アロマテラピーを専門としている方々は、おのおのご自身だけの定義を持っています。
アロマテラピーに限らず、全ての仕事において「自分だけの定義」がないと、
他の人や物事に影響されて、そもそもは何がしたかったのだろう、
ということになってしまうこともあります。

新しいことや自分が良いと思うことは取り入れつつ、
でも根っこはしっかりもっている
、これがわたしの理想です。

と、いうわけで、わたしだけのアロマテラピーの定義のお話です。


-------------------------------------------

アロマテラピーには定義があります。
アロマテラピーは精油を用いてホリスティックな観点から行う自然療法である。
アロマテラピーの目的は以下のとおりである。
1. リラクセーションやリフレッシュに役立てる
2. 美と健康を増進する
3. 身体や精神の恒常性の維持と促進を図る
4. 身体や精神の不調を改善し正常な健康を取り戻す

参照元:AEAJサイト(http://www.aromakankyo.or.jp/basics/introduction/about/index.html



もちろん、これを踏まえた上で、ですが、
「自分だけのアロマテラピーの定義」(=わたしの考えるアロマテラピー)
があります。

目的:ホメオスタシスを保つ
方法:アロマテラピーに関する注意事項を守りながらも、
   体と心で自由に精油を選んでブレンドをし、アロマテラピーを生活に取り入れる
結果:香りに癒されながら美と健康を維持、改善


一番気を付けていること:必要があれば必ず病院で治療を受ける
精油を使う際の注意:精油の原液を飲まない、肌に直接塗布しない、
          精油の使用期限はもちろん、作成した物の使用期限は厳守する




精油は薬ではありません
精油で症状が良くなった、現状維持ができている実体験をしていますが、
アロマテラピーを代替医療(現代西洋医学に代わる医療)とは考えていません。
実際にある言葉の中で一番近い言葉のは
「補完医療(西洋医学を補う医療)」です。

それでも、わたしの中では「アロマテラピーはホメオスタシスを保つためのもの」
つまり、「自分の心と体のバランスを保つためのもの」
です。
その結果として、「美と健康を維持、改善する」のです。


だから、わたしはアロマテラピーの専門家ですが、
不調が続くようであれば病院へ行くことを勧めています。
病院で診断を受け、医師の指示のもと治療をする。
治療が終わったら、アロマテラピーで同じ症状になりにくくなるために、
ホメオスタシスを保つ

ことがわたしが考えるアロマテラピーです。




XXXをアロマテラピーだけで治したい、
という考えが悪いと言っているのではありません。

でも、1つの方法だけにこだわってしまうと、最適な方法を得られないかもしれません。
それは、少しもったいないと思いませんか?
いろんな方法をそれぞれの専門家に相談し、自分で納得して、
自分に良いと思う方法を自分で選ぶ、
ことが一番大切
かなあ、と思います。
(場合によっては、1種類だけでなく何種類か併用することもできるかもしれません)



ブログの更新がメールで届きます
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村