ふくちゃんのアロマな生活

食べ歩きが大好きなアロマテラピーインストラクターのゆる~い日常


このブログは2016年4月~。それ以前の記事は、こちらをどうぞ→
内容の引用や転載の際は、必ず記事URLの記載をお願いいたします♪
アロマテラピーに関する内容の転用はしないでくださいね~

記事は全て予約投稿(早くて体験から2~3か月後)です
※UP期日ありのイベント参加記事は、期日内にUPしています※


↑をフォローで記事がUPされるとTLに!

カテゴリ: travel

これからのんびりと2017年GWに行ったロンドン旅行の記事をあげていきます。
少しでも参考になれば、嬉しいです♪
その他の記事をご覧になりたい方は、目次をどうぞ→★

-------------------------------------------

<準備編>でさくさくできたBAオンライチェックイン
行きはPCを使って行い、帰りはアプリでやってみました。
行き同様、利用するエアーの24時間前からです。

アプリを起動し、画面にしたがって行っていたら、
座席は指定できたものの、ヤバそうなエラーメッセージが出ています。
なんだこれ?
出国できないかもしれないって、どういうこと?
(日本を出国してイギリスに入国できたのに?)
BA OnlineCheckIn APR

携帯でPC画面に入り、オンラインチェックインの確認を日本語でしても同じ。
座席は指定出来ているものの、書類に不備がある、
というエラーメッセージが
出てしまいます。

日本のBAサポートセンターに電話するも、お休み(ちょうど日本は日曜日だった)
仕方なく英国BAサポートセンターに電話しても、パニックでうまく言葉が出てこない。
オンラインチェックインをしたけど、エラーメッセージが出る事をなんとか伝えると、
「空港に行って」 とのこと。
空港に行けばいいのね? と念を押して終了




・・・と短く書いたけど、あんまりビックリして電話番号を押せなかった位。
主人に押してもらってつながっても、自動アナウンスが流れるから、
なかなか人につながらない

何度か電話してやっとこさ、人につながったというわけです。

わたしは読み書きはなんとかできるけど、聞く&話すは超苦手です。
しばらく呆然としていたものの、電話は苦手だし、
対面ならなんとかなるだろう、いやしてみせるさ!と腹を決め、
翌日空港に行きました。

動揺してうまく伝えられないことを考慮し、
●予約確認に必要な事項
●オンラインチェックインはできたけど、搭乗券を印字できなかった
●エラーメッセージが出た

と紙に英語で書いておきました。

空港では、BAスタッフにその紙を見せながら説明。
あっさり、「じゃあ、カウンターXXに行ってね」と


指定されたカウンターに並びながらも、不安だったので、主人に並んでもらいながら、
列を離れて他のスタッフに再度同じ説明を。
「ここでいいのよ」と。

カウンターでも同じ説明をしたら、特に説明もなくあっさり搭乗券を印字してくれました。
なんだったんだ!?



帰国後、BAにエラーの画面画像とともに問合せ。返ってきたのが以下です。
チェックインの際にご入力いただいております
パスポートデータ(APIS/事前旅客情報)に問題がある場合に発生
いたします。
過日、コールセンターにお電話をいただいた後、
ご入力情報に問題がないことが確認できたとのことですが、
不安な思いをお掛けいたしましたことを、お詫び申し上げます。

誠に遺憾ながら、ご旅行済みの事前旅客情報を当部署にて確認することができませんが、
次回のご搭乗の際にも、同様のエラーが発生した場合には、大変恐れ入りますが、
弊社一般予約課までお電話にてお問合せをいただけますよう
お願い申し上げます。」

ちなみに問い合わせた部署は「カスタマーリレーションズ」で、
ここしかフォームがなかったから他の件を問合せた時に、
「カスタマーリレーションズは航空機の遅延や欠航にかかる補償要請、
ご旅行終了後のお問い合わせへの対応業務を専門
とさせていただいております。」
と言われた部署です。
→ここの専門外は問い合わせるな、とやんわり言われたところです。


むぅー。
モヤモヤが残るけれど、当日空港でもめることもなかったし、
こんなものなのかしら、と思うしかないですねえ。

肝心のパスポートデータですが、
BAのExecutive Clubに登録した際に
全ての情報; 名前・生年月日・国籍・旅券番号 を入力しているので、
使い手側のミスではありません。



ブログの更新がメールで届きます
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



***************************************************
クラッカーアロマを無料で学びたい方は
メニューバー「about aromatherapy」の「ミニアロマレッスン(#1~#12)」を

クラッカーお金を払ってもいいから、直接プロから教わりたい方は下記レッスン一覧を
***************************************************
This article was written by http://www.fukumasu.net
下記すべてのレッスンの詳細はこちら
ドキドキfacebookにて、アロマに関する話を掲載中~!ドキドキ


11月はすべてのレッスンをお休みいたします


~~~ 資格系:場所は銀座(歌舞伎座近く) ~~~
次回募集(来年)までお待ちください
今までのレッスンのレポートや、講座説明などはこちら(アレンジレッスンの説明もあり)


~~ <アロマでホメオ(精油リーディング)>:場所は銀座(歌舞伎座近く) ~~~
「アロマでホメオ」、バースカラー、バースEOについてはこちら
個別セッション特別価格は終了いたしました
次回一般セッションを12月開催予定!


~~ 実技系<ハンド>:場所は銀座(歌舞伎座近く) ~~~
次回募集までお待ちください


~~ 手作り系:場所は銀座(歌舞伎座近く) ~~~
次回募集までお待ちください



***************************************************
クラッカー【メールでアロマ】
こちらの「アロマに関する質問や相談をしたい」をご覧ください
●精油を買う前に
●こんな時はどうするの?
●目的に合ったブレンドレシピは?
●資格について知りたい、等々
バースエッセンシャルオイル(その人の精油)を知りたい方も、こちらをご利用ください
***************************************************

これからのんびりと2017年GWに行ったロンドン旅行の記事をあげていきます。
少しでも参考になれば、嬉しいです♪
その他の記事をご覧になりたい方は、目次をどうぞ→★

-------------------------------------------

The Lady Ottoline
11a Northington Street
WC1N 2JF
020 7831 0008
Mon-Sat noon-11pm
Sun noon-5pm

twitterアカウント→@TheLadyOttoline
facebook→https://www.facebook.com/theladyottoline/
WEB→http://www.theladyottoline.com/

最終日の夕食は The Lady Ottoline で。
ネットで食事の美味しいパブとあったので、予約をして行きました。
ホテルから徒歩圏内(15~20分)。


1F

1Fは普通のパブ(お酒中心)で2Fが食事中心になっているようです。


2F、写真右が個室

2Fに上がって左側は個室になっていて、この日団体さんの予約が入っていたようです。


Champagne、JACUART BRUIT MOSAIQUE

モエと同じ価格のシャンパン。
普段なら無難にモエを選ぶところですが、チャレンジしてみました。
そしたら大正解!美味しいです、このシャンパン!



セットメニューをお願いしたら、フィッシュアンドチップスだったの~。
うーん。せっかくシャンパンオーダーしたのに、ちょっと残念。
食事が美味しいと評判だったので、アラカルトでオーダーすれば良かったかなあ。
もちろん、ここのフィッシュアンドチップス、美味しかったですよぉ!

パンキッシュな女主人が美人でかっこよかったです。
そして!パブなのにトイレが超キレイ(単に清潔というだけでなくおしゃれ)!


ホテルからThe Lady Ottolineまでの道中1

予約したころは公式サイトが見れたのですが、今見れないですねえ・・・
(2017年8月12日現在)
行かれる方は事前に問合せをされた方がいいと思います。


ホテルからThe Lady Ottolineまでの道中2




JACUART BRUIT MOSAIQUE 59、2コース 20x2、
珈琲2.75、カプチーノ2.75
にチップ含めて 合計 £127.56





ブログの更新がメールで届きます
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



***************************************************
クラッカーアロマを無料で学びたい方は
メニューバー「about aromatherapy」の「ミニアロマレッスン(#1~#12)」を

クラッカーお金を払ってもいいから、直接プロから教わりたい方は下記レッスン一覧を
***************************************************
This article was written by http://www.fukumasu.net
下記すべてのレッスンの詳細はこちら
ドキドキfacebookにて、アロマに関する話を掲載中~!ドキドキ


11月はすべてのレッスンをお休みいたします


~~~ 資格系:場所は銀座(歌舞伎座近く) ~~~
次回募集(来年)までお待ちください
今までのレッスンのレポートや、講座説明などはこちら(アレンジレッスンの説明もあり)


~~ <アロマでホメオ(精油リーディング)>:場所は銀座(歌舞伎座近く) ~~~
「アロマでホメオ」、バースカラー、バースEOについてはこちら
個別セッション特別価格は終了いたしました
次回一般セッションを12月開催予定!


~~ 実技系<ハンド>:場所は銀座(歌舞伎座近く) ~~~
次回募集までお待ちください


~~ 手作り系:場所は銀座(歌舞伎座近く) ~~~
次回募集までお待ちください



***************************************************
クラッカー【メールでアロマ】
こちらの「アロマに関する質問や相談をしたい」をご覧ください
●精油を買う前に
●こんな時はどうするの?
●目的に合ったブレンドレシピは?
●資格について知りたい、等々
バースエッセンシャルオイル(その人の精油)を知りたい方も、こちらをご利用ください
***************************************************

これからのんびりと2017年GWに行ったロンドン旅行の記事をあげていきます。
少しでも参考になれば、嬉しいです♪
その他の記事をご覧になりたい方は、目次をどうぞ→★

-------------------------------------------

左;表入口、右;裏側
大英博物館(British Museum)
Great Russell Street, London
WC1B 3DG
Free, open daily
10.00–17.30

日本語の頁→★

ホテルの部屋の清掃中だったので大英博物館に来ました。
(ホテルの目の前が大英博物館だったの)

そんな感じでやって来たので、あまり観れていません。
次回ゆっくり観るつもりです。



午前は長蛇の列だったんだろうな、という長い柵がありましたが、
わたしたちはスイスイ並ばずに行けました。
入館前のチェックも、リュックを持った主人のみ。
時間帯のせいかもしれません。



なんとなく歩いてみてもエジプトの間(というの?)にはたどり着けました。
※エジプト(4F ルーム61~66)※
団体客で激混!写真は諦めました。

目的のロゼッタストーンのところにはたどり着けなかったので、
次回は館内図片手に回らねば。



次回のためにと、どこだったのか調べてみました。
ロゼッタストーン(RosettaStone)(1F ルーム4)
グレートコート(Great Court; 格子柄の屋根が印象的な中庭)の
西側(正面玄関から見て左手)



グレートコート(Great Court)

移動するのも大変な位混んでいたのはエジプトのところだけで、
後はのんびり自分のペースで観ることが出来ました。



初めて行く人で、ポイントを押さえて観たい!という場合は、
ツアーに参加した方が効率良いかもしれません。
わたしも初めて行った時はツアーで案内してもらいました。



次回は、裏側から入ってみようかな。
多分、あそこからも入れる筈。





---------------------------------------------

BENUGO
大英博物館1F
Sat–Thurs: 9am-5:30pm
Friday: 9am-8pm
020 7323 8977
britishmuseum@benugo.com

歩き疲れたのと、そろそろアプリでBAチェックイン手続きをしなければいけないので、
どこか座れるところを、と来たのが、ここ。

とても広くて、ぱっと見て席がちらほら空いていたので、
ここでお茶をすることにしました。



土曜日15時少し前、7割程度の混み具合でした。
時間帯のせいかもしれませんが、ずっといる、というより、
ちょっと休憩、の人が多いような気がしました。

なんでもサイズが大きいのが嬉しいです。

そして、この後チェックインでとんでもないエラーがでて、びっくりすることになるのでした。
それは、後日レポートします。


ラテ2.85、珈琲2.75の合計 £5.60


---------------------------------------------


右側がルイス・キャロルに関する本 £7.95

1FのSHOPものぞいてみました。
ただ見るだけで買うつもりはなかったのですが、
ルイス・キャロルについての本を見つけて購入(喜)!


写真右側の一番上の石鹸が £4.99

良い香りの石鹸も見つけたので、購入。


下から2段目の石鹸が2個で£7.98

このSHOPでもPrestatのチョコが売っていました。
大英博物館とのコラボ商品だったかは、不明(そこまでじっくり見なかった)。



石鹸2 7.98、石鹸 4.99、本 7.95
の合計 £20.92




ブログの更新がメールで届きます
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



***************************************************
クラッカーアロマを無料で学びたい方は
メニューバー「about aromatherapy」の「ミニアロマレッスン(#1~#12)」を

クラッカーお金を払ってもいいから、直接プロから教わりたい方は下記レッスン一覧を
***************************************************
This article was written by http://www.fukumasu.net
下記すべてのレッスンの詳細はこちら
ドキドキfacebookにて、アロマに関する話を掲載中~!ドキドキ


11月はすべてのレッスンをお休みいたします


~~~ 資格系:場所は銀座(歌舞伎座近く) ~~~
次回募集(来年)までお待ちください
今までのレッスンのレポートや、講座説明などはこちら(アレンジレッスンの説明もあり)


~~ <アロマでホメオ(精油リーディング)>:場所は銀座(歌舞伎座近く) ~~~
「アロマでホメオ」、バースカラー、バースEOについてはこちら
個別セッション特別価格は終了いたしました
次回一般セッションを12月開催予定!


~~ 実技系<ハンド>:場所は銀座(歌舞伎座近く) ~~~
次回募集までお待ちください


~~ 手作り系:場所は銀座(歌舞伎座近く) ~~~
次回募集までお待ちください



***************************************************
クラッカー【メールでアロマ】
こちらの「アロマに関する質問や相談をしたい」をご覧ください
●精油を買う前に
●こんな時はどうするの?
●目的に合ったブレンドレシピは?
●資格について知りたい、等々
バースエッセンシャルオイル(その人の精油)を知りたい方も、こちらをご利用ください
***************************************************

これからのんびりと2017年GWに行ったロンドン旅行の記事をあげていきます。
少しでも参考になれば、嬉しいです♪
その他の記事をご覧になりたい方は、目次をどうぞ→★

-------------------------------------------

写真左がThe Courtauld Galleryの入り口
The Courtauld Gallery
Somerset House
Strand
London WC2R 0RN
+44 (0) 20 7848 2777
Daily 10am – 6pm (last admission 5.30pm)
Closed 25 and 26 December. Closing at 4pm on 24 December
      (last admission at 3.30pm).

チケットは事前にオンラインで予約してもOK、
当日会場にて支払うのでもOKで、入場料£7です。
SHOPは入館料必要なく入れますが、カフェは美術館建物内なので入館料が必要です。

Somerset Houseのサイト→★


バスでSouthampton Row(Stop B)からAldwych Somerset House(Stop S)まで。
降りてすぐ目の前がSomerset Houseです。
帰りはAldwych Kingsway(Stop F)からSouthampton Row Theocalds Road(Stop Y)まで。
※この帰りのバス停はStop Sから少し歩きます(徒歩約12分)。
 向かいの道にあるのではないので要注意※
バス59,68,91,168,188を利用できます。


写真左は外から見たカフェのテラス席
The Courtauld Gallery Café
The Courtauld Galleryの地下1F
+44 (0)20 7848 2527
Open daily 10.00 – 17.30
(ランチオーダーは12時~)

他の人のブログで有料美術館内だから比較的空いている、
とあったのですが、すぐ満席になりました!土曜日だったから?
早めに行くことをオススメします。
お天気が良ければ外の席がよかった~。


アフタヌーンティーメニュー

ランチで行ったのでアフタヌーンティーはしませんでしたが、とても興味をそそられる!



ビールをオーダー前に間違えて「どれがビター?」と聞いてしまい、
苦めなビールをオーダーしてしまった(大汗)。
黒ビールか味が濃厚なのを飲みたかったのだよぉ。



野菜がみずみずしくて、料理はどれも美味!
デザートも美味しい!!
店内はかなりコンパクトです。


メニュー1


メニュー2


メニュー3



smoked trour 9.25、chiken salad 8.95、rhubarb tart 3.95、
shoreditch blonde4.5 x 2、lemon and coconut slice 2.95、
S spark water 1.75、珈琲2.95、紅茶3.25
の合計 £42.05



-------------------------------------------

続いてSHOPのレポを。

The Courtauld Gallery Shop
Somerset House内、The Courtauld Galleryの向かい側
+ 44 (0)20 7848 2579
Open daily 10am-6pm

カフェは入館料が必要ですが、SHOPは美術館に入らなくても利用可能です。
美術館の入り口の反対側にあります。
ここでうーんと昔リバティで見つけたリリー石鹸を見つけらるとは(驚&喜)!
※厳密に言うとリバティーのリリー石鹸のパッケージは、もう少し高級感がありました。
 でも、香りは一緒!※


写真の上から2段目左側がリリー石鹸!
大きい石鹸で、とても良い香り。
この手にありがちな、すぐ小さくなることがないのも嬉しい石鹸。



LILY soap 13.9x2、GARDINIA 6.95、
COTTAGE GARDEN 6.95、LILYハンドクリーム5.95
の合計 £33.75




ブログの更新がメールで届きます
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



***************************************************
クラッカーアロマを無料で学びたい方は
メニューバー「about aromatherapy」の「ミニアロマレッスン(#1~#12)」を

クラッカーお金を払ってもいいから、直接プロから教わりたい方は下記レッスン一覧を
***************************************************
This article was written by http://www.fukumasu.net
下記すべてのレッスンの詳細はこちら
ドキドキfacebookにて、アロマに関する話を掲載中~!ドキドキ


11月はすべてのレッスンをお休みいたします


~~~ 資格系:場所は銀座(歌舞伎座近く) ~~~
次回募集(来年)までお待ちください
今までのレッスンのレポートや、講座説明などはこちら(アレンジレッスンの説明もあり)


~~ <アロマでホメオ(精油リーディング)>:場所は銀座(歌舞伎座近く) ~~~
「アロマでホメオ」、バースカラー、バースEOについてはこちら
個別セッション特別価格は終了いたしました
次回一般セッションを12月開催予定!


~~ 実技系<ハンド>:場所は銀座(歌舞伎座近く) ~~~
次回募集までお待ちください


~~ 手作り系:場所は銀座(歌舞伎座近く) ~~~
次回募集までお待ちください



***************************************************
クラッカー【メールでアロマ】
こちらの「アロマに関する質問や相談をしたい」をご覧ください
●精油を買う前に
●こんな時はどうするの?
●目的に合ったブレンドレシピは?
●資格について知りたい、等々
バースエッセンシャルオイル(その人の精油)を知りたい方も、こちらをご利用ください
***************************************************

これからのんびりと2017年GWに行ったロンドン旅行の記事をあげていきます。
少しでも参考になれば、嬉しいです♪
その他の記事をご覧になりたい方は、目次をどうぞ→★

-------------------------------------------

写真左がThe Courtauld Galleryの入り口
The Courtauld Gallery
Somerset House
Strand
London WC2R 0RN
+44 (0) 20 7848 2777
Daily 10am – 6pm (last admission 5.30pm)
Closed 25 and 26 December. Closing at 4pm on 24 December
      (last admission at 3.30pm).

チケットは事前にオンラインで予約してもOK、
当日会場にて支払うのでもOK!

Somerset Houseのサイト→★


バスでSouthampton Row(Stop B)からAldwych Somerset House(Stop S)まで。
降りてすぐ目の前がSomerset Houseです。
帰りはAldwych Kingsway(Stop F)からSouthampton Row Theocalds Road(Stop Y)まで。
※この帰りのバス停はStop Sから少し歩きます(徒歩約12分)。
 向かいの道にあるのではないので要注意※
バス59,68,91,168,188を利用できます。


Somerset House

美術館に入る前に中庭を。
もう、建物好きにはたまりませんなあ。



人があんまりいないので、観光地というのを忘れてしまいそうです。



ひとしきり中庭を楽しんだら、美術館の中へ。



有名な螺旋階段。ここは、写真を撮っている人が多かったです。



美術館内は、そこそこ人がいました。
でも、混んでいるわけではないので、ゆっくり作品を観ることができます。



広すぎないので、疲れて途中で観るのを諦めた・・・ということにもならないし、
ちょうどいい広さと混み具合の美術館だと思います。



絵画ももちろん素敵なのですが、天井が美しい!



銀食器を見ると思いだすジャン・バルジャン(レ・ミゼラブル)!



美術の教科書で見た絵や作者が、いっぱい!



ゴッホの耳を切った後の自画像、がここでの目玉!?というのでしょうか、
この絵が人気のようです。
美術の教科書に載ってたゴッホの似顔絵も観たことがありますが、
やっぱり比較的小さな絵でした。



ピカソまであった!



これだけ豪華で、ゆっくり観れるなんて、払う価値充分すぎると思います!


海外の美術館は、入館に何時間も並ばなくていいし、
ゆっくり観たい作品を観ることができるし、なんて素敵なんでしょう。
のんびりできるから、建物自体も堪能できます。

日本の美術館、特に都内の美術館も、
観たい人がちゃんと観れるようにしてくれないかなあ。



入場料7 x 2 の合計 £14



ブログの更新がメールで届きます
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



***************************************************
クラッカーアロマを無料で学びたい方は
メニューバー「about aromatherapy」の「ミニアロマレッスン(#1~#12)」を

クラッカーお金を払ってもいいから、直接プロから教わりたい方は下記レッスン一覧を
***************************************************
This article was written by http://www.fukumasu.net
下記すべてのレッスンの詳細はこちら
ドキドキfacebookにて、アロマに関する話を掲載中~!ドキドキ


11月はすべてのレッスンをお休みいたします


~~~ 資格系:場所は銀座(歌舞伎座近く) ~~~
次回募集(来年)までお待ちください
今までのレッスンのレポートや、講座説明などはこちら(アレンジレッスンの説明もあり)


~~ <アロマでホメオ(精油リーディング)>:場所は銀座(歌舞伎座近く) ~~~
「アロマでホメオ」、バースカラー、バースEOについてはこちら
個別セッション特別価格は終了いたしました
次回一般セッションを12月開催予定!


~~ 実技系<ハンド>:場所は銀座(歌舞伎座近く) ~~~
次回募集までお待ちください


~~ 手作り系:場所は銀座(歌舞伎座近く) ~~~
次回募集までお待ちください



***************************************************
クラッカー【メールでアロマ】
こちらの「アロマに関する質問や相談をしたい」をご覧ください
●精油を買う前に
●こんな時はどうするの?
●目的に合ったブレンドレシピは?
●資格について知りたい、等々
バースエッセンシャルオイル(その人の精油)を知りたい方も、こちらをご利用ください
***************************************************

↑このページのトップヘ