ふくちゃんのアロマな生活

特技:精油リーディング、食べ歩きが好きなアロマテラピーインストラクターのゆる~い日常


アロマに関する内容(写真含)は、無断での転用、引用、転載を禁止してます           
アロマ以外の内容の引用や転載の際は、記事URLの記載をお願いします♪(転用NG)

記事は全て予約投稿(早くて体験から2~3か月後)です
※UP期日ありのイベント参加記事は、期日内にUPしています※

カテゴリ:event >

ブログネタ
舞台(演劇・ミュージカルなど全般)情報 に参加中!

実に4年ぶりの狂言!【狂言劇場 その九「武悪」「法螺侍」/「舟渡聟」「鮎」】@世田谷パブリックシアター


世田谷パブリックシアター
世田谷区太子堂4丁目1番地1号
03-5432-1526

前回の狂言のレポートは、こちら →★(2017年体験)

前回のパブリックシアターのレポートは、こちら →★(2019年体験)





舟渡聟(ふなわたしむこ)

「舟渡聟(ふなわたしむこ)」の話は、こちらを →★

何がすごいって野村万作氏、野村萬斎氏、野村裕基氏の親子三代の舞台です!


裕基さんの声が萬斎さんの声にそっくりで驚きました。
祖父と孫での舞台って、父と子とはまた違った感覚なのでしょうか。
演じるサイドが気になります。

万作さんの年齢90歳というのに、驚き!あの動き、活舌の良さ!


このお話もとても愉快です。
船の上でのやりとり、お屋敷でのやりとりが楽しいです。



鮎は新作狂言です。現代劇と一緒になったような作品。

池澤夏樹(作家)氏の作品を萬斎さんが演出した狂言になります。

鮎の動きがユニークで、話全体もとても面白いです。
最後のシーンでいっきに現代へと飛びます。


要所要所の小吉のキメ顔も面白いです。


2F席前から2列目からの眺め

狂言は本当に楽しい舞台です

狂言を観に行ったというと、よく言われるのが「分かるの?」なのですが、
この「分かる」は何を指しているんやろう。
セリフが理解できるか、なのか、狂言を狂言として理解しているのか、なのか。



セリフの言い回しは独特ですが、日本語なわけやし、だいたいは理解できます。
もとより、動きがユーモラスな話が多く、観てるだけで話はわかります。

狂言とは知らずに知っている物語も多いです

単純に楽しい舞台として楽しめばいいのになあ。




↑をフォローで記事がUPされるとTLに!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


***************************************************
This article was written by https://www.fukumasu.net
スポンサーリンク

***************************************************
WEB上でアロマの基本を学ぶ →★
無料アロマテラピーレッスン
●【練るだけアロマ石鹸】 →★
●【混ぜるだけアロマ香り袋】 →★
●【無水エタノール、精製水の代用品でアロマルームスプレー作成】 →★
●【イソジンの代用品に うがい用ハーブチンキ作成】 →★
アロマでホメオ(精油リーディング)について →★
***************************************************
クラッカー【メールでアロマ】
こちらの「アロマに関する質問や相談をしたい」をご覧ください
●精油を買う前に
●こんな時はどうするの?
●目的に合ったブレンドレシピは?
●資格について知りたい、等々
バースエッセンシャルオイル(その人の精油)を知りたい方も、こちらをご利用ください
***************************************************

去年の感動が忘れられず、再び!「笑福亭鶴瓶落語会」@TBS赤坂ACTシアター




(画像参照元;https://atari.co.jp/turuberakugo2020/

笑福亭鶴瓶落語会


TBS赤坂ACTシアター
港区赤坂5丁目3−2 赤坂サカス内

何度か鶴瓶さんの落語は聴きに行っていますが、落語会は去年が初参加でした

というのも、今までチケットが取れなかった(涙)。

去年のレポートは、こちら →★(2019年)



去年から事前に案内が届くようにしていたので、その案内に従ってチケットを予約。
それでもねえ・・・平日しか取れなかったの・・・


落語の演目は、
【かんしゃく】と【らくだ】
でした。


「かんしゃく」は去年と同じ演目でしたが、
内容が少し違っていたような気がします。
毎回アレンジをしているのかなあ。

鶴瓶噺ショートバージョンも
前回と同じ内容がいくつか入っていました。
落語中に倒れたおばあさんとか、「鶴瓶ちゃん、くずして」の人、
折り紙の人などなど。
何回聞いても面白いのが鶴瓶さんのすごいところです。



「らくだ」は若干の違和感を覚えながら聞いていたのですが、
帰宅後、他の人の感想を見ていて気付きました。

わたしにとっての初「らくだ」は談志さんやったんかあ!

今回の「らくだ」は最後に生き返るという話になっているとはいえ、
落語家さんでこんなにも変わるんやなあ、と思いました。


多分、この「らくだ」、これからもっと変わっていく気がします。
数年後に違いを体験するのが楽しみです♪


(画像参照元;https://atari.co.jp/turuberakugo2019/

最初に洋服で出てきて鶴瓶噺ショートバージョンはあるし、
落語を3つも聞けるし、
お土産までいただけるし、
で盛沢山
の舞台なので、落語会、めっちゃオススメです♪

一つだけ困ったというか改善して欲しい点は、
緊急連絡先の記入(チケット半券へ) →★
又は事前にフォームへ入力の件
 →★ は、
各チケット会社からチケット購入者に事前に連絡が欲しかったこと。
たまたま、サイトを見て知り、事前に準備していきましたが、
やはり当日現場で知る方が多く、入場がゴタゴタしていました。




↑をフォローで記事がUPされるとTLに!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


***************************************************
This article was written by https://www.fukumasu.net
スポンサーリンク

***************************************************
WEB上でアロマの基本を学ぶ →★
無料アロマテラピーレッスン
●【練るだけアロマ石鹸】 →★
●【混ぜるだけアロマ香り袋】 →★
●【無水エタノール、精製水の代用品でアロマルームスプレー作成】 →★
●【イソジンの代用品に うがい用ハーブチンキ作成】 →★
アロマでホメオ(精油リーディング)について →★
***************************************************
クラッカー【メールでアロマ】
こちらの「アロマに関する質問や相談をしたい」をご覧ください
●精油を買う前に
●こんな時はどうするの?
●目的に合ったブレンドレシピは?
●資格について知りたい、等々
バースエッセンシャルオイル(その人の精油)を知りたい方も、こちらをご利用ください
***************************************************


(画像はチラシより)

偶然、素敵なイベントを見つけたので行く筈でした。
このイベントは2月29日開催予定で、
ちょうど日本国内でもコロナウイルス感染者が増えだし、
都知事が、3月15日までの3週間を「感染拡大防止の重要期間」とし、
都主催のイベントのうち
(1)屋内で行われるもの
(2)大規模なもの
(3)食事を伴うもの
を原則として延期か中止とする方針を発表
した頃でした。

楽しみにしていたので残念でしたが、仕方がありません。
中止になったイベントの予告編は、こちら →★
本編は、こちら →★(日本語字幕付1時間強)


---------------------------

うーんと昔、ウェールズに行ったことがあります。
ネットがこんなに普及していなかった時代に、
ホテルにハガキで予約をし、ロンドンから予約確認の電話をしました。

行ってみたら、あてがわれた部屋が予約したものとは違い、
荷物を持ちフロントへ文句を言いに行ったら値段を下げてくれた、
という強烈な思い出があります。


アリス一家が使っていた別荘がホテルになり、
長年地元の人たちやアリスファンに愛されていました。
Llandudno(スランドゥドゥノ)にあったのですが、
2009年に取り壊されていました(悲しひ・・・)
BBSの記事より →★

ホテルの近くには、不思議の国のアリスに出てくる
ウミガメが泣いていた海岸があったり、
白うさぎの銅像があったり、アリスの館(展示物などがある所)があったり
して、アリスファンにはたまらない所でした。

当時Llandudno(スランドゥドゥノ)はイギリスに住むご老人たちが
避暑地に選んでのんびりしに来る場所だったようで、
歩いてても東洋人を一人も見かけませんでした。


ホテルの部屋ではモメたけれど、
その後快適に過ごすことが出来、
アリスの肖像画が飾ってあるロビーでアフタヌーンティーをしたり、
ホテルのレストランで夕食を取ったり
して楽しみました。

また、いつか行くつもりだったのに、
もうなくなってしまったので行くことができません。
行きたい、と思ったら、なるべく早く行った方がいいのだなあ、
と思いました。



↑をフォローで記事がUPされるとTLに!



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


***************************************************
This article was written by http://www.fukumasu.net
***************************************************
下記すべてのレッスンの詳細はこちら
ドキドキfacebookにて、アロマに関する話を掲載中~!ドキドキ

5月はレッスンをお休みいたします
年間スケジュール予定は、こちら→★
WEB上でアロマを学ぶ→★

~~ <アロマでホメオ(精油リーディング)>:場所は銀座(歌舞伎座近く) ~~~
次回募集(11月頃)までお待ちください
「アロマでホメオ」、バースカラー、バースEOについて →★
バースカラーシートだけ欲しい方は、
<メールでアロマ>※割引対象外※をご利用ください →★

~~ 手作り系:場所は銀座(歌舞伎座近く) ~~~
次回募集(6月頃)までお待ちください
今年で最後になります


***************************************************
クラッカー【メールでアロマ】
こちらの「アロマに関する質問や相談をしたい」をご覧ください
●精油を買う前に
●こんな時はどうするの?
●目的に合ったブレンドレシピは?
●資格について知りたい、等々
バースエッセンシャルオイル(その人の精油)を知りたい方も、こちらをご利用ください
***************************************************

初!生さんま!「七転抜刀!戸塚宿」@シアターコクーン




シアターコクーン


渋谷区道玄坂2丁目24-1 Bunkamura

観に行ってきた舞台は、

【七転抜刀!戸塚宿】
出演:明石家さんま、中尾明慶、山西 惇、温水洋一、
   八十田勇一、犬飼貴丈、吉村卓也、加瀬澤拓未、
   粂川鴻太、佐藤来夏、佐藤仁美



(画像参照元;https://sunrisetokyo.com/detail/8424/

明石家さんまを一度生で観てみたい!

さんまさんが定期的に行っているお笑いの舞台を観たかったのですが、いつもあっという間にチケットが売り切れる。
これも取れるかなあ・・・と心配していたら2F席が取れたので行って来ました♪



2F席でも、この眺めなら充分じゃないですか~?

少し落ち着かないのは、すぐ後ろが立見席、ということでしょうか。

土曜日なのに劇場には数名の芸能人の方が。

その内の島崎和歌子さんが、変装なし、マスクなしでなんて潔い!
観劇直前までマスクしませんでした。
直前まで他の方とお話されていたので、マスクをして話すのは・・・
ということで直前までマスクをしていなかったのかも。
かっこいい~。素敵すぎます!
(実物もめっちゃ美人!)



舞台は江戸から明治に変わる時

時代の移り変わりに翻弄され、取り残され、
それでも全てを受け入れて、強く生きていく人たちのお話です。



舞台中の「他人を殺してまで守るプライドって何なのでしょう」
にグっときました

(正確には、こうではなかったかも知れません。このような意味合いのセリフです)

相手を助けるためについた嘘が、少なからず相手を縛り付けていた
切ない事実

とはいえ、本当のことを話したところで丸く収まらない時代背景。

国を良くしたい、みんなの為にと頑張ったのに、
人を傷つけることになり、自らも傷つくことになる人

大切に思うからこそ、突き放す男。
好いた人を守るために、法律まで作らせた女


楽しいだけではない、色々考えさせられる、今の時代にピッタリな内容でした




個人的には、「チ〇〇」のくだりが長すぎたかな~。

大竹しのぶさんが客席から走り出てきて舞台に上がり、さんまさんの頭をはたいて戻っていったのには、驚きました!

もう、本当に、これ以上ない絶妙なタイミングで走ってきて、
そして走り去って行かれましたよ。

休憩なしの2時間45分は ちと辛かったけど、生さんまさんは本当にすごいです

一度体験することをオススメします。

でも、吉本新喜劇が苦手な人はダメかも?




舞台の前には、こちらでシアターメニューをいただきました →★


チケット提示で500円OFF!ショートコースなので観劇に間に合います)



↑をフォローで記事がUPされるとTLに!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


***************************************************
This article was written by https://www.fukumasu.net
スポンサーリンク


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9859218188140218"
data-ad-slot="5867480135"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">


***************************************************
WEB上でアロマの基本を学ぶ →★
無料アロマテラピーレッスン
●【練るだけアロマ石鹸】 →★
●【混ぜるだけアロマ香り袋】 →★
●【無水エタノール、精製水の代用品でアロマルームスプレー作成】 →★
●【イソジンの代用品に うがい用ハーブチンキ作成】 →★
アロマでホメオ(精油リーディング)について →★
***************************************************
クラッカー【メールでアロマ】
こちらの「アロマに関する質問や相談をしたい」をご覧ください
●精油を買う前に
●こんな時はどうするの?
●目的に合ったブレンドレシピは?
●資格について知りたい、等々
バースエッセンシャルオイル(その人の精油)を知りたい方も、こちらをご利用ください
***************************************************

やっと関西弁の落語が体験できる!?「笑福亭鶴瓶落語会」@TBS赤坂ACTシアター




(画像参照元;https://atari.co.jp/turuberakugo2019/

笑福亭鶴瓶落語会


TBS赤坂ACTシアター
港区赤坂5丁目3−2 赤坂サカス内

鶴瓶さんの落語初体験時のレポートは、こちら →★(2016年)


この時、鶴瓶さんいわく「江戸弁」の落語(演目;山名屋浦里)だったため、
違和感の方が強くて楽しめなかったんです・・・

鶴瓶さん関連の前回のレポート「鶴瓶噺」は、こちら →★(2019年)



今回の演目は、明烏(あけがらす)、かんしゃく、山名屋浦里

でした。
そう!山名屋浦里は2回目です。

山名屋浦里が歌舞伎になった舞台も観に行ったことがあります。→★(2016年)



明烏(あけがらす)も山名屋浦里も色街の話ですが、
明烏は面白い話、山名屋浦里はじんと来る話です。

かんしゃくは、お師匠さんの古典落語「癇癪(かんしゃく)」をベースに
アレンジ
してあるそうです

鶴瓶噺やその他番組で聞いたことがある内容も出てきます。
→ お師匠さんが何を言っているのかわからないまま、弟弟子に伝えるくだり。

やっぱり鶴瓶さんは関西弁がいいですね~

始めて山名屋浦里を聞いた時は、違和感の方が勝ってしまって、
????という感じでした。
明烏も かんしゃくも関西弁の落語だったので、すんなり入ってきました。
※わたしが関西人だから関西弁がすっと入ってくる、という意味ではなく、
 鶴瓶さんが関東弁を話しているのに違和感がある、という意味です※


(画像参照元;https://atari.co.jp/turuberakugo2019/

山名屋浦里は基本関東弁なのですが、
1回目に聞いた時とは全然違う噺に思えるほど、違って感じました。
違和感は一切なく、噺にぐいぐい引き込まれます。
どの立場から物言うてるん?となるのですが、

鶴瓶さんが この噺を自分の物にしたんだな、というのがよくわかりました。



最初に洋服で出てきて鶴瓶噺ショートバージョンはあるし、
着物に着替えて落語を3つ、お土産までいただけるし、で盛沢山
の舞台でした。



舞台が始まるまでの間の緞帳のイラスト、
夕焼けに変わったり、人が動いたり
してたんですよ~。

しかも!バックに流れている曲が生演奏と生歌だったなんて!

本当に贅沢な舞台でした



また、ぜひ落語会に行きたい!!
他の日には死神をやったそうです。

鶴瓶さんの死神、めっちゃ聞いてみたいと思いました







↑をフォローで記事がUPされるとTLに!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


バースカラーシートがセルフ版なら半額!→★
本質を知ることができます(その人の色と精油、意味が記載)
自分の精油を予め与えて、ストレスに強くなるようにすることも!
HSPなどの他人の感情に敏感な方、引っ越し、転職、結婚、入学、入社など環境が変わる方にオススメ♪
***************************************************
This article was written by https://www.fukumasu.net
スポンサーリンク


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9859218188140218"
data-ad-slot="5867480135"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">


***************************************************
WEB上でアロマの基本を学ぶ →★
無料アロマテラピーレッスン
●【練るだけアロマ石鹸】 →★
●【混ぜるだけアロマ香り袋】 →★
●【無水エタノール、精製水の代用品でアロマルームスプレー作成】 →★
●【イソジンの代用品に うがい用ハーブチンキ作成】 →★
アロマでホメオ(精油リーディング)について →★
***************************************************
クラッカー【メールでアロマ】
こちらの「アロマに関する質問や相談をしたい」をご覧ください
●精油を買う前に
●こんな時はどうするの?
●目的に合ったブレンドレシピは?
●資格について知りたい、等々
バースエッセンシャルオイル(その人の精油)を知りたい方も、こちらをご利用ください
***************************************************

↑このページのトップヘ