「イラン・イスラム共和国大使館顧問と共に学ぶ茶道と懐石」
に参加してきました。
場所:目白庭園 赤鳥庵
   豊島区目白3-20-18 
※写真は事前に許可を撮って撮影しています※

国際芸術家センターの「大使館のお茶会」の返礼として行われたもので、
以前のレポートを見ると椅子に座っての参加も可能なようだったので、
申込をしました。
※腰が悪くて正座ができないのです・・・※
イラン大使館のお茶会レポートは、こちら →★



このお茶会の時に大人気だったエリート兄弟と、
通訳の方がいらしていました。

イラン文化センター顧問
Dr. Ehsan Javanmardi エフサン・ジャワーンマーディ氏(工学博士)
Dr. Mahdi Javanmardi マフディ・ジャワーンマーディ氏(工学博士)
文化参事室(イラン文化センター)顧問 森島 聡氏


この兄弟の経歴もさることながら、
日本語が堪能だし、奥ゆかしいのに「すごい人」感がすごいです。
→ 日本語が変ですね。とにかく ああ、違う世界の人だと感じるんですよ。

森島氏は本当に綺麗な日本語を使う方で、
色んな通訳の人の日本語を聞いたことがありますが、
通訳を聞いててうっとりしたのは、この方が初めてです。



【この日の内容】
・懐石レクチャー&試食
・懇親タイム
・UIAによるお茶のデモンストレーション、呈茶(英語)




懐石の試食では、
重陽の節句(菊の節句)が近かったこともあり、
菊の節句にちなんだ椀物
をいただきました。

懇親タイムでは、ほんの少しですが兄弟とも言葉を交わすことができました。
イランではオレンジの花のジャムを好んでいただくのだそうです。
オレンジの花のジャムってどんな味なんでしょう。
紅茶に入れて良く飲むとおっしゃっていました。



お茶はUIA(裏千家インターナショナルアソーシエーション)の方々が、
英語でのレクチャーされました。
お茶の時の菓子は菊と栗(焼栗松露)でした。

あの不思議な動作も、茶道が元は武家のものだったと説明を受け、
なるほどな、と思えました。

本格的なお茶の会に出ることなんてないので(特に正座ができないし・・・)、
貴重で素敵な体験ができました。



記念に写真も撮ってもらいました♪




↑をフォローで記事がUPされるとTLに!



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


***************************************************
This article was written by http://www.fukumasu.net
***************************************************
下記すべてのレッスンの詳細はこちら
ドキドキfacebookにて、アロマに関する話を掲載中~!ドキドキ

2020年1月はレッスンをお休みいたします
年間スケジュール予定は、こちら→★
WEB上でアロマを学ぶ→★

~~~ 資格系:場所は銀座(歌舞伎座近く) ~~~
次回募集(来年)までお待ちください
来年で最後になります
今までのレッスンのレポートや、講座説明などはこちら(アレンジレッスンの説明もあり)
検定受験で学校は必要?は、こちら→★

~~ <アロマでホメオ(精油リーディング)>:場所は銀座(歌舞伎座近く) ~~~
次回募集(来年)までお待ちください
「アロマでホメオ」、バースカラー、バースEOについて →★
バースカラーシートだけ欲しい方は、
<メールでアロマ>※割引対象外※をご利用ください →★

~~ 実技系:場所は銀座(歌舞伎座近く) ~~~
次回募集(来年)までお待ちください
来年で最後になります(ハンドトリートメントを予定)

~~ 手作り系:場所は銀座(歌舞伎座近く) ~~~
次回募集(来年)までお待ちください
来年で最後になります


***************************************************
クラッカー【メールでアロマ】
こちらの「アロマに関する質問や相談をしたい」をご覧ください
●精油を買う前に
●こんな時はどうするの?
●目的に合ったブレンドレシピは?
●資格について知りたい、等々
バースエッセンシャルオイル(その人の精油)を知りたい方も、こちらをご利用ください
***************************************************