ふくちゃんのアロマな生活

食べ歩きが大好きなアロマテラピーインストラクターのゆる~い日常


このブログは2016年4月~。それ以前の記事は、こちらをどうぞ→
内容の引用や転載の際は、必ず記事URLの記載をお願いいたします♪
アロマテラピーに関する内容の転用はしないでくださいね~

カテゴリ:event > アート


(画像参照元:http://www.suntory.co.jp/sma/
サントリー美術館
港区赤坂9-7-4
東京ミッドタウン ガレリア3階
03-3479-8600
休館日:火曜日、展示替期間、年末年始



「コレクターの眼、ヨーロッパ陶器と世界のガラス展」
のチケットが当たりました(喜)!ので、さっそく行ってきました~!
※この展示はすでに終わっています※

ランチは併設のカフェ「shop×cafe (ショップ・バイ・カフェ)」にて。
レポートは、こちら→★(4/12UP)

絵を観るのも好きなのですが、食器や陶器、ガラス作品も大好き!
ブログ記事にしてないけれど、今までも何度か銀座界隈で観に行っています。
特にガラス作品、キレイでうっとりします。


リブ装飾碗
東地中海沿岸地域 紀元前1世紀~後1世紀
サントリー美術館(辻清明コレクション)

(画像参照元:展示会チラシ)


紋章文オペークツイストステムゴブレット
ガラス:イギリス、エングレーヴィング:ドイツ・ザクセン州ドレステン 1760年
サントリー美術館(辻清明コレクション)

(画像参照元:展示会チラシ)

この実物がぜひ観たい!!


吊手付二連瓶
東地中海沿岸地域 4世紀後半~5世紀後半
辻清明コレクション

(画像参照元:展示会チラシ)


藍絵芙蓉手人物文大皿
オランダ 17世紀後半
サントリー美術館(野依コレクション)

(画像参照元:展示会チラシ)

これらの展示会チラシの素敵な器たちに魅かれて行ってきました!
なんと!ALL写真OKというので、実際に撮ってきた写真が下記。

最近増えましたよね、撮影OKな展示会。
インスタなどで宣伝してもらった方が、お客さんが来るから?


左:(右側)青釉色絵花卉文皿 18世紀 オランダ
右:色絵宝文皿 18世紀 オランダ



左:肖像入りメダイヨン イタリア
右:(右側)水注 17世紀 オランダ


この肖像入りが、まあ大きくて。
写真ではわかりにくいのですが、でっぱり度というか、3D感がすごいのです。
これを飾ってある部屋に夜中に行ったら・・・を想像すると、ちょっと怖い。



左:輪花大皿 17~18世紀 オランダ
中央:色絵花卉文瓶 1887年作成、装飾1889年 フランス
右:色絵花鳥文鉢 18世紀 オランダ



左:染付花卉文碗 18世紀 イギリス
中央:染付花卉文碗 18世紀 イギリス
右:色絵グロテスク 文鉢 19世紀以降 イギリス


イギリス、なんか全体的にちょっと地味?
いえ、奥ゆかしいというのよ!
説明書きがないと日本の物かと思うような、日本ぽい柄です。


左:植込鉢「水景」 1878年以降 エミール・ガレ(フランス)
右:(中央)花縁ゴブレット 19~20世紀 イタリア



左:(左)青色紐文ゴブレット 19~20世紀 おそらくイタリア
左:(右)レースグラス台付鉢 18~19世紀 ヴェネチア
中央:紋章文オペークツイストステムゴブレット 1760年 イギリス
右:花文ゴブレット 1900年 ドイツ


観たかった実物が、この写真中央の物。
はあ、キレイ~。
スマホの写真だと美しさが伝わらないのが悲しい。


左:(右)紫色鯉文徳利 江戸時代 日本
右:(左)吹雪文氷コップ 大正 日本



※作品名の写真を撮り忘れた為不明※

予め撮影OKだとご存じの方は、本格的なカメラを持参していました。
暗い展示会場で、より美しく写真を撮ろうと近づいて、「ゴン!」といわせてる人が数名。
気持ちわかります。
スマホ撮影ですら、危うく頭をぶつけるところでした。

会場時間すぐ位に行ったので、もっと空いているかと思ったのですが、
思ったより混んでいました。
でも、こうやってじっくり観ることができたのが嬉しいです。
年齢層はやっぱり高め。
意外だったのは、若者がデートしていたこと。
どちらがこの展示を選んだのかわからないですが、ナイスです!




ブログの更新がメールで届きます
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


***************************************************
クラッカーアロマを無料で学びたい方は
メニューバー「about aromatherapy」の「ミニアロマレッスン(#1~#12)」を

クラッカーお金を払ってもいいから、直接プロから教わりたい方は下記レッスン一覧を
***************************************************
This article was written by http://www.fukumasu.net
下記すべてのレッスンの詳細はこちら
ドキドキfacebookにて、アロマに関する話を掲載中~!ドキドキ


4月はすべてのレッスンをお休みいたします


~~~ 資格系:場所は銀座(歌舞伎座近く) ~~~
次回募集(来年)までお待ちください
今までのレッスンのレポートや、講座説明などはこちら(アレンジレッスンの説明もあり)
<予告>10月に検定直前対策講座開催予定!11月検定受験の方は、ぜひ!


~~ <アロマでホメオ(精油リーディング)>:場所は銀座(歌舞伎座近く) ~~~
「アロマでホメオ」、バースカラー、バースEOについてはこちら
個別セッション特別価格は終了いたしました
次回一般セッションを12月開催予定!


~~ 実技系<ハンド>:場所は銀座(歌舞伎座近く) ~~~
4月、6月、7月、8月はお休みです
アロマテラピーを広く浅く体験したい方にオススメ!
アロマ基本講義付
◆【実技系ハンド初心者コース】
【日時】5月27日(土)9:30~11:30(5/18(木)締切)
【場所】銀座歌舞伎座近く(申込成立後に詳細をお伝えします)
【料金】¥11000(facebook特典で1000円OFF)
お申込(定員4名)はこちら
基本講義を知っている場合や特典の利用の仕方など詳細はこちら


~~ 手作り系:場所は銀座(歌舞伎座近く) ~~~
次回開催までお待ちください



***************************************************
クラッカー【メールでアロマ】
こちらの「アロマに関する質問や相談をしたい」をご覧ください
●精油を買う前に
●こんな時はどうするの?
●目的に合ったブレンドレシピは?
●資格について知りたい、等々
バースエッセンシャルオイル(その人の精油)を知りたい方も、こちらをご利用ください
***************************************************


(画像参照元:http://www.kahaku.go.jp/exhibitions/ueno/special/2017/daiei/index.html
大英自然史博物館展
2017/3/18~6/11
9:00-17:00
休館日:3/21(火)、4/10(月)、17(月)、24(月)、5/8(月)、15(月)、22(月)、29(月)

国立科学博物館
台東区上野公園7-20
アクセス→★
チケット→★
混雑状況リアルタイムツイート→★

長くなったので、2つに分けました。
<1>は、こちら→★
呪われたアメジスト、ブラシュカ(父子)によるガラス模型、
プリニウスの博物誌、モア全身骨格、
ウィリアム・スミス イングランドとウエールズ及びスコット乱との一部の地層の描写図、
始祖鳥、オオツノジカ頭骨などのレポート



「153 ドードーの模型」

ドードー。わたしの2番目のお目当て。
オオツノジカ頭骨の向かって右側奥にあります。

ルイス・キャロルが自分に例えた動物で有名ですよね。
近くで見たかったのですが、館長のインタビュー撮影中だったので遠くからズームで撮影。

色んな本で書かれていますが、
手元にある本でドードーとルイス・キャロルのことが書かれてある物があったのでご紹介します。
「不思議の国の”アリス” ルイス・キャロルとふたりのアリス」
この本より一部抜粋。
「チャールズ・ラトウィッジ・ドジスンがこの鳥を、物語に登場されるには別の事情がありました。
彼には吃音癖がありました。~中略~
自己紹介の場面とものなるとしばしば、「ド、ド、ド・・・」と
「ドジスン」をいうのにつかえてしまう様でした」

※チャールズ・ラトウィッジ・ドジスンはルイス・キャロルの本名です※

鳥なのに飛べない、容姿がどこか滑稽であるドードーが自分に似ている、
と思った彼は、ドードーに自分を重ねて物語に登場させた、とも言われています。


紀伊国屋書店
のTOP上部、「和書を探す」のまま「不思議の国の“アリス”―ルイス・キャロルとふたりのアリス」
で検索をかけるとヒットします。
ここは定価で買えます。定価¥2816+税
ISBN4-7630-9104-2


緑柱石(モルガナイト)、金緑石(アレキサンドライト)など

グッズコーナーの手前で昔の本がいくつも展示されています。
どれも美しい!
実際に手に取って観れたらなあ、と思ってしまいます。


グッズのチラシ

グッズコーナー。
入り口すぐのところに今回の展示品すべてが掲載されている
公式図録(¥2000、ISBN 978-4-643-17005-4)
が売っています。
これ、超オススメ!分厚いし、重いけど、本当に美しい! 


左:公式図録
右:始祖鳥のお菓子


始祖鳥の缶に入ったお菓子が面白いです!
お菓子はグッズコーナーの奥、レジの近く、両端ではなく真ん中に置いてあります。
始祖鳥お菓子は両サイドにあったので、やっぱりこれが売りなのかも。


(画像参照元:展覧会公式図録)

公式図録に掲載されているプリニウスの博物誌とドードー。
展示でよく見れなかった物がある人や、あとで思い出すためにも!
図鑑好きにはたまらない~! 


(画像参照元:展覧会公式図録)

公式図録に掲載されている本家!ロンドンの自然史博物館!
本家の建物の様子の写真もいくつも掲載されています。
建物そのものが美術品のようです。



(画像参照元:http://www.nhm.ac.uk/visit/galleries-and-museum-map/hintze-hall.html
この写真の巨大展示物(ディプロドクス)が現地にはないのですが、
これは来年からイギリス国内で巡業に出るみたいです。
本家のThe Natural History Museumのサイトは、こちら→★

上野でじっくり観てきたわけですが、予定は変更せず本家にも行ってきます!
せっかく行っても、これだけの数がないのに?
いえいえ、こんな状態の本家を観れるなんて、珍しくないですか?

5月に行ってくるので、レポートは夏以降になると思います。
のんびり待っててくださいね~。



ブログの更新がメールで届きます
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


***************************************************
クラッカーアロマを無料で学びたい方は
メニューバー「about aromatherapy」の「ミニアロマレッスン(#1~#12)」を

クラッカーお金を払ってもいいから、直接プロから教わりたい方は下記レッスン一覧を
***************************************************
This article was written by http://www.fukumasu.net
下記すべてのレッスンの詳細はこちら
ドキドキfacebookにて、アロマに関する話を掲載中~!ドキドキ


4月はすべてのレッスンをお休みいたします


~~~ 資格系:場所は銀座(歌舞伎座近く) ~~~
次回募集(来年)までお待ちください
今までのレッスンのレポートや、講座説明などはこちら(アレンジレッスンの説明もあり)
<予告>10月に検定直前対策講座開催予定!11月検定受験の方は、ぜひ!


~~ <アロマでホメオ(精油リーディング)>:場所は銀座(歌舞伎座近く) ~~~
「アロマでホメオ」、バースカラー、バースEOについてはこちら
個別セッション特別価格は終了いたしました
次回一般セッションを12月開催予定!


~~ 実技系<ハンド>:場所は銀座(歌舞伎座近く) ~~~
4月はお休みです次回開催までお待ちください


~~ 手作り系:場所は銀座(歌舞伎座近く) ~~~
次回開催までお待ちください



***************************************************
クラッカー【メールでアロマ】
こちらの「アロマに関する質問や相談をしたい」をご覧ください
●精油を買う前に
●こんな時はどうするの?
●目的に合ったブレンドレシピは?
●資格について知りたい、等々
バースエッセンシャルオイル(その人の精油)を知りたい方も、こちらをご利用ください
***************************************************


(画像参照元:http://www.kahaku.go.jp/exhibitions/ueno/special/2017/daiei/index.html
大英自然史博物館展
2017/3/18~6/11
9:00-17:00
休館日:3/21(火)、4/10(月)、17(月)、24(月)、5/8(月)、15(月)、22(月)、29(月)

国立科学博物館
台東区上野公園7-20
アクセス→★
チケット→★
混雑状況リアルタイムツイート→★

かなり前から大々的に宣伝されていたのでご存じの方も多いはず。
あの、ロンドン自然史博物館が日本にやってくる!

ロンドンには美術館と博物館が多く、行きたいところが多すぎて・・・
次こそは、次こそは、と行けずにいました。
今年やっと行くことができる!と決まった時に日本に来ることを知り、
つまりは日本の展示の為に現地ではない物も多い・・・ということも知ったのです。

そんな中舞い込んできた幸運!
しかも内覧会!ゆっくり観れるはず!
というわけでプロの方に紛れて行ってきました。

テープカットにまで立ち会わせていただきました。
このテープカットの場所が展示の最初の部屋でもあります。


左側が常設展入口、右側が特別展入口
長い列ができているから間違わないとは思います。
前売り券GETしてから行くことをオススメします!


大英自然史博物館展のチラシ

チラシ掲載の呪われたアメジストやタコのガラス模型は最初の部屋にあるので要チェック!
目玉は後の方かと思っていたので、アナウンスされなければ見落とすところでした(ドキドキ) 


左:「4: 呪われたアメジスト」
右:「12: ブラシュカ(父子)によるガラス模型」


アメジストは第一の部屋向かって左側の奥、タコのガラス模型は右側の奥にありました。
アメジストの実物はもっと怪しげで美しいです。ぜひ実物を! 
タコのガラス模型は思っていたより小さい!?
こちらも実物はとても美しいです。ガラスでここまで作れるなんて・・・ 


(画像参照元:http://treasures2017.jp/highlight/04/


左:「8 頭足類の化石」
右:「7 四肢動物に近縁の魚類化石」




左:「32 テラコッタ製ライオン」
右:「37-2 クリフォードの植物標本集:カエンキセワタ」


でん!と構えるテラコッタ製ライオンに少しびっくり!

植物の押し葉標本がなんて美しい!
全部の頁が観たかったです。


「33 プリニウスの博物誌」

大英自然史博物館が所蔵する最古の本 大プリニウス著『博物誌』(1468年発行)
個人的に一番テンションが上がった展示物(一番のお目当て)です。
アロマテラピーの歴史に出てくるプリニウスの博物誌の本物を拝める日が来るなんて!
2つ目か3つ目の部屋の入り口近くだったかと。

これも、できることなら頁をめくって観たかった・・・

ちなみにアロマテラピーテキストには下記のように記載されています。
「77年には博物学者プリニウスにより、全37巻におよぶ大作「博物誌」が著されます。
この書は自然に関する当時の知識、情報の集大成とされますが、
植物や植物薬剤についても広く言及されています。」

(アロマテラピー検定公式テキスト1級 P138より抜粋) 


左:「45 モア全身骨格」
右:「リチャード・オーウェンとモア」


絶滅した巨大な鳥のモアも、ドードーと同じく飛べない鳥だったことを見抜いたのが
解剖学者のリチャード・オーウェンだそうです。


左:「54 ウィリアム・スミス ウィルトシャーの地質図」
右:「53 ウィリアム・スミス 
    イングランドとウエールズ及びスコット乱との一部の地層の描写図」


地図なんですが、美しい!
ちなみに、この地図はティータオルになってグッズコーナーで販売されていました。
個人的には54の方が好きです。


左:「83 ヘンリー・ベイツの日誌 ウォレスの南アメリカ探検の同行者」
右:「90 バンクシア・デンタタ」


図入りで細かく書き込まれた日誌。
見つけた喜びと興奮が伝わってきそうです。

90は、博物学者ジョゼフ・バンクスに敬意を表して名づけられたそうです。


「86 始祖鳥」
左は右の化石のカウンターバード(反対側)


チラシ掲載の始祖鳥はだいたい真ん中くらいの部屋にでん!
とあるので絶対見落としません! 
もっと小さな物だと思っていました。


左:「93 ハマゴウ属の植物の水彩画 フレドリック・ノッターによる」

銅版プレートやカラープリントなどが展示されていて、
とても興味深かったです。


左:キャスリーン・ドゥルー(イギリスの藻類学者)
右:「122 キャスリーン・ドゥリーが研究した欧州産アマノリ類の1種」


食用の海藻は彼女のお気に入りだったそうです。
女性ならではの発想?
食べられるし研究もできる、って一般主婦じゃないから、そんなわけないかあ。


左:「131 昆虫採取キット」
右:「143 オオツノジカ頭骨」


昆虫採取に興味がなくても、いや、興味がなくて知らないからこそ、
これらの不思議な道具に魅せられるのかも。


左:「144 サーベルタイガー」
右:「145 オオナマケモノ」


オオナマケモノの皮膚はゾウより厚く、捕えるのがとても難しい動物なのだそうです。

<2>へ続く→★(3/23UP)
ドードー、緑柱石(モルガナイト)、金緑石(アレキサンドライト)など
グッズ、公式図録のレポート




ブログの更新がメールで届きます
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


***************************************************
クラッカーアロマを無料で学びたい方は
メニューバー「about aromatherapy」の「ミニアロマレッスン(#1~#12)」を

クラッカーお金を払ってもいいから、直接プロから教わりたい方は下記レッスン一覧を
***************************************************
This article was written by http://www.fukumasu.net
下記すべてのレッスンの詳細はこちら
ドキドキfacebookにて、アロマに関する話を掲載中~!ドキドキ


4月はすべてのレッスンをお休みいたします


~~~ 資格系:場所は銀座(歌舞伎座近く) ~~~
次回募集(来年)までお待ちください
今までのレッスンのレポートや、講座説明などはこちら(アレンジレッスンの説明もあり)
<予告>10月に検定直前対策講座開催予定!11月検定受験の方は、ぜひ!


~~ <アロマでホメオ(精油リーディング)>:場所は銀座(歌舞伎座近く) ~~~
「アロマでホメオ」、バースカラー、バースEOについてはこちら
個別セッション特別価格は終了いたしました
次回一般セッションを12月開催予定!


~~ 実技系<ハンド>:場所は銀座(歌舞伎座近く) ~~~
4月はお休みです次回開催までお待ちください


~~ 手作り系:場所は銀座(歌舞伎座近く) ~~~
次回開催までお待ちください



***************************************************
クラッカー【メールでアロマ】
こちらの「アロマに関する質問や相談をしたい」をご覧ください
●精油を買う前に
●こんな時はどうするの?
●目的に合ったブレンドレシピは?
●資格について知りたい、等々
バースエッセンシャルオイル(その人の精油)を知りたい方も、こちらをご利用ください
***************************************************

「ウルトラ植物博覧会2016」西畠清順と愉快な植物たち
中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル 3階
ポーラミュージアムアネックス

無料で素敵な展示会を行っているので、年に数回行っています。

全部で45種類もの「本物の植物」が展示されている、とてもワクワクする展示会!
展示されていた植物一覧は、こちら→★
以前は、会場に植物が並べられている感があったのですが、
今回は植物が「作品」として展示されている感がありました。
また、前回より観やすくなっていたのも嬉しかったです。

前回のレポートは、こちら→★(2015年)

本当はたくさん写真を撮ってきたのですが、写りが良かったものだけ。


左 学名:Dicksonia anterctica/通称名:ソフトツリーファン
右 学名:Agonis flexuosa "Nana"/通称名:アゴニス フレクシオーサ「ナナ」


「ナナ」は、この葉に触った瞬間必ず恋に落ちる、
と言われるほど心地よい香りを持つ植物なのだそう。
残念ながら会場では、その香りは確認できませんでした。


左 学名:Stephania venosa "Variegata"/通称名:班入り 偽おっぱいプランツ
右 学名:Ficus microcarpa/通称名:ガジュマル


名前がすごいですよね。偽おっぱい、って・・・・

ガジュマルは「絞殺しの木」と呼ばれる一方、風水で「幸せを運ぶ木」なのだそうです。
確かにウニウニしている枝は絞めてくるような気もしなくもないですが、
生命力あふれるこの木は、遠くから見ると元気がもらえそうで好きです。


左 学名:Adansonia digitata/通称名:バオバブ
右 学名:Platycerium bifurcatum ssp. Willinckii/通称名:コウモリラン ウイリンキー


バオバブの木は、それとわからず前回も写真を撮っていました。
この木、好きです。
形に魅かれるのですが、バオバブの木は星の王子さまにも出てきます。
実物を始めて見た時に、「なるほど」と思った覚えがあります。


(画像参照元:http://www.lepetitprince.co.jp/top.html


左 学名Prunus lannesiana sp.:/通称名:南阿蘇の桜
右 学名:Uncarina grandidieri/通称名:シャンプーノキ


こちらは完全に「作品」です。
単純にキレイだな、と思った作品です。


今回も夏休み中ということもあり、お子様連れも多かったです。
銀座のど真ん中で本物の、しかも珍しい植物が観られるなんて、すごいと思いませんか?
来年もぜひ開催して欲しいなあ。
香りがあるものは、香りを体感できるような仕組みになっていたら、もっと嬉しいなあ。




ブログの更新がメールで届きます
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


***************************************************
クラッカーアロマを無料で学びたい方は
メニューバー「about aromatherapy」の「ミニアロマレッスン(#1~#12)」を

クラッカーお金を払ってもいいから、直接プロから教わりたい方は下記レッスン一覧を
***************************************************
This article was written by http://www.fukumasu.net
下記すべてのレッスンの詳細はこちら
ドキドキfacebookにて、アロマに関する話を掲載中~!ドキドキ

11月はすべてのレッスンをお休みいたします


~~~ 資格系:場所は銀座(歌舞伎座近く) ~~~
2017年~資格取得コースは11月受験目標「のんびりコース」のみになります
◆【銀座でアロマ資格取得】2015年7月改訂版テキスト使用
今までのレッスンのレポートや、講座説明などはこちら(アレンジレッスンの説明もあり)

今後の予定
のんびりコース2017年3月~スタート、受付2月~


~~ <アロマでホメオ(精油リーディング)>:場所は銀座(歌舞伎座近く) ~~~
たくさんのお申込みをありがとうございました!次回開催までお待ちください
「アロマでホメオ」、バースカラー、バースEOについてはこちら

【お詫び】アロマでホメオ(精油リーディング)一般セッション
2016年の開催は中止させていただきます。本当に申し訳ありません

2017年2月末まで期間限定で個別セッション特別割引(通常の半額)をご用意いたしました
詳細は、こちらを→★


~~ 実技系<ハンド>:場所は銀座(歌舞伎座近く) ~~~
12月、1月はお休みです


~~ 手作り系:場所は銀座(歌舞伎座近く) ~~~
2016年内のみ3000円相当のオマケ付
1回のみの参加も可!連続内容の1回ということを予めご了承願います
アロマの知識を楽しみながら、気軽に身に付けられるレッスン
★精油リストプレゼント付★
◆【アロマテラピー基本と手作り2回目】
【日時】12月17日(土)10:00~11:30(12/8(木)締切)
【場所】銀座歌舞伎座近く(申込成立後に詳細をお伝えします)
【料金】¥7000(facebook特典で1000円OFF)
2回目:精油抽出方法、作用経路、パッチテスト方法、
使用精油(ペパーミント、レモン、イランイラン、ユーカリ)、アロマサシェ作成
お申込(定員4名)はこちら
特典の利用の仕方など詳細はこちら

今後の予定
2017年2月/3回目:アロマテラピーの生活での取り入れ方法、
使用精油(ジュニパー、ティートゥリー、ローズマリー)、ヘッドスパオイル作成



***************************************************
クラッカー【メールでアロマ】
こちらの「アロマに関する質問や相談をしたい」をご覧ください
●精油を買う前に
●こんな時はどうするの?
●目的に合ったブレンドレシピは?
●資格について知りたい、等々
バースエッセンシャルオイル(その人の精油)を知りたい方も、こちらをご利用ください
***************************************************



ジュリア・マーガレット・キャメロン展
(画像参照元:http://mimt.jp/

(画像参照元:http://mimt.jp/
三菱一号館美術館
千代田区丸の内2-6-2
10:00~18:00
※祝日・振替休日除く金曜、展覧会会期中の最終週平日は20:00まで
※入館は閉館時間の30分前まで  ※臨時の時間変更の場合あり
毎週月曜(祝日・振替休日・展覧会会期中最終週の場合は開館)
年末、元旦、展示替え期間 ※臨時の開館・休館の場合あり


普段、あまり写真展は行かないのですが、
このキャメロン展に使われた写真に魅かれてやってきました。
他の方のブログなどを見ても、やはりこの「瞳」に魅かれるみたいです。

なんというか・・・
写真というより絵画の雰囲気があり、気になる作品がいくつもありました。


左;ベアトリーチェ、中央;修道士ロレンスとジュリエット、右;夏の日

女性の写真家というだけでも当時大変珍しかったのに、
写真家では行わない手法を用いたり、一般的には失敗とされる作品をあえて作品としていた、
など、やわらかい作品からは想像できない女性だったようです。

いや、もしかしたら、常識などにとらわれないフワリフワリとした作品と同じような
やわらかい女性だったのかも?


左;ミューズの囁き、中央;聖霊の実、ほか

最近の展示会は写真撮影OKなところが多くて、嬉しいです。
もちろん、全部ではなく一部です。

途中、ビデオが流れているコーナーがあったのですが、
ビデオのコーナーと展示物のコーナーが隣接していて、
ビデオを観ているのに、展示物の感想を大きな声で述べ合っている
ご婦人たちがいて少しイラっとしました。




今回、とても楽しみにしていたのがルイス・キャロルが撮った写真が展示されていること!
あの「不思議の国のアリス」の作者です。
ルイス・キャロルとしててではなく、
本名のチャールズ・ラトウィッジ・ドジソン撮影として展示されていました。
少女の写真です。
彼の書いた物語同様、深い愛情のあふれた優しい写真でした。

話はそれますが、ルイス・キャロルがロリコンだったという話を時々聞きます。
人それぞれなのでしょうが、わたしはロリコンではなかった、と思っています。
ルイス・キャロルは非常に興味深い人物で、彼に関する書物はたくさん出ています。
それらの中から、センセーショナルな文言だけが独り歩きした結果「キャロルはロリコン」、
になっただけだと思っています。


館内の様子

最終日が近かったのですが、館内は激混というほどではなく、
ほどよくゆっくり観ることができました。



この美術館併設のカフェも素敵ですが、あのロブションをお手ごろ価格で
ランチができるお店もオススメです!美術館のすぐ近くです。
ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブションレポートは、こちら→★
もちろん、お茶での利用もOK!



ブログの更新がメールで届きます
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


***************************************************
クラッカーアロマを無料で学びたい方は
メニューバー「about aromatherapy」の「ミニアロマレッスン(#1~#12)」を

クラッカーお金を払ってもいいから、直接プロから教わりたい方は下記レッスン一覧を
***************************************************
This article was written by http://www.fukumasu.net
下記すべてのレッスンの詳細はこちら
ドキドキfacebookにて、アロマに関する話を掲載中~!ドキドキ

11月はすべてのレッスンをお休みいたします


~~~ 資格系:場所は銀座(歌舞伎座近く) ~~~
2017年~資格取得コースは11月受験目標「のんびりコース」のみになります
◆【銀座でアロマ資格取得】2015年7月改訂版テキスト使用
今までのレッスンのレポートや、講座説明などはこちら(アレンジレッスンの説明もあり)

今後の予定
のんびりコース2017年3月~スタート、受付2月~


~~ <アロマでホメオ(精油リーディング)>:場所は銀座(歌舞伎座近く) ~~~
たくさんのお申込みをありがとうございました!次回開催までお待ちください
「アロマでホメオ」、バースカラー、バースEOについてはこちら

【お詫び】アロマでホメオ(精油リーディング)一般セッション
2016年の開催は中止させていただきます。本当に申し訳ありません

2017年2月末まで期間限定で個別セッション特別割引(通常の半額)をご用意いたしました
詳細は、こちらを→★


~~ 実技系<ハンド>:場所は銀座(歌舞伎座近く) ~~~
11月、12月はお休みです


~~ 手作り系:場所は銀座(歌舞伎座近く) ~~~
2016年内のみ3000円相当のオマケ付
1回のみの参加も可!連続内容の1回ということを予めご了承願います
アロマの知識を楽しみながら、気軽に身に付けられるレッスン
★精油リストプレゼント付★
◆【アロマテラピー基本と手作り2回目】
【日時】12月17日(土)10:00~11:30(12/8(木)締切)
【場所】銀座歌舞伎座近く(申込成立後に詳細をお伝えします)
【料金】¥7000(facebook特典で1000円OFF)
2回目:精油抽出方法、作用経路、パッチテスト方法、
使用精油(ペパーミント、レモン、イランイラン、ユーカリ)、アロマサシェ作成
お申込(定員4名)はこちら
特典の利用の仕方など詳細はこちら

今後の予定
2017年2月/3回目:アロマテラピーの生活での取り入れ方法、
使用精油(ジュニパー、ティートゥリー、ローズマリー)、ヘッドスパオイル作成



***************************************************
クラッカー【メールでアロマ】
こちらの「アロマに関する質問や相談をしたい」をご覧ください
●精油を買う前に
●こんな時はどうするの?
●目的に合ったブレンドレシピは?
●資格について知りたい、等々
バースエッセンシャルオイル(その人の精油)を知りたい方も、こちらをご利用ください
***************************************************


↑このページのトップヘ