ふくちゃんのアロマな生活

特技:精油リーディング、食べ歩きが好きなアロマテラピーインストラクターのゆる~い日常


アロマに関する内容(写真含)は、無断での転用、引用、転載を禁止してます           
アロマ以外の内容の引用や転載の際は、記事URLの記載をお願いします♪(転用NG)

記事は全て予約投稿(早くて体験から2~3か月後)です
※UP期日ありのイベント参加記事は、期日内にUPしています※

カテゴリ: aromatherapy

【アロマテラピー】火も電気も使わない超エコな芳香浴方法



精油には使用期限があります


皮膚に塗布する使用法で使った後に精油が余ったら、
芳香浴に使うことをオススメ
します。


この方法だと、精油をムダなく使うことができますよね。

各精油(エッセンシャルオイル)の作用、効果的な使い方は、こちら→★



芳香浴以外の方法が知りたい方は、下記をご覧ください。

【精油(エッセンシャルオイル)の使い方】アロマテラピー活用例は、こちら→★




さて、今回は、

火も電気も使わない超エコな芳香浴方法をご紹介します




【用意するもの】


●精油の瓶
●生活の木「デスクアロマ用木製スティック 3本入」




【方法】


(1)精油の瓶の外蓋を取る
(2)スティックを中蓋の真ん中の穴に差し込む

これだけです。

ね?簡単でしょう?

【注意点】


写真のように
スティックの先端が精油で濡れてくるので、
この部分を素手で触らないように
してください。
※お子様がいるご家庭では、先端が手に触れないように、
手の届かない場所に置く、など工夫してください※





↑をフォローで記事がUPされるとTLに!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


バースカラーシートがセルフ版なら半額!→★
本質を知ることができます(その人の色と精油、意味が記載)
自分の精油を予め与えて、ストレスに強くなるようにすることも!
HSPなどの他人の感情に敏感な方、引っ越し、転職、結婚、入学、入社など環境が変わる方にオススメ♪
***************************************************
This article was written by https://www.fukumasu.net
スポンサーリンク


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9859218188140218"
data-ad-slot="5867480135"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">


***************************************************
WEB上でアロマの基本を学ぶ →★
無料アロマテラピーレッスン
●【練るだけアロマ石鹸】 →★
●【混ぜるだけアロマ香り袋】 →★
●【無水エタノール、精製水の代用品でアロマルームスプレー作成】 →★
●【イソジンの代用品に うがい用ハーブチンキ作成】 →★
アロマでホメオ(精油リーディング)について →★
***************************************************
クラッカー【メールでアロマ】
こちらの「アロマに関する質問や相談をしたい」をご覧ください
●精油を買う前に
●こんな時はどうするの?
●目的に合ったブレンドレシピは?
●資格について知りたい、等々
バースエッセンシャルオイル(その人の精油)を知りたい方も、こちらをご利用ください
***************************************************

各精油(エッセンシャルオイル)の作用、効果的な使い方


※アメブロのアロマ系記事を移動、再掲載にあたり古い情報を訂正してUPしていますが、
今後 ●リンク切れになっていた
    ●情報が古くなっていた   らすみません※




【精油;エッセンシャルオイル の 作用】


インターネットでも簡単に検索ができます。
知りたい「精油の名前」 「作用」と検索してみてください。

一部の精油の作用については当方のサイトにも掲載してあります →★


作用以外の情報を知りたい場合は、以下のご希望精油のリンクをクリックしてください。
イランイラン、オレンジ、クラリセージ、 グレープフルーツ、サンダルウッド、ジュニパーは、こちら→★
ゼラニウム、ティートゥリー、フランキンセンス、ペパーミント、ベルガモット、マジョラムは、こちら→★
ユーカリ、ラベンダー、レモン、レモングラス、ローズマリーは、こちら→★



【精油;エッセンシャルオイル の 効果的な使い方】

最も効果的な使い方は、トリートメントです。


「嗅ぐことによる脳への直接的働きかけ」「呼気による吸収」「塗布による皮膚からの吸収」
と3種類の方法を同時に行うことができるからです。

<トリートメントオイルの作り方>


●キャリアオイル(基材用、もしくは化粧品として販売されている植物油)
●精油
を希釈率1%、「基材5:精油1」の割合で希釈して作成。

具体例/トリートメントオイル20mlを作成する場合
   キャリアオイル20mlに精油4滴入れて、よくふって出来上がり!
使用期限は1ヶ月で、直射日光、高温多湿を避けて保管してください。
※3歳未満のお子様には使用できません。
3歳以上のお子様の場合は、「基材10:精油1」の割合で計算してください※

※上記の計算方法は精油瓶にドロッパーがついているものを使用の場合です。
 ドロッパーがついていると1滴が0.05ml出るようになっていますが、スポイトの場合は、
 そのスポイトの1滴の量に合わせて計算してください※
※上記の使用期限は精油、キャリアオイルともに商品に記載されている使用期限が1ヶ月以上あり、
かつ開封したて、を前提としています※

使用期限の詳しい説明については、こちら→★




精油には使用期限がありますので、

皮膚に塗布する使用法で使った後に
精油が余ったら、芳香浴に使うことをオススメ

します。
この方法だと、精油をムダなく使うことができますよね。

※この画像の芳香浴の方法は、こちら→★


精油に関する注意事項は、こちら→★の、<1><3><4><5><6>をご覧ください。



精油は薬ではありません!
雑誌やインターネットの記事などで精油の<効能>や<効果>を書いていたりしますが、
精油は薬ではないので効能や効果を記すことは薬事法ではNGです。

精油だけで悪いところを治そうとはしないで、明らかに不調の場合は必ず病院へ行ってください。


また、原液は決して直接肌に塗布しないでください。
精油を飲むこともオススメしません。



作用の仕方も人それぞれで、ラベンターでリラックスできる方もいれば、
ラベンダーではリラックスできず、イランイランの方がリラックスできる、
という方もいらっしゃいます。

欲しい作用でも、ご自分の苦手な香りだと気分が悪くなることもあります。


作用だけにとらわれず、正しい使い方で自由にアロマテラピーのある生活を楽しんでください。




↑をフォローで記事がUPされるとTLに!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


***************************************************
This article was written by https://www.fukumasu.net
スポンサーリンク


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9859218188140218"
data-ad-slot="5867480135"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">


***************************************************
WEB上でアロマの基本を学ぶ →★
無料アロマテラピーレッスン
●【練るだけアロマ石鹸】 →★
●【混ぜるだけアロマ香り袋】 →★
●【無水エタノール、精製水の代用品でアロマルームスプレー作成】 →★
●【イソジンの代用品に うがい用ハーブチンキ作成】 →★
アロマでホメオ(精油リーディング)について →★
***************************************************
クラッカー【メールでアロマ】
こちらの「アロマに関する質問や相談をしたい」をご覧ください
●精油を買う前に
●こんな時はどうするの?
●目的に合ったブレンドレシピは?
●資格について知りたい、等々
バースエッセンシャルオイル(その人の精油)を知りたい方も、こちらをご利用ください
***************************************************

精油(エッセンシャルオイル)のブレンドについて、ブレンドのコツ


※アメブロのアロマ系記事を移動、再掲載にあたり古い情報を訂正してUPしていますが、
今後 ●リンク切れになっていた
    ●情報が古くなっていた   らすみません※



アロマテラピーを仕事にしていて、一番多く受ける質問が「精油のブレンドについて」です


●ブレンドのコツ(ポイント)は?
●相性の良い精油、悪い精油が知りたい
●精油のブレンドで、してはいけない組み合わせはありますか
●ブレンドをして、イヤな香りになったりしませんか

などなど。

森の中や、自然の花畑でイヤな香りを感じますか?


森は木から出る香りに関係なく、自然の花畑は花から出る香りに関係なくあるのに、
イヤな香りを感じません。

自然にあるものは、もともとバランスが取れるようにできているのです。


では、精油はどうでしょう。

精油は自然の植物から抽出しているものです。


つまり、本来は精油と精油をブレンドしてイヤな香りになることがないのです。
イヤな香りだと思ったのなら、ノートを無視した配分にしてしまった、
もしくは自分が嫌いな香りを多く入れてしまった、ことが原因
です。

~ ブレンドのコツ(ポイント)~


重い香りを少なく、軽い香りを多く。


つまり、ベースノートを一番少なく、次にミドルノート、トップノートは一番多く入れるのです。

また、入れる順序も重い香りから、となります。


ブレンドのノートは、当方のサイトでも調べることができます。

イランイラン、オレンジ、クラリセージ、 グレープフルーツ、サンダルウッド、ジュニパーは、こちら→★
ゼラニウム、ティートゥリー、フランキンセンス、ペパーミント、ベルガモット、マジョラムは、こちら→★
ユーカリ、ラベンダー、レモン、レモングラス、ローズマリーは、こちら→★


※各精油プロフィールの「蒸散速度」の箇所を見てください※



~ ブレンドの際の注意点 ~


(1)ノートはバランスよく使う


重い香り同士のブレンドは、香りがキツくなりがちなので、
ベースとトップ、ミドルとトップなどトップノートをブレンドに多く加えると良いです。

(2)作用で選ばない;香りを重視して選ぶ


作用を得たいからと、好みでない(キライな)香りをブレンドに入れてしまうと
どうしてもブレンドの中のキライな香りだけが鼻についてしまい、
その結果ブレンドが失敗したかのように感じます

好みでない精油をどうしても使いたい場合は、
ブレンド総数10滴以上中1滴だけにしておくことをオススメします。


一般的に相性のよい組み合わせとされているのは、同じ系統の精油です


http://www.m-relax.co.jp/top/aroma_4.htm
など参照にしてください。

個人的には相性のよい組合せより、好きなようにブレンドするほうが好きですし、
生徒さんにはオススメしています。


相性がよい組合せだと、「どんな香りになるんだろう」のワクワクが減っちゃう気がして。
「相性」で行くと正反対のものどうしても、滴数を加減したり他の精油を加えることによって、
ステキな香りになる
ことが多いんです!

せっかくの無限の可能性を狭めてしまうのは、もったいないかな・・・と(笑)。




さて、ここでは作用と好みによるブレンド方法をご紹介しましたが、実はもう一つ方法があります。

「ホメオスタシスを利用する方法」


違いは、「自分の心と体に、必要な精油を教えてもらう」という方法です。


何種類かの精油を順に嗅いでいき(この時精油の名前は見えないように)、
嗅いだときに体にスっと入るものを残していく。
最終的に2種類、もしくは3種類に絞る
、というものです。

セレクトされた精油のブレンドのコツ(ポイント)は上記を同じで、ノートで配分を決めます。


セレクトされた精油から体の状態や心の状態を読み解くのは、経験と知識が必要なのですが、
セレクトした精油を使う、のはできますよね? ぜひ試してみてください。
また、読み解いて欲しい方がいらっしゃいましたら、ぜひご連絡を。
占いみたいで面白いですよ。

アロマでホメオ(精油リーディング)については、こちら→★






↑をフォローで記事がUPされるとTLに!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


***************************************************
This article was written by https://www.fukumasu.net
スポンサーリンク


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9859218188140218"
data-ad-slot="5867480135"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">


***************************************************
WEB上でアロマの基本を学ぶ →★
無料アロマテラピーレッスン
●【練るだけアロマ石鹸】 →★
●【混ぜるだけアロマ香り袋】 →★
●【無水エタノール、精製水の代用品でアロマルームスプレー作成】 →★
●【イソジンの代用品に うがい用ハーブチンキ作成】 →★
アロマでホメオ(精油リーディング)について →★
***************************************************
クラッカー【メールでアロマ】
こちらの「アロマに関する質問や相談をしたい」をご覧ください
●精油を買う前に
●こんな時はどうするの?
●目的に合ったブレンドレシピは?
●資格について知りたい、等々
バースエッセンシャルオイル(その人の精油)を知りたい方も、こちらをご利用ください
***************************************************

【アロマテラピーインストラクターとセラピストの違い】アロマテラピーの資格<上位資格公式テキストについて重要なお知らせあり>


※アメブロのアロマ系記事を移動、再掲載にあたり古い情報を訂正してUPしていますが、
今後 ●リンク切れになっていた
    ●情報が古くなっていた   らすみません※


※試験方法は時々改定されます。また検定テキストは定期的に改定されます。
ご自分が受験を考えた時点で、必ず最新の情報をAEAJへ確認、
また、受講しようと思っている学校にも確認をしてください


AEAJのサイトは、こちら→★

わたしはアロマテラピーインストラクターであってセラピストではないのですが、
時々セラピストに間違われます。


どこかに肩書きを記載される時以外はあえて訂正していません。

インストラクターとセラピストでは持っている資格も、することの内容も異なります


※AEAJでは持っていない資格の肩書きを名乗ることはもちろん、肩書きの省略もしてはいけません※
詳しくは、こちら→★

では、インストラクターとセラピストの違いとは何でしょう。
一言で違うと言うと
 

インストラクター⇒わたしのような講師(教える人)
 セラピスト⇒トリートメントを行う人


のことです。

他の協会のことは存じ上げないのですが、AEAJについては下記の通りです。
以下全て文章と画像の参照元はAEAJのサイトです。


インストラクターとは・・・


「アロマテラピー教育のスペシャリストとして、

安全なアロマテラピーの実践方法を一般の方に教授できる能力を認定する資格です。


精油の専門知識に加え、健康学や解剖生理学、メンタルヘルスなどに関する知識を習得し、
アロマテラピーの健康維持への役立て方や幅広い利用法を指導できる専門人材です。」

なるためには・・・


(1)アドバイザーを取得
 (アロマテラピー検定1級合格後、アドバイザー認定講習を受講、AEAJに入会で取得可能)
※アドバイザーについての過去記事は、こちら→★
(2)AEAJ認定校でインストラクター講座を受講
(3)年に2回(3月と9月)に行われるインストラクター試験受験
   試験はマークシートです
   受験料¥5140(税込)
   試験スケジュールはこちら→★
(4)合格後、登録手続き¥10,260(税込)

学ぶ項目は次の通り(試験も下記から出題されます)。
アロマテラピーの歴史、解剖生理学、タッチング論、ボランティア論、基材論、
健康学、メンタルヘルス、ホスピタリティとコミュニケーション、精油学総論、
精油学各論、アロマテラピー利用法、アロマテラピー教育


黄色い花インストラクターは独学可能?記事もご参考になれば幸いです。

=================================================================


セラピストとは・・・


「プロのアロマセラピストとして、

一般の方にアロマテラピートリートメントやコンサルテーションを
実践できる能力を認定する資格です。


精油の専門知識に加え、解剖生理学や皮膚科学に関する知識、トリートメント技術などを習得し、
ボディおよびフェイスへのアロマテラピートリートメントや
コンサルテーションを提供できる専門人材です。」

なるためには・・・


(1)アドバイザーを取得
 (アロマテラピー検定1級合格後、アドバイザー認定講習を受講、AEAJに入会で取得可能)
※アドバイザーについての過去記事は、こちら→★
(2)AEAJ認定校でセラピスト講座を受講
(3)年に2回(5月と11月)に行われるセラピスト学科試験受験
   試験はマークシートです
受験料¥5140(税込)
   試験スケジュールはこちら→★
(4)合格後、2年以内にボディトリートメント実技試験、およびカルテ審査を受験
(5)合格後、登録手続き¥10,260(税込)


学ぶ項目は次の通り(試験も下記から出題されます)。
解剖生理学、解剖生理学、衛生学、ボディトリートメント理論、
フェイストリートメント理論、ケーススタディ、基材論、健康学、メンタルヘルス、
ホスピタリティとコミュニケーション、精油学総論、精油学各論、アロマテラピー利用法、
コンサルテーション理論、コンサルテーション実技、カルテ作成指導、
ボディトリートメント実技、フェイストリートメント実技


=================================================================


ちなみに、いずれの資格の場合も今までは公式テキストがなく、
各学校が上記に沿った内容で独自にテキストを作成していましたが、

2017年1月25日からAEAJで公式テキストが販売されました→★


●アロマテラピーインストラクター・アロマセラピスト公式テキスト(共通カリキュラム)¥2700(税込)
●アロマテラピーインストラクター公式テキスト(独自カリキュラム)¥2160(税込)
●アロマセラピスト公式テキスト(独自カリキュラム)¥3780(税込)

合格率はいずれの資格もわずか3割。


検定の合格率が9割なのに対し、いきなり難しくなります。

これからは手に職の時代。
アロマが好きなら、仕事にしていくのも素敵なことです。
まずは、アドバイザーを取得しないと上記いずれの試験も受験ができません。
アロマテラピー検定から始めてみませんか?
黄色い花アロマテラピー検定についての過去記事は、こちら→★



黄色い花AEAJのアロマテラピーインストラクター資格についての頁は、こちら→★
黄色い花AEAJのアロマセラピスト資格についての頁は、こちら→★
黄色い花AEAJの資格に関するQ&Aの頁は、こちら→★




↑をフォローで記事がUPされるとTLに!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


***************************************************
This article was written by https://www.fukumasu.net
スポンサーリンク


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9859218188140218"
data-ad-slot="5867480135"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">


***************************************************
WEB上でアロマの基本を学ぶ →★
無料アロマテラピーレッスン
●【練るだけアロマ石鹸】 →★
●【混ぜるだけアロマ香り袋】 →★
●【無水エタノール、精製水の代用品でアロマルームスプレー作成】 →★
●【イソジンの代用品に うがい用ハーブチンキ作成】 →★
アロマでホメオ(精油リーディング)について →★
***************************************************
クラッカー【メールでアロマ】
こちらの「アロマに関する質問や相談をしたい」をご覧ください
●精油を買う前に
●こんな時はどうするの?
●目的に合ったブレンドレシピは?
●資格について知りたい、等々
バースエッセンシャルオイル(その人の精油)を知りたい方も、こちらをご利用ください
***************************************************

【アロマテラピー/保管方法と使用期限】精油(エッセンシャルオイル)、キャリアオイル、アロマ手作り品


※アメブロのアロマ系記事を移動、再掲載にあたり古い情報を訂正してUPしていますが、
今後 ●リンク切れになっていた
    ●情報が古くなっていた   らすみません※



精油とキャリアオイルの保管方法と使用期限について


【保管方法】


精油、キャリアオイル、ブレンドしたトリートメントオイルともに同じで、
直射日光、高温多湿を避けて保管してください。
※「冷蔵庫で保管してください」と記載があるものに限り、冷蔵庫に保管※

【使用期限】



精油/開封後、柑橘系は6ヶ月、柑橘系以外は1年
※ただし、ビンや箱に記載の使用期限が上記より短い場合は、ビンや箱の期限を守ってください。
<具体例>
使用期限2017年2月と書いてあるオレンジの精油を
    ●2016年1月に開封した→2016年7月まで使用可能
                    /柑橘系は開封後6ヶ月
    ●2016年12月に開封した→2017年2月まで使用可能
                    /柑橘系は開封後6ヶ月までだが、
                       この精油自体が2017年2月までしか使えないので


キャリアオイル/キャリアオイルの種類により異なります。


主なキャリアオイルの期限は・・・・
ホホバ(クリア)/開封後4ヶ月
マカデミアナッツ/開封後2ヶ月
スイートアーモンド/開封後2ヶ月
オリーブ(化粧品用)/開封後4ヶ月
セサミ(化粧品用)/開封後4ヶ月
セントジョンズワート/開封後2ヶ月




精油を使用して作成したアロマクラフトの使用期限


トリートメントオイル/作成した日から1ヶ月以内
化粧水/作成した日から2週間以内(保管は冷蔵庫に)
ルームスプレー/作成した日から1ヶ月以内
バスソルト(100g)/作成した日から1ヶ月以内
ハンドクリーム、リップバーム、練り香/作成した日から2ヶ月以内


使用期限内の精油やキャリアオイルを使っていることが前提となっています。
精油やキャリアオイルの使用期限が上記記載より短い場合は、短い方の期限を守ってください。
<具体例(キャリアオイルの場合も考え方は同様です)>
使用期限2017年2月と書いてあるオレンジの精油を使って
    ●2016年1月にハンドクリームを作った→2016年3月まで使用可能
                    /ハンドクリームは作成した日から2ヶ月
    ●2017年1月にハンドクリームを作った→2017年2月まで使用可能
                    /ハンドクリームは作成した日から2か月までだが、
                       この精油自体が2017年2月までしか使えないので
使用期限2017年2月のオレンジの精油を2016年5月に開封し、これを使って
    ●2016年9月にハンドクリームを作った→2016年11月まで使用可能
                    /ハンドクリームは作成した日から2ヶ月
    ●2016年10月にハンドクリームを作った→2016年11月まで使用可能
                    /ハンドクリームは作成した日から2か月までだが、
                       柑橘系は開封後6ヶ月までしか使えないので


期限の切れた精油は芳香浴にのみ使用可能


粘度(粘り気)が出てきたらあきらめて捨ててください。


精油もキャリアオイルも購入したらすぐに使用するようにしてください。
期限を守って、正しく安全にアロマテラピーを楽しんでくださいね~!




↑をフォローで記事がUPされるとTLに!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


***************************************************
This article was written by https://www.fukumasu.net
スポンサーリンク


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9859218188140218"
data-ad-slot="5867480135"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">


***************************************************
WEB上でアロマの基本を学ぶ →★
無料アロマテラピーレッスン
●【練るだけアロマ石鹸】 →★
●【混ぜるだけアロマ香り袋】 →★
●【無水エタノール、精製水の代用品でアロマルームスプレー作成】 →★
●【イソジンの代用品に うがい用ハーブチンキ作成】 →★
アロマでホメオ(精油リーディング)について →★
***************************************************
クラッカー【メールでアロマ】
こちらの「アロマに関する質問や相談をしたい」をご覧ください
●精油を買う前に
●こんな時はどうするの?
●目的に合ったブレンドレシピは?
●資格について知りたい、等々
バースエッセンシャルオイル(その人の精油)を知りたい方も、こちらをご利用ください
***************************************************

↑このページのトップヘ