, cream cheese and chive、
Butterfly apple and cinnamon cupcake、 Edible dirt, rum pannacotta with ginger beer jelly、
Mango and kiwi tart、 Giraffe macaron with salted caramel、 Leopard citrus entremets、
Vanilla cheesecake、 Toasted coconut mousse、 Banana meringues

もう、どれもこれも美味しい!!

がっつり甘い系だけかと思いきや、爽やか系もあってよかったです。


スコーンとお茶
Traditional plain scone、Fruit scone
 served with homemade strawberry preserve and clotted cream


ここのスコーン、とても美味しいです!

残ったスコーンはお持ち帰りにしてもらいました。
持帰りを頼んでいるのに、

「もっとスコーンいりますか?サンドイッチのお替りはいかが?」

と聞いてくれましたよ。
もう、食べられないです。お腹いっぱい。

たっぷり出たミルクを使えなかったのが心残り(涙)。


最近流行の「フォトジェニック」というには色が少し地味だけど、
味は、とても美味しかったです!


記念撮影してもらいました

このホテルのアフタヌーンティーが

便利なのは利用が12時~18時までOKなこと

ランチや早めの夕食に利用できるので嬉しいです、


メニュー2

他に伝統的なアフタヌーンティー、クリームティーがあります

お子様用のメニューもあるので、お子様連れには嬉しいと思います。



サファリアフタヌーンティー(カクテル付)45 x 2
の合計 £90





↑をフォローで記事がUPされるとTLに!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


***************************************************
This article was written by https://www.fukumasu.net
スポンサーリンク


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9859218188140218"
data-ad-slot="5867480135"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">


***************************************************
WEB上でアロマの基本を学ぶ →★
無料アロマテラピーレッスン
●【練るだけアロマ石鹸】 →★
●【混ぜるだけアロマ香り袋】 →★
●【無水エタノール、精製水の代用品でアロマルームスプレー作成】 →★
●【イソジンの代用品に うがい用ハーブチンキ作成】 →★
アロマでホメオ(精油リーディング)について →★
***************************************************
クラッカー【メールでアロマ】
こちらの「アロマに関する質問や相談をしたい」をご覧ください
●精油を買う前に
●こんな時はどうするの?
●目的に合ったブレンドレシピは?
●資格について知りたい、等々
バースエッセンシャルオイル(その人の精油)を知りたい方も、こちらをご利用ください
***************************************************

英国旅行<買い物編>自然史博物館内SHOPでお買い物/限定PRESTATが!ドードーグッズが!



これからのんびりと2017年GWに行ったロンドン旅行の記事をあげていきます


少しでも参考になれば、嬉しいです♪

その他の記事をご覧になりたい方は、目次をどうぞ→★


-------------------------------------------

Natural History Museum
Cromwell Road
London SW7 5BD
Open daily 10.00-17.50
Last entry 17.30
Closed 24-26 December


V&A、科学博物館のすぐ近くです


最寄駅のSouth Kensingtonから地下道直結でV&Aに行き、
中を通って別のところから出て行きました。(目の前が自然史博物館)


SHOPの入り口

館内も広いのですが、SHOPも広かった!



ドードー!

ドードーグッズも売っていました!

Prestatとコラボしたチョコも!
オレンジ色の方はドードー柄でホットチョコレートです。



ドードーグッズのトートバッグとペンギン柄トートバッグを

悩んだ挙句、ペンギン柄にしました。

ドードー柄より布地が厚く、しっかりした作りなのに、ドードー柄より安かったので。

Prestatチョコは板チョコを買いました。
ああ、でも、今記事を書きながら思うのは、板チョコ以外も買っておけばよかったなあ。

旅先では「欲しい」と思ったら買っておかなきゃ、ですね。



奥の青いバッグが自然史博物館の不織布バッグです。


フロアマップ
(参照元;http://www.nhm.ac.uk/content/dam/nhmwww/visit/Galleriesandfloorplans/nhm_map_aug_2015.pdf
自然史植物館の広さは、これを見ればよくお分かりいただけるかと。
(クリックすると大きな画像になります)


チョコバー3x2、ポケットミラー4、布バッグ20、不織布バッグ2
の合計 £32





↑をフォローで記事がUPされるとTLに!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


***************************************************
This article was written by https://www.fukumasu.net
スポンサーリンク


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9859218188140218"
data-ad-slot="5867480135"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">


***************************************************
WEB上でアロマの基本を学ぶ →★
無料アロマテラピーレッスン
●【練るだけアロマ石鹸】 →★
●【混ぜるだけアロマ香り袋】 →★
●【無水エタノール、精製水の代用品でアロマルームスプレー作成】 →★
●【イソジンの代用品に うがい用ハーブチンキ作成】 →★
アロマでホメオ(精油リーディング)について →★
***************************************************
クラッカー【メールでアロマ】
こちらの「アロマに関する質問や相談をしたい」をご覧ください
●精油を買う前に
●こんな時はどうするの?
●目的に合ったブレンドレシピは?
●資格について知りたい、等々
バースエッセンシャルオイル(その人の精油)を知りたい方も、こちらをご利用ください
***************************************************

英国旅行<見学編>本家の自然史博物館は博物館というよりテーマパーク!



これからのんびりと2017年GWに行ったロンドン旅行の記事をあげていきます


少しでも参考になれば、嬉しいです♪

その他の記事をご覧になりたい方は、目次をどうぞ→★


-------------------------------------------

Natural History Museum
Cromwell Road
London SW7 5BD
Open daily 10.00-17.50
Last entry 17.30
Closed 24-26 December


V&A、科学博物館のすぐ近くです

最寄駅のSouth Kensingtonから地下道直結でV&Aに行き、
中を通って別のところから出て行きました。(目の前が自然史博物館)

日本に目玉が来ちゃってるしなあ、なんて心配は無用でした!

とにかく面白い!見るだけでなく体感型の、これは博物館というよりテーマパークです!



入り口と入ってすぐのエスカレーター

そして広いのなんの!

中で今、自分がどこにいるのか迷子になれるほどです。
事実、

要所要所に地図もあるし、スタッフがいて現在地と行きたい場所を教えて

くれます。


阪神・淡路大震災の様子を模擬体験できるブース

子供たちは何のことかわからず、揺れるのが楽しくて体験してるのかもしれないけれど、
「勉強」や「知識」として知ってもらおうというより、

「興味をもって知ってもらう」というのが素敵だなと思いました。


震災を直接体験したわけではありませんが、
あの日TVで見た光景とあの時受けた衝撃を今でも忘れることができません。
連絡がつくまで辛い思いをしました。

神戸で生まれ育った者として、遠く離れた地で伝えていってくれてることが嬉しかったです。




色んな展示があり、

「見る」だけでなく「触ることができる」ものも多いので、ワクワク

します。



触ると変化するものって、大人がしても楽しいですよね。



日本だと「触る」系の展示物には、子供が大勢いて遠くから眺めることしかできません。
そこそこ混んでいたのですが、広いおかげで1つの展示物に人がワラっといる、
ということがないので、少し待てばゆっくり観ることができます。



左の写真は、バッグ(というの?)を1つ1つ開けていくことができます。
真ん中の看板(というの?)がツボ!


広い館内にはいくつかカフェがあります

疲れたな、と思う頃にカフェが見えてくるのもすごいです。
だいたいこの辺りで疲れてくるだろう、と計算されて設置されてるのかしらん。


ドードー(テンション上がる)!

ドードーに関しては、上野での展示の方が良かったです。
あちらは動くドードーも観れたもの。

上野の展示レポート;「大英自然史博物館展」@国立科学博物館(上野)内覧会レポートは、
こちら→★<1>→★<2>



いくつかあったカフェの中で、ここが一番雰囲気が良かったです

内装が素敵!
多分、Central Café→★
Blue Zone. Open 10.00-17.30



本当に広くて広くて、この

後で科学博物館にも行きたかったのですが、疲れて断念しました

子供が好きそうな怪獣がいるカフェ(写真中央)もありましたよ。
写真右を見てください!こんな案内人(図)、日本では考えられない!



写真中央と右側の辺の展示の方法、上野の国立科学博物館に似てません?


フロアマップ
(参照元;http://www.nhm.ac.uk/content/dam/nhmwww/visit/Galleriesandfloorplans/nhm_map_aug_2015.pdf
自然史植物館の広さは、これを見ればよくお分かりいただけるかと。
(クリックすると大きな画像になります)



↑をフォローで記事がUPされるとTLに!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


***************************************************
This article was written by https://www.fukumasu.net
スポンサーリンク


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9859218188140218"
data-ad-slot="5867480135"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">


***************************************************
WEB上でアロマの基本を学ぶ →★
無料アロマテラピーレッスン
●【練るだけアロマ石鹸】 →★
●【混ぜるだけアロマ香り袋】 →★
●【無水エタノール、精製水の代用品でアロマルームスプレー作成】 →★
●【イソジンの代用品に うがい用ハーブチンキ作成】 →★
アロマでホメオ(精油リーディング)について →★
***************************************************
クラッカー【メールでアロマ】
こちらの「アロマに関する質問や相談をしたい」をご覧ください
●精油を買う前に
●こんな時はどうするの?
●目的に合ったブレンドレシピは?
●資格について知りたい、等々
バースエッセンシャルオイル(その人の精油)を知りたい方も、こちらをご利用ください
***************************************************

英国旅行<食事編>フォトジェニックで有名なV&Aカフェ@ヴィクトリアアンドアルバート博物館



これからのんびりと2017年GWに行ったロンドン旅行の記事をあげていきます


少しでも参考になれば、嬉しいです♪

その他の記事をご覧になりたい方は、目次をどうぞ→★


-------------------------------------------

V&A (Victoria & Albert) Museum
Cromwell Road,
London SW7 2RL
+44 (0)20 7942 2000
contact@vam.ac.uk
Daily: 10.00 - 17.45
Friday: 10.00 - 22.00
Admission to the V&A is free

Café→★
Daily: 10.00 – 17.15
Friday: 10.00 – 21.30


自然史博物館、科学博物館のすぐ近くです

最寄駅のSouth Kensingtonから地下道直結でV&Aに行くことが出来ます。


地下道直結の入り口

入り口手前で荷物検査を受けます

表の入り口より空いてると思われるので、オススメです。
(後で表の入り口も使ったけど、ちょっと混んでた)

お目当てはフォトジェニックで有名なカフェ!



作品に魅かれながらも、がしがし歩いていきます。


カフェの入り口

白いシンプルなスペース、GanbleRoom、Morris Room、Poynter Roomがあります



フォトジェニックで有名なのはGanbleRoom(ギャンブル・ルーム)

写真だけ撮りました。
ゴドフリー・サイクス(Godfrey Sykes) がデザイン、
彼の死後に弟子のジェイムズ・ギャンブル(James Gamble)が仕上げたのだそうです。


ウィリアム・モリス(William Morris)がデザインしたMorris Room(モーリス・ルーム)

わたしたちは

Morris Room を利用しました。Ganble Roomの奥がそうです

人気の部屋はあっという間に満席になるので、お早めに~。


エドワード・ポインター(Sir Edward John Poynter)がデザインを手がけた
Poynter Room(ポインター・ルーム)


写真だけ撮りました。今度は、この部屋を利用したいなあ。


V&Aカフェは暖かいメニューは11時~

それ以外はカフェオープンから利用OKです。


社食と同じ方式で、好きな物を選んで、最後にレジに持って行って支払い。


カトラリーもそこにありました。


左の手前:ラザニア、スコーン、ラテ
右:ローストチキン、アーモンドクロワッサン、クロワッサン、コーヒー

スコーンが巨大!

なのに、ラザニアにパンがついてきてしまうといふ・・・
パンは主人に食べてもらいました。



HOTMEALではラザニア以外を選ぶと、副菜を2種類選べるみたいです。
この日も寒かったので(5月は寒かった)暖かい食べ物と飲み物が嬉しい。
そして美味しかった~!

お腹も満たされたことだし、カフェの後自然史博物館へ行きました。


V&Aのお庭(1)


V&Aのお庭(2)

次回は、V&Aをじっくり観たいぞぅ!




ローストチキン11.95、アーモンドクロワッサン2.05、
クロワッサン1.95、珈琲2.85で主人の合計 £18.80
ラテ2.85、ラザニア10.25、スコーン3.25でわたしの合計£16.35





↑をフォローで記事がUPされるとTLに!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


***************************************************
This article was written by https://www.fukumasu.net
スポンサーリンク


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9859218188140218"
data-ad-slot="5867480135"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">


***************************************************
WEB上でアロマの基本を学ぶ →★
無料アロマテラピーレッスン
●【練るだけアロマ石鹸】 →★
●【混ぜるだけアロマ香り袋】 →★
●【無水エタノール、精製水の代用品でアロマルームスプレー作成】 →★
●【イソジンの代用品に うがい用ハーブチンキ作成】 →★
アロマでホメオ(精油リーディング)について →★
***************************************************
クラッカー【メールでアロマ】
こちらの「アロマに関する質問や相談をしたい」をご覧ください
●精油を買う前に
●こんな時はどうするの?
●目的に合ったブレンドレシピは?
●資格について知りたい、等々
バースエッセンシャルオイル(その人の精油)を知りたい方も、こちらをご利用ください
***************************************************

↑このページのトップヘ