【アロマテラピー】セミナー受講レポート/アロマ市場と関連法規の最新動向(2)



AEAJには「アロマチャンネル」

というものがあり、自宅にいながらにしてセミナーを受けることができます。
※AEAJ会員専用サービス※

できるだけ会場で生で受講しよう!と思って、何度か会場で受講したこともありますが、

ビデオセミナーは聞き取れなかったところを停止して、巻き戻すことが出来るので、
メモを取るのに非常に便利です。



日程が合わなくて、などで受講できなかった方は、
ぜひサイトをチェックしてみてくださいね!→★
※ログインにはAEAJ会員カード記載のPWが必要です※

以下はアロマチャンネルで受講したセミナーのレポート、
というかメモと補足事項です。
参考になれば嬉しいです。

--------------------------------------------------------------

精油を勉強したことがない人には、何が何やら・・・な内容かも知れません。

「ああ、そうかも」と思うような内容を少し加えています。(★★の部分)



--------------------------------------------------------------

アロマ市場と関連法規の最新動向
講師/小林泰三氏(行政書士)





【アロマテラピー市場とAEAJ】


●AEAJの検定は消費者にアロマテラピーの知識を得るきっかけとなり、
 消費者(顧客)と売り手との差を少なくする働きがある
●知識のない一般顧客に対して精油の効能、効果を語ることの危険性を考える
●対象をアロマに興味がある、もしくは少し知識がある人にしていないか

アロマ市場で見てみると・・・・・
アロマテラピー、精油について→知っている→顧客
                   →知らない→一般消費者
の傾向が強いと思われる


<個人的な意見>


これはアロマに限ったことではなく、全ての業界に言えることだと思います。
よくある事だと、その業界独特の言い方や略称など、その業界の人には
当たり前でも他の人には、何がなんやら・・・ってことありますよね。


<消費者法>


消費者教育→アロマテラピーに関する知識などの表示→取引→品質・安全→事故情報報告制度

消費者庁と厚生省が対象

※雑貨は消費者庁が担当※

<補足>精油は日本では雑貨扱い





★★ ちょこっと脱線 ★★
何かにお金をかける際、どういったものなのかを

きちんと把握してお金を払うことがトラブル防止

になります。

アロマテラピーに関して言えば、精油だと基本的なことを知っているだけでも、
買った精油によるトラブルが避けられます。

精油は日本では資格や知識がなくても売ることが出来るので、
最低限のことは知っておいた方がいいと思いますよ。

超基本的なことは、こちらでも知ることができます→★(ミニアロマレッスン)

これに加えて、当方のブログやFBの記事を読んでいただければ、
基本+アルファのアロマの知識が無料で得られます!
★★★★★★★★★



(1)→★


(3)→★


(4)→★


(5)最終回→★







↑をフォローで記事がUPされるとTLに!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


***************************************************
This article was written by https://www.fukumasu.net
スポンサーリンク


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9859218188140218"
data-ad-slot="5867480135"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">


***************************************************
WEB上でアロマの基本を学ぶ →★
無料アロマテラピーレッスン
●【練るだけアロマ石鹸】 →★
●【混ぜるだけアロマ香り袋】 →★
●【無水エタノール、精製水の代用品でアロマルームスプレー作成】 →★
●【イソジンの代用品に うがい用ハーブチンキ作成】 →★
アロマでホメオ(精油リーディング)について →★
***************************************************
クラッカー【メールでアロマ】
こちらの「アロマに関する質問や相談をしたい」をご覧ください
●精油を買う前に
●こんな時はどうするの?
●目的に合ったブレンドレシピは?
●資格について知りたい、等々
バースエッセンシャルオイル(その人の精油)を知りたい方も、こちらをご利用ください
***************************************************