【アロマテラピー】セミナー受講レポート/アロマ市場と関連法規の最新動向(1)



AEAJには「アロマチャンネル」

というものがあり、自宅にいながらにしてセミナーを受けることができます。
※AEAJ会員専用サービス※

できるだけ会場で生で受講しよう!と思って、何度か会場で受講したこともありますが、

ビデオセミナーは聞き取れなかったところを停止して、巻き戻すことが出来るので、
メモを取るのに非常に便利です。



日程が合わなくて、などで受講できなかった方は、
ぜひサイトをチェックしてみてくださいね!→★
※ログインにはAEAJ会員カード記載のPWが必要です※

以下はアロマチャンネルで受講したセミナーのレポート、
というかメモと補足事項です。
参考になれば嬉しいです。

--------------------------------------------------------------

精油を勉強したことがない人には、何が何やら・・・な内容かも知れません。

「ああ、そうかも」と思うような内容を少し加えています。(★★の部分)



--------------------------------------------------------------

アロマ市場と関連法規の最新動向
講師/小林泰三氏(行政書士)



●アロマテラピーに関する法律がいつくかあるが、その中で法律の名称が変更されたものがある

変更前;薬事法
変更後;医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律

●医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器に加え、再生医療等製品が規制対象となった

変更後の名前が長いので、授業などでは薬事法と言われることも多い

と思います。


★★ ちょこっと脱線 ★★
時々ニュースなどで話題になるので、ご存じの方もいるかも?

薬でないものに、「~に効く」「~に効果がある」と言ってはいけない

というお話です。

また、

薬や化粧品を作ったり、売ったりするには許可が必要

なので、その許可を持たずして作ったり、売ったりはできません。
国家資格を持っていても大丈夫じゃないですからね~。

ちなみに、この基本的なことはアロマテラピー検定1級で習います。
★★★★★★★★★



●旧薬事法との関係→ 精油の効能、効果の表示ができない

アロマテラピー検定でも習いますが、
精油は薬ではないため、「~に効果がある」などの効能や効果を表示してはいけません。

※この後の話でも出てきますが、精油は日本では雑貨扱いです※





★★ ちょこっと脱線 ★★

海外では精油は一般のお店には売っていません。

薬局に売っています。

実際に薬局で売っているのを見たのがイギリスだけなのですが、
ロンドンの薬局では精油は売っているものの、店頭に並び、
自由に選んで購入することができました。
★★★★★★★★★



(2)→★


(3)→★


(4)→★


(5)最終回→★







↑をフォローで記事がUPされるとTLに!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


***************************************************
This article was written by https://www.fukumasu.net
スポンサーリンク


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9859218188140218"
data-ad-slot="5867480135"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">


***************************************************
WEB上でアロマの基本を学ぶ →★
無料アロマテラピーレッスン
●【練るだけアロマ石鹸】 →★
●【混ぜるだけアロマ香り袋】 →★
●【無水エタノール、精製水の代用品でアロマルームスプレー作成】 →★
●【イソジンの代用品に うがい用ハーブチンキ作成】 →★
アロマでホメオ(精油リーディング)について →★
***************************************************
クラッカー【メールでアロマ】
こちらの「アロマに関する質問や相談をしたい」をご覧ください
●精油を買う前に
●こんな時はどうするの?
●目的に合ったブレンドレシピは?
●資格について知りたい、等々
バースエッセンシャルオイル(その人の精油)を知りたい方も、こちらをご利用ください
***************************************************